赤ちゃん ルイボスティー

ルイボスティーを赤ちゃんや幼児に飲ませたいなと思っても、そもそもルイボスティーは赤ちゃんや幼児に飲ませても大丈夫か悩みますよね。

 

ルイボスティーは赤ちゃんや幼児でも飲んでも大丈夫!ですが、赤ちゃんや幼児に飲ませる場合は大人が飲むルイボスティーの飲み方を少し工夫する必要があります。

 

また赤ちゃんや幼児がいつからの年齢からあげればよいかなど気になりなりますよね。

 

ここでは赤ちゃんや幼児にルイボスティーをいつから与えてもよいのか、飲ませ方の注意事項などをご紹介します。

 

2歳以上はこちら

ルイボスティーは子供でも飲めるのか?注意事項など

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ルイボスティーは幼児にはいつから飲ませても良い?

 

赤ちゃんや幼児にルイボスティーを飲ませる場合はいつ頃なのか。

 

目安としては赤ちゃん・幼児が白湯をデビューして、麦茶を飲のませて離乳食が始まる5~6か月後ぐらいから徐々にルイボスティーを飲ませるのが無難です。

 

生まれたばかりは母乳やミルクなどで間に合うので必要なく、1ヶ月からの麦茶などもありますが、1ヶ月からルイボスティーは与える必要はありません。

 

※ちなみに1ヶ月の麦茶も特には必要ないと思います。

 

そもそもルイボスティーはノンカフェインの『お茶』ですので、臓器が未発達の赤ちゃんや幼児に飲ませるのは早すぎて飲ませてもよくありませんし、母乳やミルクで栄養は十分なので取る必要もなかったりします。

 

またノンカフェインのお茶でも多少のお茶の成分であるタンニンは入っているので、ある程度成長してからの方がおすすすめです。

 

大体の赤ちゃんや幼児は離乳食から始まる5ヶ月頃から離乳食が始まり麦茶などを飲ませると思うので、半年たった6か月ぐらいを目安にルイボスティーを与えてみるのも良いかもしれません。

 

離乳食に関しては個人差があるので、早い赤ちゃん・幼児や遅い赤ちゃん・幼児もいますが『目安は離乳食と一緒ぐらい』と考えてみて、お水の代わりに飲ませたり水分補給として飲ませてみると良いですね。

 

心配なら赤ちゃんの臓器がそこそこ発達してきている7カ月~8か月あたりに水分補給として与え、様子を見ながら与えてみると良いでしょう。

 

ただ赤ちゃんや幼児にルイボスティーを与える場合は、入れ方や飲ませ方には多少変える必要があります。

 

幼児にルイボスティーを与える場合の入れ方や飲ませ方

 

ルイボスティーを赤ちゃんや幼児に与える場合、大人が飲む濃さでは飲ませることはできません。

 

赤ちゃんや幼児期でも1~2歳あたりまでは、大人が飲む濃さの半分ぐらいの薄さ【目安2倍の薄さ】にして飲ませるのが無難です。

 

大人の場合は濃い方が栄養素が豊富で良いのですが、赤ちゃんの場合は濃すぎて栄養素を取りすぎてしまう場合があるからです。

 

赤ちゃんの反応が微妙であれば少しだけ濃くはしても大丈夫ですが、くれぐれも大人と同じものは与えないようにしましょう!

 

2歳以降になったら、徐々に様子を見て濃くしてみましょう。

 

またルイボスティーはミネラル分が入っているのでお腹が冷えてしまうと下痢になる可能性もあるので、できれば常温温かめのルイボスティーを与えてみてくださいね。

 

ルイボスティーは味の好みなどもあるので、赤ちゃんがルイボスティーを拒んだ場合は無理に与えず、お母さんが飲んじゃってください。

 

幼児のルイボスティーの量はどのくらいが良い?

 

赤ちゃんや幼児が飲むルイボスティーの量の目安としては、白湯やベビー用の麦茶を飲ませる量と同じくらいの量それよりも少な目です。

 

次に赤ちゃんがルイボスティーを飲む際の注意事項をご紹介します。

 

ルイボスティーを赤ちゃんが飲む場合の気を付けること

 

赤ちゃんがルイボスティーを飲む際、飲ませる時に気を付けることがありますのご紹介しますね。

 

飲み過ぎに気を付ける

 

赤ちゃんや幼児にルイボスティーを与える際は、飲ませ過ぎないように気を付けてください。

 

飲む量の目安としては、麦茶を飲ませる量と同じくらいの量やそれよりも少な目です。

 

ルイボスティーはミネラルが豊富に含まれているので、汗を流す夏場などは特に最適なのですが、冬場など水分がそこまでいらない時期や暑い時期でも飲ませ過ぎてしまと『便が緩め』になってしまう場合もあります。

 

ルイボスティーはミネラル分が整腸作用があるので促しているので、便秘気味の赤ちゃんには良いとされていますが(ただし飲みすぎには気を付けてください)。

 

ただ腸内がそこまで強くない赤ちゃんが飲みすぎてしまうと『下痢』になってしまう赤ちゃんもいるかもしれません。

 

飲ませすぎなければルイボスティーを飲ませても下痢にはならないので、最初は少量から与えて様子をみて、適度な量を与えるようにしましょう。

 

もし赤ちゃんがルイボスティーを飲んで下痢になってしまったら、即座にやめましょう。

 

ルイボスティーを赤ちゃん・幼児期に飲ませるメリット

 

赤ちゃんや幼児にルイボスティーを飲ませるメリットとしては、ノンカフェインで水分補給ができたり、ミネラルやSOD様酵素が取れることです。

 

ミネラルは身体を構成するのに必要な栄養素ですし、特に注目するのが『SOD様酵素(スーパー・オキシド・デディムターゼ)』という酵素が含まれていることです。

 

名前とか全然覚えなくても良いんのですが、このSOD様酵素は何が良いかというと、活性酸素を除去する働きがあります。

 

活性酸素とは名前の通り体の中にある酸素のことですが、この活性酸素は身体の外敵を撃退してくれる強い味方でもあるのですが、過剰に出すぎてしまうと自分の細胞までも傷つけてしまいます。

 

例えば女性であれば『シミやシワ』などがありますが、あれも活性酸素が皮膚の細胞を攻撃してできてしまう一例でもあります。

 

これはお肌だけでなく体に起きることもそうで、免疫力が低下するので抵抗力も落ちて風邪などを引きやすくもなってしまいます。

 

例えば夏場に海にいった帰り、異様に疲れたり熱がでるのは、水の中に入って疲れたというのもあるのですが、紫外線を浴びすぎて活性酸素が大量に出て、免疫力が落ちている状態になっているからです。

 

体の不調の約85%は活性酸素が原因とされています。

 

この活性酸素が過剰に増えてしまう原因としては、紫外線、大気汚染、排気ガス、ストレス、睡眠不足など様々な原因でおきてしまい身近なところで大量に発生している可能性もあります。

 

少しでも活性酸素を排出する必要があり、そのお助けになるのがルイボスティーに含まれる抗酸化物質のSOD様酵素です。

 

では赤ちゃんには何が良いかというと、免疫力低下を予防したり、ほこりや大気汚染、排気ガス、紫外線での皮膚のかぶれやアトピー、アレルギー、湿疹などの予防など皮膚の予防になります。

 

特に赤ちゃんではできやすいオムツなどのかぶれや湿疹にも良いとされています。

 

皮膚病とされるアトピーも活性酸素が大量発生している原因なので、のちのちの赤ちゃんでなくても少し大きくなった子供の時にも飲ませるのがおすすめだったりします。

 

次に赤ちゃんや幼児に飲ませるルイボスティーの選び方についてご紹介します。

 

幼児に飲ませるルイボスティーの選び方

 

赤ちゃんにルイボスティーを与えるならできるだけ安心・安全なルイボスティーを与えたいですよね。

 

赤ちゃんが飲むルイボスティーは品質と味の選び方に気を付けてください。

 

品質の選び方

 

品質の判断がわかるのは『有機JASマーク』など何かしらのオーガニック認証マークがついていることです。

 

JASマークなどオーガニック認証がついていれば、まだ農薬やお茶のティーパックなどの国の基準がOKを出している商品になるので、比較的安心して飲むことができます。

 

もう一つが特に大切な『飲みやすさ』の基準となる味の選び方です。

 

各商品でルイボスティーの味は若干違い、ルイボスティー味がまずければ赤ちゃんも飲んでくれないですし、お母さんも消費するのも大変なので味の選び方についてみていきましょう。

 

味の選び方

 

