顔 産毛処理

最近特に顔の産毛が濃くなってきているんだけれど、仕事で忙しいからまともにケアできないということありませんか。

 

若いころは全然気にならなかったけれど、20代後半になると顔の特に口周りの産毛が気になってきますよね。

 

会社の人や外部の人と食事をすると『あ、この人男性じゃないのにひげ(産毛)生えてる』とか思われると嫌で、ついつい下向きでご飯食べちゃうなんてこともあるかもしれません。

 

顔は意外と見られている部分なので、なかなか産毛が気になると顔があげ辛いですし、しかもやっかいなことに産毛はメイクでは隠しても隠せないですよね。

 

だけれど忙しいから顔の産毛を自分で綺麗にするのは無理と思っていても、やっぱり顔の産毛は少しでも薄くしたいし、メイクで隠さなくてもよくしいたいよね。

 

でもカミソリで剃ると『産毛が濃くなる』とか聞きませんか?

 

産毛が濃くなると聞いたら産毛処理したくないですが、産毛が気になるからしぶしぶ産毛処理するけれど、なんとなく毛が濃いような気もしたり、太かったりするなど実際に毛を処理すると濃いイメージもありますよね。

 

ただ少し違うのが、産毛は産毛の処理すると濃くなるわけでなかったりもします。

 

実際に顔の産毛が濃くなっているわけではないとすれば、どういうことなのか?

 

ここではそんな顔の産毛処理は濃くなるのか、正しく産毛処理をする方法、産毛処理クリームなどについてご紹介しますね。

 

黒いブツブツがケアできるクリームはこちらから

 

スポンサーリンク

産毛が濃いのは処理の原因は剃り方にあり

顔の産毛が濃くなるのは『剃り方』に原因があります。

 

一体どういうことかというと、顔の産毛を剃るときはたいがい『カミソリ』で処理でするかと思います。

 

これは顔だけのことではないのですが、産毛の『毛』は先端が細くて、皮膚の中に毛根部分にそって太くなっていますよね。

 

カミソリでの産毛処理は産毛を剃る場合、平面に剃るので切った毛の部分は平面となります。そのため毛が濃く見えるのは毛を平面で剃るからです。

 

イマイチピンとこない部分があると思いますが、私たちが毛を見る部分は、産毛の毛先が細い部分を見ていることになります。

 

ですがカミソリでは平面に切るので、カミソリの場合は平面に産毛を切るから細い先端部分ではなく、太い部分が残るってしまうわけです。

 

そのため太い部分が皮膚の断面に見えるというこで、太く見えるということになります。

 

毛の剃り残しでもあり、黒いブツブツが濃く見えるということです。

 

なので本当は毛が濃くないんだけれど、濃く見えちゃうということで、なおかつ顔のパーツにあるので余計に気になってしまうということがあります。

 

毛の平面に切るというイメージは、例えば『木を切るイメージ』を想像してみてください。

 

木は根の部分にそって下が太く、上の部分が細いですよね。

 

木を横に切ると、木は太い断面が残ります。丸太のような感じです。

 

つまり木のてっぺんの細い部分が毛だとして、カミソリが木を切る斧だと想像すると、斧で木をきったら丸い断面が見えて大きく見えると思います。

 

実際には木の断面部分が毛の太い部分と例えて、それが肌に残っているということは太く見えちゃうというわけです。

 

太いとなんだか濃くみえるような、目の錯覚のようなそんな感じです。

 

しかも毛の太い部分が『顔』の部分だから、余計に濃く見えちゃうというわけです。

 

そのため、顔の産毛を濃く見えないためには、顔の産毛の剃り方が大切になってくるということです。

 

ならば顔の産毛は毛抜きで抜けばいいのでは?と思いませんか?

 

顔の産毛を毛抜きで処理していいのか

 

顔の産毛は毛抜きで抜くと、毛根から取れるのでいいようなイメージがあるかもしれませんが、毛抜きで抜くと『毛を活発にさせてしまう』からおすすめはできません。

 

毛を活発にさせるということはどういうことかというと、『産毛の伸びが早くなる』ということです。

 

毛抜きだけでなくてカミソリでも『こないだ産毛を剃ったのにもう生えてきたの!?』ということがありませんか?

じつはあれはカミソリや毛抜き処理をした時の刺激で、毛の生える部分の毛根部分が活性化してしまうせいです。

 

毛根の活性化をしてしまうと毛か活動的になるので、産毛の伸びが早いのも納得できるかと思います。

 

さら伸びてきたものをまた切るので、濃く産毛が見えるというわけです。

 

しかもそれ以外にもカミソリや毛抜きの産毛処理の刺激は毛の活発をさせることでのデメリットがあります。

 

それが毛を硬くしたり毛穴から数本出たりすることです。

 

産毛トラブルになります。

 

産毛ではあまりないのですが、足の毛や腕の毛を剃っていると『毛穴から2本生えてきた』なんてこともありますよね。。

 

カミソリとかする時『なんだか以前よりも剃りにくいな』と思ったからてっきり毛が濃くなったと思うかも知れませんが、毛が硬くなっているからです。

 

毛が太いとそれだけ産毛が濃く見えるということになりますよね。

 

毛が硬いとなんだか濃く見えますよね。それと一緒です。

 

では、どうやって産毛を処理すればよいのか?

 

実際に顔の脱毛エステとかで脱毛してもらったり、脱毛器などが綺麗にできるのですが、ここでは正しい顔の産毛処理方法を紹介します。

 

正しい顔の産毛処理方法

産毛処理をするには毛抜きはやめて、電気シェーバーや顔用のL字型カミソリを使ってみよう。

 

本当はカミソリは顔のためを思うならば使わない方がよいのですが、それは難しいと思うのでドラックストアなどでL字型カミソリを買って使ってみてください。

 

T字はカーブがやりにくいので、L字を選んで使ってみると良いですよ。

 

正しい産毛処理方法はいつもより少し面倒くさいのですが、毛を濃く太くしたり増やさないための剃り方なので根気よくやってみましょうね。

 

では顔の産毛処理の方法をご紹介しますね。

 

①まずはメイクを落とす

 

②蒸しタオルを当てて毛穴を開いて毛を柔らかくする

 

ポイントは蒸しタオルです。できるだけ毛を柔らかくした方が、剃るときのひっかかりを減らして剃りやすくなるよ。

 

③シェービングクリームを塗る。ない場合は乳液などを塗って肌をケア

 

シェービングクリームを塗ると、カミソリの滑りが良くなるから処理しやすくなっておすすめ。ない場合は乳液などを塗って滑りをカミソリやシェーバーの良くします。

 

滑りが良いと肌の摩擦が減るから、お肌の刺激も減ります。

 

④産毛の方向に沿って処理する

 

毛と逆方向に沿ってしまうと処理しにくくなるから、毛と同じ方向に剃ってみましょう。

 

顔の産毛の方向はたいがいは上から下の方向に流れているから、カミソリを上から下に流れるようにケアしてみましょう。

 

⑤お顔を洗う

 

顔の産毛処理した毛を落として、きれいに洗って清潔にしましょう。

 

⑥保湿をする

 

産毛の処理をすると肌は水分不足で乾燥するので、最後にたっぷり保湿をして完成です。

 

この方法ですると、濃く太くならない産毛処理ができるよ。

 

産毛の量や伸び具合に関連していた

じつは顔の産毛の生え具合や量の多さはカミソリ処理の毛の活発さだけでなく、ホルモンバランスの乱れも毛の量は関係していたりします。

 

詳しく書けば、ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが優位になってしまうことで、顔の産毛が多くなってしまうこともあります。

 

一体どういうことなのか?

 

仕事や夜勤でストレスが溜まると疲れたり、免疫力が低下したりすると吹き出物ができやすい、どうでもよいことでイライラしたり、食べ過ぎてしまったり、逆にネガティブになったりしますよね。

 

この状態はホルモンのバランスが崩れてしまうことになってしまいます。

 

ホルモンバランスには交感神経と副交感神経があり、普段はバランスよくしています。

 

副交感神経は、お風呂に入っているとき、睡眠をしているとき、リラックスをしている時に活動する神経のことです。

 

そして顔の産毛などが関連しているのが『交感神経』の方です。

 

仕事で忙しかったり、毎日忙しくて焦ったり、イライラしたり、仕事で負けたくないと思い頑張ばりすぎているが日常には多々ありますが、これらのように活発になる交感神経が優位に立ってしまいます。

 

仕事に忙しいすぎると女性らしさを少し忘れてしまいがちになりますよね。

 

帰ってきても食事作るの面倒くさい、メイク落とすの面倒くさい、おしゃれとか身だしなみとかどうでもいいやってなったりしますよね。

 

もう、やる気なくなってしまいますよね。毎日お疲れ様です。

 

こういうときは男性ホルモンが体の中で優位になってしまい、女性ホルモンが減っている状態なので女性らしさがなくなるという感じに思いますよね。

 

もしかしたら、なんとなくイライラしすぎて我を忘れててなんてこと、思いつくことありませんか?

 

実はこのイライラや競争心とかの交感神経の高まりが『男性ホルモン』の分泌を多くしてしまう原因になっていまいます。

 

男性ホルモンが多いということはどうなるかというと、体が男性に近づこうとします。

 

女性でも男性に近づこうとするので、顔など皮膚の薄いところから産毛が増えてきます。

 

男性でも毛深い人は男性ホルモン多そうというイメージがありますが、まさにそれです。

 

あれは理にかなっていて男性ホルモンが多いから男性は毛深い、逆に毛が薄い草食系の男性は男性らしさが少ない感じがしますが実際には男性ホルモンが少ないからだったりします。

 

仕事をしていると、学生の頃やまだ新入社員の頃ははそこまで競争心とか仕事のストレスは少なかったけれど、年々後輩ができたり、重要な仕事とかまかせられるようになると責任具合が違ってきたりと生活環境が変わることで忙しくなり交感神経が活発になり、男性ホルモンが増えやすくなります。

 

女性はたくましくなってくるのも、男性ホルモンが影響している場合もあり、歳をとると産毛が気になるってのはホルモンバランスによる『男性ホルモン』が多いのが原因だったわけです。

 

だけれど自分ではストレス管理をするのはなかなか難しいと思いますし、ストレスがたまると顔にニキビや吹き出物ができやすいので産毛ケアがしにくくなりますよね。

 

仕事が忙しくてストレスがたまると、口周りとかに吹き出物が多くできて、そういったときや肌が弱いからカミソリ負けして余計に悪化してしまうなんてことがあるかもしれないですし、なかなか顔の産毛ケアができなくなってしまいます。

 

そんな顔にニキビができていたり、カミソリ負けしたり、ストレスで毛が濃くなってしまう場合は顔の産毛ケアクリームを使うのが便利です。

 

産毛ケアクリームなどを使うことで、ストレスによる男性ホルモンが過剰になっても女性ホルモンに似た成分が入っていれば濃い・太くならない産毛予防にもつながります。

 

朝起きて鏡を見たとき「ムダ毛が結構生えてる・・・

 

ムダ毛のせいでメイクノリ悪い

 

こないだもムダ毛処理したのになんでこんなにまた生えてくるの!?

 

ということも、

 

毎日専用クリームをケアしていれば、

 

なんだか毎日化粧ノリよくなった

 

最近ムダ毛処理していない

 

ムダ毛やヒゲが気にならないから、人から見られても安心

 

に変わります。

 

ではそんな産毛をケアできる専用のクリームには、どんな産毛ケアクリームがあるのか?

 

顔の産毛をケアできるクリーム

 

産毛ケアができる産毛専用クリームに『ノイス』という商品があります。

 

ノイス

ノイス公式サイト

 

産毛専用クリームノイスは、女性ファッション雑誌のMOREなどでも紹介されたり、パリコレモデルも使っている顔の産毛ケアができる女性用のひげ(産毛)スキンケアクリームです。

 

このノイスというクリームは、産毛が映えている部分に塗るだけで簡単に毛を薄くするなどの抑毛などの産毛ケアができる優れものだったりします。

 

一体どんなものが成分としてあるのかというと、脱毛サロンでも注目されている『フェリニーブ』という植物由来の毛処理の成分が入っていて、濃くて隠し切れない産毛にも塗るだけで処理したようなケアできます。

 

ノイスでケアするメリットとして、タンパク質分解酵素が古い角質や老廃物をケアすることです。

 

仕事やストレスで男性ホルモンが優位になっても、女性ホルモンの働きがある大豆エキスなどのイソフラボンやエクオール、ザクロエキスなどででケアできるので、忙しい毎日でも産毛処理を気にせず濃くて太い産毛の予防ケアにもなります。

 

女性の産毛の悩みでもケアが難しい男性ホルモンが優位になってしまったり、ニキビや吹き出物ができているときでも成分をムダ毛が生えてくるお肌に塗っていればムダ毛の不安がなくなります。

 

ちなみにビタミンC誘導体などのお肌を整えてケアする成分も入っているので、カミソリを使った後のケアや、使い続けることでストレスに負けない産毛ケアをするなどWケアもできます。

 

ノイスはモンドセレクション2018で金賞を受賞したり、女性雑誌GLITTERの2018スキンケアクリームで注目度No.1の今産毛ケアで最も売れている商品です。

 

ノイスを使った人のリピ率も90%以上で口コミでは『使い続けたことで産毛処理が忘れるほど』、『メイクノリが良くなった』、『仕事が忙しくても産毛処理しなくなった』など、産毛の実感具合を感じる方が多いです。

 

ノイスクリームの値段は脱毛サロンなどや女性ホルモンに似た成分が入っているなどから少し高いのですが、公式サイトでとお値段が少し安く買えます。

 

ノイスを使い始めて顔の産毛処理を止めたという人が1ヶ月で47%もいるほどで、産毛ケアへの実感具合を感じている方も多いのです

 

毎日専用のクリームを塗っていることで、男性ホルモンが優位になっても予防できているので人と会っても安心ですし、ムダ毛が気にならなければ口周りのメイクがとても映えるのできれいに見えるようになりますよ。

 

口周りは自分で大丈夫だと思っていても意外と気になる部分なので、ノイスなどの専用クリームを使ってムダ毛処理をしなくても良くなるようなケアをしてみてはいかがでしょうか?

 

≫産毛ケアクリーム【ノイス】を詳しくみてみる

 

顔の産毛処理をするとどうなるのか?こんなメリット

 

顔の産毛処理をすることでこんなメリットがあります。

 

例えば、

 

・化粧水の浸透がよくなる

・化粧ノリが良くなる

・顔が明るくなる

・前を向いて話せるようになる

 

顔の産毛が濃いとついつい人の顔や目を見て話しにくくなりますが、産毛が気にならなくなれば前を向いて話せるようになるので人に合うのも会話も楽しくなりますよね。

 

口の周りは良く見られているので、ケアはしっかりし方が絶対に印象も違います。

 

しかも毛穴を塞いでいた産毛がなくなれば、化粧水の浸透も良くなるのでお肌もツルスベになり、毛でつっかえていたメイクも化粧ノリもよくなって顔が明るくなるといったメリットがあります。

 

産毛が気にならなくなればメイクノリもアップしたり、女性らしらもアップしたり、忙しくても毎日元気はつらつな気分になれたりしますよね。

 

もう疲れた時の産毛を見る必要もなくなります。

 

こうなれば産毛は今すぐ正しい方法でケアするしかないですよね。

 

顔の産毛ケアは丁寧にやろう!

 

顔の産毛処理ケアは肌の刺激にならないように、丁寧に行う必要がとても大切です。

 

ニキビや吹き出物などができている場合や仕事でストレスが多くて男性ホルモンが多く出やすい場合は、肌を傷つけず女性ホルモンの成分が入っているクリームでのケアをすれば、口周りが濃くて太い感じの産毛を気にすることがなくなります。

 

産毛のせいでで化粧ノリや毎日暗い気分で仕事をしたり生活をするのは悪いなんてもったいないので、今すぐにでもケアして綺麗なツルスベのお口周りを目指してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク