夜

チアシードの食べ方として何時に食べるのが効果的か?朝、昼、それとも夜?

チアシードは、様々な食べ方がありますよね。

そんな中、チアシードを食べる時間帯を考えたことはあるでしょうか?

チアシードを食べる際は、効果のある時間帯に合わせたいですよね。じつは、それぞれの食べ方は、時間帯によって、期待できる効果が違ったりするのです。

そこで今回は、チアシードの食べ方の時間帯についてご紹介します。いったいその時間はなのか、それともなのか?まとめてみました。

スポンサーリンク

チアシードの食べ方|朝の場合

 

起きる

 

チアシードの食べ方として朝効果が期待できるのは、

ダイエット効果 

便秘効果

チアシードには栄養素がたくさん含まれています。

そのため、チアシードはカロリーが少し多いです。

朝は1日のエネルギーを取り入れるためには、それなりの栄養素を体にいれておく必要があります。

私ダイエットしてるから朝の食べるのは無理~といっていても、朝摂取した栄養素は使い切ってしまうので、朝チアシードを食べた方が効果的に摂取できるのです。

逆に、朝に適度な栄養素を体に入れておかないと、太りやすい体にもなってしまうので、ダイエットをしたい方は朝食べたほうが効果が期待出来ます。

なぜ、太りやすい体になるのか?

 

ダイエット2

 

栄養素がきちんと取れていないと、身体は機能をしてくれません。

そのため栄養素が入ってくると、足りてない栄養を蓄えておきます。普通は、身体に栄養素が「吸収」されるのです。

あれ?と思いますよね。

栄養素が不足している体は正常な機能果たしてくれないため、栄養不足は太りやすい身体になる原因へとなってしまいます。

また、空腹すぎると身体は余計な栄養素まで脂肪にして蓄えてしまいます

怖いですよね。

つまり栄養素が足りているのであれば、この余分な栄養を蓄積せずにすむのです。

ダイエットをしたいからといって、必要な栄養素を取らない日が長く続くと蓄積量も増えるため、太りやすい身体へと形成されていきます。

それでもカロリーが気になる場合は、チアシードを少な目に入れておくのが良いでしょう。

上記以外にも、朝チアシードを食べることにより、腸を活発にさせ快便効果を促します。

チアシードで必要な栄養素を取り入れ、身体に溜まった老廃物や毒を出すことにより痩せやすい体へと形成されていきます。

食べ方としては、朝の食べ方はヨーグルトやスムージーがお勧めです。

チアシードの食べ方|夜の場合

 

寝る

 

チアシードの夜の食べ方として効果が期待できるのは、

美容効果

朝摂取したチアシードは、夜になる前に消費されてしまいます。

夜は1日栄養素が消費されてしまうことにより、美容の方まで回らない場合があるからです。

もちろん全てではありません。朝にもそれなりには美容効果は食べ続けていればあると思います。

しチアシードで美容効果を高めたい方は朝とは違い、エネルギーの消費が減る夜摂取するのがおすすめです。

夜、寝てる間に栄養素が体の内部に浸透し、美容効果の発揮が期待できるからです。(アンチエイジング効果のオメガ3とか)

ただしチアシードは栄養素が豊富なので、カロリーが高いです。

そんな意味では夜の食べ方は注意です。

夜摂取する場合ダイエットも合わせてしたい方は、食事の量をいつもより少な目にするのが良い食べ方です。

また夜にチアシードを食べてすぐ寝る場合は、あまり摂取しない方が良いです。

夜に寝るまでに時間に余裕を持った状態で食べ方をしてみてくださいね。

働いている方であれば、夜摂取する場合はお休みの日の方が良いです。

夜のチアシードの食べ方としては水と合わせるのがおすすめです。

チアシード以外の栄養素を含めないためです。

チアシードの食べ方の朝と夜のまとめ

 

チェック

 

チアシードの朝と夜の効果によって結構違いがでてくると思います。

補足として夜の食べ方でヨーグルトなどはよいと思うのですが、スムージーなどはおすすめしません。

やはり夜にヨーグルトとかスムージーを食べるとカロリーが多くなってしまいますから・・・ね。

スムージーはたくさんの野菜が豊富ですが、果物などが入っていると、果糖を結構摂取してしまうからです。

夜寝る体には、あまり甘味はよくないので、できるならば朝摂取した方がよいです。

チアシードは、朝と夜ならば、やはり朝がおすすめ。

1日に必要なエネルギーは朝で決まります。朝きちんととってないため、昼食べ過ぎたりしてしまいます。

有名人も実践ダイエット関連記事

ダーククレンズダイエットとは?

コンブチャクレンズダイエットとは?

スポンサーリンク
おすすめの記事