ルイボスティーの味の選び方の基準になるのが『ルイボスティーの茶葉』のグレードの高さです。

 

普通の緑茶のように最高級茶葉のように、グレードが高いほどルイボスの茶葉はすっきりとした飲みやすさとなります。

 

スーパーグレードなどといわれたりもしていて、高級茶葉を使っている商品は、公式サイトなどにはどこかに明記されています。

 

普通の特に何もないルイボス茶葉は高級茶葉と比べると、味にクセがあったり、入れても味気ない感じのルイボスティーが多いです。

 

特に安いルイボス茶葉は『クセ』があるのが特徴で苦手な方も多いのですが、高級茶葉になると味がすっきりして飲みやすさは格段にあがるのが特徴です。また濃さも違ってくるので栄養価もあがります。

 

赤ちゃんが飲む際は栄養価は薄い方がいいのですが、やはり飲みやすさなど『味』が微妙だと飲みたいと思わない可能性もあり、やはり赤ちゃんに美味しいルイボス茶葉を与えたいならば高級茶葉がおすすめです。

 

この辺は

 

ただしデメリットとしては、高級茶葉は普通のルイボスティーと比べると若干お値段が高いのとスーパーでは売っておらず、ルイボスティー専門店以外だと通販でしか手に入らないことです。

 

通販だとわりとコスパもよいものもあるので、高級茶葉はJASマークなどが入っているので安全なルイボスティーを赤ちゃんに与えたい、お母さんも美味しいものを飲みたいなら上記の2つが選ぶ基準となります。

 

この辺はお財布事情もあると思うので、お財布とご相談してみて探してみてはいかがでしょうか。

 

次にどんなルイボスティーがあるのかをご紹介します。

 

幼児や幼児でも飲める体に優しいルイボスティー

 

通販限定で売られている↑の条件に当てはまるルイボスティーの中で、雑誌などでも取り上げられているルイボスティーがあり、それがエルバランシアという会社から発売されているルイボスティーです。

 

エルバランシアのルイボスティーはJASマークが入ったオーガニックスーパーグレードの茶葉を使っているルイボスティーで、あっさりとしてすっきりとした味わいで飲みやすいタイプになっています。

 

エルバランシアのルイボスティーはティーパックタイプでなく、煮だしタイプなのが特徴で、通常のルイボスティーよりもミネラルなどの栄養素が濃く出て飲むことができます。美容茶として飲んでいる人も多いほど。

 

赤ちゃんの場合は薄めて飲ませるのですが、すっきりとした味わいなので飲みやすいですし、お母さんには濃厚なルイボスティーが飲めるので美容や健康などには嬉しかったりします。

 

育児で少しお顔がお疲れ気味でなかなかミネラルやケアができなくても、いつも飲んでいるお茶からエルバランシアのルイボスティーにシフトすることで、簡単な美容茶にもなることができます。

 

煮出しタイプなので1回作っておけば1日で何回も飲めるので、育児の合間にティーパックでお湯をそそいで薄める必要もないですし、作り置きしたルイボスを薄めて少し温めて赤ちゃんに与えればOKです。

 

エルバランシアのルイボスティーは公式サイトのみで購入できて、1日の飲む量がわりとコスパがお得だったり、食品では珍しい返金保証もついてるので損することなく飲むことができます。

 

選ぶのに悩んだり、安全性の高い飲みやすいルイボスティーを飲みたいならおすすめです。

 

≫エルバランシアのルイボスティー公式サイトはこちら

 

≫エルバランシアのルイボスティーを飲んでみた感想

 

まとめ

 

赤ちゃんや幼児にルイボスティーを飲ませる場合は、いつからなのかと薄めるなど色々気を付けて飲ませるようにしてみましょう。

 

ミネラルが豊富に含まれているので、特に夏場の汗をかきやすい時期の水分補給やお風呂上りなどには最適な飲み物です。

 

赤ちゃんや幼児がルイボスティーを飲むことで、おむつや紫外線や乾燥などの体の湿疹やかぶれなどの予防にもなります。

 

カフェインも入っていないので身体にも優しく、毎日育児や家事を頑張っているお母さんにはルイボスティーは、なかなかケアしにくい美容や健康の強い味方になってくれるお茶になってくれるはずですよ。

 

美容や健康のためにも幼児期の赤ちゃんと一緒にルイボスティーを飲まれてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク