2018年5月15日に放送された『たけしの家庭の医学』では、心臓の老化防止の心臓を長持ちさせるためのケトン体について放送されていました。

 

心臓を無駄に消費しないにはケトン体が多く分泌されるのがよく、ケトン体が多い人と少ない人では心臓の心拍数も2万回の差もあるほどと、たけしの家庭の医学では紹介していました。

 

そんなケトン体を増やすには『断食』が良いとされていました。

 

ここでは、たけしの家庭の医学で紹介されたケトン体を増やす断食方法についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

たけしの家庭の医学で紹介された断食方法

 

断食修行の方法

 

たけしの家庭の医学では、断食をするのにたけしの家庭の医学のスタッフさんが実際にお寺での断食修行をしていた方法がありました。

 

それは、3食ジュースだけ飲む断食方法です。

 

 

断食ジュースは、生のにんじんとりんごを使った絞り野菜ジュースです。

 

これをコップ1杯、朝、昼、夜のみ飲んで2日間断食するという方法。

 

断食修行方法でケトン体はどのくらい増えた?

 

これでケトン体がどう増えたかかというと、もともとたけしの家庭の医学のスタッフの断食前のケトン体の量が51mol/ℓに対して、4,665mol/ℓと2日間の断食で90倍以上ものケトンの量が増えています。

 

手軽にケトン体を増やす断食方法

 

ただし、たけしの家庭の医学のスタッフが行った2日間の野菜ジュースだけの断食では辛い方も多いですよね。

 

そんな時は食べる時間を開ける『夜間の断食』というものがあります。

 

夕飯後から朝まで何も食べない期間が『断食期間』となるので、無理せず断食をすることができるというわけです。

 

例えばたけしの家庭の医学では、

 

朝7時:食事

 

昼12時:食事

 

夜7時:食事

 

夜12時:就寝

 

次の日

 

朝7時:食事

 

というように、夕食の7時から~朝の7時までの約12時間ほどは断食状態になっています。

 

 

これを夜の断食期間で、ケトン体を効率よく増やすことができます。

 

そのため、手軽に断食するのは前日の夕飯から次の日の朝までなにも食べないのが断食となります。

 

そうすることで心臓の心拍数も過剰に動かさずにすむので、心臓老化の防止にも繋がります。

 

効率的な方法で断食してどうなったか

 

たけしの家庭の医学では、ケトン体が少ない人が効率よく断食をする方法をしていました。

 

朝6時:食事

昼13時:食事

夜8時食事

夜10時:お菓子

夜12時:就寝

 

で夜10時におやつを食べてしまっているので、前のお菓子を食べた時間から朝食までの夜間断食は7~8時間ほどなので、この量だと夜間断食にはならないそうです。

 

実験では夕飯の食事を7時にずらし、夜のお菓子はなし。

 

それを続けた結果、ケトン体19だったのが445の量になりかなりの量が分泌されて増えてきました。

 

夜間断食をすれば、だれでもケトン体を効率よく増やすことができます。

 

ただ一過性のものでなく、ケトン体を増やすのであれば継続が大切です。

 

ケトン体はエネルギーになりダイエットにもなる

 

そもそも断食で増やすケトン体とは、肝臓から生成されるものです。

 

本来体のエネルギーは糖分がエネルギーとなり使われます。

 

しかし糖分が少ないと体のエネルギー不足になるかというとそうではなく、糖分が少なるとそれに変わるエネルギーを作り出します。

 

糖が少ない状態だと肝臓からケトン体が生成され、エネルギーとして分泌されます。

 

そのため、空腹の場合はケトン体がエネルギーになるので糖質を多くとならくても大丈夫ということになります。

 

逆に糖分の量が多いとケトン体は作れられないので、食事を多くとったり、お菓子を食べたり、食べ過ぎなどはケトン体は分泌されないので、エネルギーとならない過剰な糖や脂肪などがたまりやすくなってしまいます。

 

エネルギーの代わりになるということなので、ケトン体が分泌しやすくなればダイエットにもつながるというわけです。

 

またケトン体が分泌する断食は、肝臓などの毎日使っている臓器の休みにもなるので、食べ過ぎや便秘しがちな方にも断食は向いています。

 

心臓の老化防止やダイエットなどに繋がるので、ケトン体を増やす断食はおすすめです。

 

断食でのおすすめの飲み物

 

断食修行では『生の野菜ジュース』を飲んでいましたが、この方法で断食をする場合、毎日野菜ジュースを飲むのは辛いですよね。

 

毎日にんじん、りんごを用意して作るのも手間がめんどうくさい。

 

 

そもそもなぜ断食に野菜ジュースを飲むのかというと、生の野菜に含まれている酵素を増やすためだからです。

 

酵素には食べ物を分解する消化酵素、体の代謝を促す代謝酵素という2種類があり、酵素を体に増やしておくことで食べ物の分解やエネルギーを発する役割をしてくれます。

 

酵素は生や発酵食品にしか入っていないので、たけしの家庭の医学でも生の野菜ジュースを飲んでいたわけです。

 

ならば野菜ジュースを買って飲んでみようと思いませんでしたか?

 

ですが、加熱加工した野菜ジュースでは意味がありません。

 

そもそも酵素は『生【生野菜や生果物、生ジュースなど】』のものや『発酵食品』や穀物などにしか入っておらず、加熱して加工してしまっている市販の野菜ジュースにはほぼ酵素が入っていません。

 

これでは無意味な断食になりますが、そんな時に便利な断食専用の飲み物があるのはご存知でしょうか?

 

断食専用の飲み物には、野菜や果物を発酵させているので酵素がしっかりと入っているだけでなく、断食用に作られているので、効率よく断食ができる飲み物となります。

 

それが『酵素ドリンク』というものです。

 

酵素ドリンクを使うことで効率よく断食ができ、ケトン体も効率よく増やすことができます。

 

正しい選び方

 

ただし気を付けて欲しいのが、酵素ドリンクの選び方です。

 

酵素ドリンクはたくさんの種類があり、どれを選ぶのが大変だと思います。

 

もしケトン体を増やしたい場合は『無添加』のものを選んでみましょう。

 

大概の酵素ドリンクは甘味料が入っていて甘みが多いです。ただし、甘みがないと飲みにくいというデメリットもあります。

 

甘味料が入っていると、糖質をエサとするケトン体も増やすのも難しくなるもの。

 

そのため、野菜や砂糖や甘味料でない糖分での天然の甘さが入っている『無添加』の酵素ドリンクであれば、甘味料が入っていなくて、野菜や天然の甘みのみなので飲みやすい酵素ドリンクということになります。

 

どんなものがある

 

無添加の酵素ドリンクでおすすめなのが、昭和63年から創業している会社の『エリか健康道場』という断食の専門家が開発した完全無添加の『優光泉』という酵素ドリンクです。

 

 

酵素ドリンク『優光泉』の詳細を見てみる

 

優光泉は芸能人やスポーツ選手などの多くの芸能人が飲んでおり、60種類もの国産の野菜や果物が使われていて、麦芽糖の天然の甘みで飲みやすく天然発酵熟成されています。

 

優光泉は夜間断食もできますし、朝だけの断食などの方法でもできます。

 

夜の断食方法はこちら

 

 

たけしの家庭の医学で紹介された断食よりも、体に負担のない飲み方になります。

 

ちなみに朝だけの断食はこちら

 

 

といった飲み方があるので、無理なく断食を続けられることができます。

 

優光泉は放射線量や農薬検査もクリアしている100%国産の原材料と完全無添加なので、甘味料、香料、保存料なども一切使われていないのが特徴で、発酵期間が3ヶ月なので酵母菌も取ることもでき、体にも優しく飲みやすいのが特徴です。

 

 

優光泉は体調管理に気を付けなければいけないプロボクサーも減量のために使っているほどで、モンドセレクションでも受賞している酵素ドリンクです。

 

ダイエットで飲んでいる方も多く、健康維持や野菜不足の方にも簡単に原液を水で割ったり、炭酸水で割ったりなど飲み方も様々なので飽きが来ないのも飲みやすさの秘訣。

 

 

優光泉が効率よく断食をするのには、野菜ジュースよりも野菜や果物を発酵熟成しているので断食にはもってこいです。

 

酵素ドリンクなど色々ありますが、なかなか甘味料や添加物が入っていないという酵素ドリンクはほぼないので、天然の甘みで国産野菜や果物を使用しているのは、どんなに探しても優光泉ぐらいです。

 

ただし味が合わないなどの心配もありますが、優光泉の場合は30日以内であれば返金保証もついているので手軽に断食として飲めるドリンクです。(優光泉は市販では売っておらず通販限定で公式サイトだとお値段も少しお得です。)

 

効率よく断食したいのであれば、不純なものが入っていない無添加ドリンクがおすすめです。

 

返金保証がついていて確実に手に入るのは優光泉の公式サイトでの購入なので、詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

 

 

酵素ドリンク「優光泉」公式サイトはこちらから

 

 

断食して効率よくケトン体を増やして、健康な体を手に入れてみてください。

 

断食は慣れれば超効率の良い短時間ダイエットになるので、体が気になる方もおすすめですよ。

 

まとめ

 

たけしの家庭の医学で紹介さ入れてた心臓の老化予防に必要なケトン体を増やすのは『断食』で、断食には1日3日の野菜ジュースや夜間の断食があります。

 

生野菜ジュースを飲むことが体に必要な酵素を増やすのに効果があるので、普通の野菜ジュースでは酵素がほぼ減っているない状態なので意味がないので、野菜ジュースを飲むならば、生の野菜ジュースか毎日辛い場合は酵素ドリンクなどを使って飲んで断食するのが効率よく断食をすることができます。

 

ケトン体は断食しないと多くはでないので、断食の継続はとても大切です。

 

特に夜間断食はやりやすいので、ぜひ心臓の老化防止をしたいならば行ってみてはいかがでしょうか。

 

優光泉

 

おすすめの記事