2018年6月26日に放送された「たけしの家庭の医学」では、運動やダイエットもせずに内臓脂肪を減らすことができるBATについて放送をしていました。

 

年齢を重ねるごとに気になる内臓脂肪。

 

内臓脂肪がたまると心筋梗塞といった11種類の病気などを招いてしまうなど、健康をも脅かすものなので何とか減らしたいもの。

 

ですが内臓脂肪を減らそうと食事制限、ダイエットを運動をしても続かないことが多く諦めがちですよね。

 

運動やダイエットをしなくても年齢を重ねても内臓脂肪が減るのであれば、これほど楽なものはないですよね。

 

そんな時に活躍するのがBATです。

 

BATが多くあれば、運動やダイエットをしなくても内臓脂肪を減らすことができてしまうんです。

 

ですがこの内臓脂肪を減らすBATは、40歳ぐらいでなくなってしまうといわれています。

 

しかしあることをすると、なくなったBATを一気に増やすことができるのだそうです!

 

ここではたけしの家庭の医学で放送された内臓脂肪を減らすBATの実態や、BATを増やすための方法についてまとめてみました。

 

この方法を行って、BATを増やし内臓脂肪を減らして健康診断の結果を楽しみにしてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

内臓脂肪を減らすBATとは何?

 

そもそも、ダイエットや運動もせずに内臓脂肪を減らすとされるBATとは一体何なのか?

 

BATとは体の中にある細胞のことです。

 

BATの特徴は脂肪を燃やして体温をあげる働きがあります。

 

BATがある場所は背骨のわきや肩のまわり、鎖骨あたりなどに多くあります。

 

体温をあげるために内臓脂肪をエネルギーとして使うため、BATが多いと内臓脂肪を勝手に燃焼するので内臓脂肪を減らしてくれます。

 

BATの燃焼力が凄い

内臓脂肪の消費量は筋肉の燃焼とBATの燃焼を比べると、凄まじい燃焼力を持っています。

 

筋肉の燃焼力が4に対して、BATの燃焼力はなんと300~400もあります。

 

普通に運動したりした筋肉の燃焼よりも、BATが身体に多くあると70~100倍もの燃焼力の差がでてくるということになるのです。

 

BATが増えるとどのくらいの体重を抑えることができるのか

 

BATが増えると、1年で1㎏体重を抑えることができるのだそうです。

 

「なんだ・・それだけしか体重を抑えることができないんだ」と思いますが、将来的にみると大きく違います。

 

・10年であれば10㎏

 

・20年であれば20㎏

 

抑えることができるので、何歳経っても変わらない体型の維持が可能となります。

 

内臓脂肪などが減り肥満解消すれば、それだけ病気へのリスクも少なくなるということになりますね。

 

「内臓脂肪を少しでも減らすためにBATを増やしたい」と思いますが、残念なことに40歳からなくなってきますし、減ったらもう戻らないとされているのだそうです。

 

たけしの家庭の医学では、BATは一度減ってしまっても一気に増やせる方法を紹介していました。

 

実際に40歳を過ぎても残っている人でもBATが残っている人もいて、体型も10年前などと変わっていません。

 

内臓脂肪を減らしてBATを増やすには一体どんな方法をすればよいのか?

 

BATを増やす方法

 

たけしの家庭の医学で紹介されていたBATを増やすには、2つの方法があります。

 

それが、

 

・身体の○○を刺激する

 

・食べ物で増やす

 

です。

 

まずは身体の○○を刺激するから見ていきましょう!

 

身体の○○を刺激する方法

 

BATを増やす一つ目の方法は「寒冷刺激」をすることです。

 

寒冷劇とは、長期にわたって寒さを感知してBATを増やす方法です。

 

寒い部屋にいても体温をあげることができるので、寒い部屋に30分ほどいて刺激するのが良いのだそうです。

 

イメージ的には寒い時期に動物たちが冬眠。

 

なぜ動物たちが長くて寒い冬をこせるのかというと、土の中や洞穴のなかでじっとして自分の内臓脂肪をエネルギーにしているからなのだそうです。

 

♀のクマなどは寒い冬眠時期には、妊娠をしているため赤ちゃん自体が内臓脂肪なので、それで体温があたたまるので冬も乗り越えられるのだそうです。と本でみたことがあります。

 

もしかしたら動物にもあるのかは知りませんが、これもBATが関連しているのかなと思ったりします。

 

それに似たような感じで、人間にも寒さを与えることでBATを増やすことができるのであれば、あえて自分に厳しくするのも必要ということですね。

 

例えば冬には服を厚着したりして、できるだけ暖房などを使わずBATを増やして自分のエネルギーで温めるのも、内臓脂肪を減らすためには必要なことなのかもしれません。

 

ただ「寒いのは無理」と思ったり、春や夏は無理だったりしますよね。

 

それならば2つ目のBATを増やす方法を実践してみましょう!

 

食べ物で増やす方法

 

2つ目の方法は食べ物で増やす方法です。

 

一体何を食べればよいのかというと、3つのトリップチャネルという温度や寒さを感知するセンサーのようなものでBATを増やしていく方法でです。

 

この3つのどれかの食べ物をそれぞれ組み合わせることで、BATを増やすことができるのだそうです。

 

●ポッカポカの食べ物

・黒コショウ

・トウガラシ

・しょうが

・青魚

 

辛み成分で温度を感知してBATを増やす食べ物です。

 

青魚にはEPAやDHAが入っているので良いのだとか。

 

●ツーンの食べ物

・わさび

・からし

・たまねぎ

・にんにく

 

違うセンサーを刺激してBATを増やしていきます。

 

●スーハ―の食べ物

・ミント

 

ミントにはメントールという成分が含まれていて、別のセンサ―を刺激。

 

ちなみにミントは、ミントティーなどのお茶よりも生のミントの方が効果的なのだです。

 

この3つのグループからなる食べ物を、それぞれ取り入れることでBATを増やします。

 

奥園流!BATを増やす料理

 

たけしの家庭の医学では、トリップチャネルの3つのセンサーを刺激する↑の食べ物をそれぞれ混ぜた常備菜の作り方を紹介していました。

 

作り方に関しては↓からご覧ください。

奥園流常備菜 サバ缶のたまねぎマリネの作り方

 

毎日食べ続けることで、BATを活性化させて増やすことが期待できるのだそうです。

 

まとめ

 

BATは内臓脂肪を燃料とする細胞で、運動やダイエットをしなくても勝手に内臓脂肪が減るまさに理想のもの。

 

ですが年齢を重ねるごとに減るので、BATを活性化させて増やす方法を実践してみてはいかがでしょうか。

 

寒さは難しいので、奥園流のレシピが便利ですよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク