歯の黄ばみの原因や取る方法・落とし方とは

人と話す時に白い歯が黄ばんでいると、見ている方は特に気になりますよね。

 

最近歯を磨いていると、黄ばみが気になってゴシゴシ磨いても一考に黄ばみが落ちないかと思います。

 

今すぐにでもピカピカのキレイは真っ白な歯を目指したいですよね。

 

ここでは歯の黄ばみの取り方や落とす方法、予防方法などについてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

歯の黄ばみの原因とは?

そもそも、なぜ歯が汚れたり黄ばみになってしまうのか?

 

それは、

 

  • 磨き残しによる歯垢・歯石の蓄積
  • 色の濃い食べ物・飲み物を好んでの黄ばみ
  • 歯の磨きすぎ
  • 加齢によるもの

 

などとされています。

 

コーヒーや紅茶、ワイン、カレー、チョコレートなどの色の濃い食べ物も、黄ばみの原因となります。

 

 

個人的に、歯の磨きすぎは研磨剤の強い歯磨き粉でゴシゴシ磨くことで、歯の表面にあるエナメルがはがれてしまうのだそうです。そして、内側にある「黄色い象牙質」とう部分があるらしく、それが透けてしまうそうです。

 

黄ばみがあると、どうしても歯磨き粉でゴシゴシと洗いたくなりませんか?いくら磨いても、歯の垢などきれいに取れませんよね。

 

普通ならば研磨剤はきれいに磨かれるものですが、デリケートなものに強く磨いてしまうと逆効果になってしまうんですね。

 

 

じつはこの行為が歯にとってはダメージになっていて、「歯を弱くさせていた」ということになるそうです。

 

そのため、歯が黄ばんだり、口臭の原因につながるというわけです。

 

歯の印象って大きい

歯の汚れや口臭って本当に嫌だと思いますが、まあ自分だけなら・・・と思いますが、人から見ると結構ダメージダウンになります。

 

歯の黄ばみや、ヤニなんかが見えると、「不潔・不衛生」なんて思われることが多いそうです。

 

実際に自分の歯を見ても、毎日歯磨きをしていても不潔っぽい・・・と思ってしまいます。

 

 

女性だと、いくらきれいにお肌を磨いたり、メイクを試行錯誤したり、おしゃれしても、結局歯が黄ばんでいたり、汚いと台無しになってしまいます。

 

テレビでも芸能人のキレイな歯を見ると、きれいんだな~と思ったりしますよね。

 

歯が抜けた小学生とか見ると、あ、歯がないなんて思うように、歯は人の印象を大きく変えてしまいます。

 

歯が白ければ、なんとなく健康そうで印象がいいですよね。

 

歯の黄ばみを予防する方法

 

濃い食べ物を控える

 

これ以上歯の黄ばみを濃くしないためにも、コーヒーや紅茶、ワイン、カレー、チョコレートといった嗜好品を食べるのをできるだけ控えるのが必要となります。

 

歯を磨く

 

磨き残しが黄ばみの原因となるので、できるだけ食事を食べ終わった後や、上記のようなコーヒーやチョコレートなどの嗜好品を食べ終わった後はすぐに歯を磨くことで歯の黄ばみを予防することができます。

 

ただ、これだけでは歯の黄ばみはなかなか落とすことはできません。

 

マウスウォッシュをする

 

歯磨きの後にモンダミンのようなマウスウォッシュをすると、歯に付着した汚れなどを取ることができるので黄ばみ予防にはつながります。

 

今は自分の汚れが『目で見える』ようなマウスウォッシュもあり、口臭ケアや自分の口の中の汚れを目で確認できるような商品もあります。

 

もし歯の黄ばみと同時に口臭ケアなども気になる方は使ってみると、歯の黄ばみ予防となる歯ブラシ不足やケアを同時にすることができます。

 

口の中の汚れが見れるマウスウォッシュはこちらから

 

 

歯の黄ばみを取る方法・落とす方法

 

歯医者で歯石を取ってもらう

 

歯の黄ばみは歯の歯石が原因でもあるので、まずは歯の歯石を歯医者に『歯石を取ってもらいたい』と伝え歯医者に行ってみましょう。

 

ただ歯石を取る場合、上の歯、下の歯、歯周ポケットなどを磨くので3回ほど行く必要は出てきます。

 

芸能人のような白い歯を目指したいならば、

 

歯医者などでホワイトニング

 

今すぐ芸能人のような白い歯を目指したい!というのであれば、ホワイトニングできる歯医者や審美歯医者などがあります。

 

普通の虫歯ケアや歯石を取る歯医者さんでは、ホワイトニングは行っていないので

 

ホワイトニングは「保険適用外」のクリニックが多く、保険がきかないうえ、何度も通う必要がありお金がかかったりします。

 

一度きれいにするには、何度も通って自宅などのケアも含めると最高でも相場で4~6万ぐらいかかってしまいます。

 

一度ホワイトニングをしても、また黄ばみや汚れはでてくるので、維持するためには何度も時間を割いて通院する必要があります。

 

お金も時間もかかってホワイトニングなんて、芸能人ぐらいだよ!

 

専門機関なので歯はきれいになれども、時間やお金が多くかかると思うと長続きできないもの。

 

そんな方に便利なのが、自宅で歯を白くするホワイトニング剤です。

 

自宅でホワイトニングってどういう風にやるの?

歯磨き粉に含まれる研磨剤でゴシゴシ磨いて歯を傷つけるのではなく、白い歯を目指すにはホワイトニング剤を使い、着色汚れを浮かせて分解して、汚れを包み込んで除去する方法になります。

 

ですが、ホワイトニングと言ってもただのホワイトニングではだめです。

 

研磨剤が入っているようなホワイトニング要素のある成分で磨いても、将来の歯のダメージや歯の黄ばみの原因になるので、できるだけ歯に優しい成分のホワイトニング剤を選ぶ必要があります。

 

市販のホワイトニングは特に研磨剤が多く入っているホワイトニングばかりです。紙やすりのように歯を磨いて削るようなホワイトニングでは、歯が弱くなってしまいます。

 

漂白剤などで白くするというものもあり、普通に出回っているのが現状です。

 

また口の中に入れるものなので、成分の質などにも気を付ける必要があります。

 

歯のホワイトニング材として必要なのは、

 

・黄ばみなどを除去する『ポリアスパラギン酸」

・歯の黄ばみに付着した汚れを落とす『ビタミンC+リンゴ酸』

・虫歯のリスクを抑える『GTO』

・研磨剤や漂白剤が入っていない

・添加物が少ない

 

できるだけ歯を削るホワイトニングでなく、歯の黄ばみの汚れをうかばさせてを落とせる、上記のようなケアができる成分があるホワイトニングを選ぶようにしてみましょう。

 

さて様々な自宅でも黄ばみを落とすホワイトニングがありますが、上記のような成分が入っているなホワイトニングはどんなものがあるのか?

 

自宅でできるホワイトニング剤の中に、上記の成分が入っている『薬用ちゅらトゥース』というホワイトニングがあります。

 

どんなホワイトニング剤?

 

チュラコスという会社から発売されている、厚生労働省が認めた「医学部外品」の沖縄生まれの54万人の満足度で1位を取っているホワイトニング剤です。

 

厚生労働省から、歯のホワイトニング効果に一定以上の効果が認められているともされていて、信頼がとても高い商品です。

 

薬用ちゅらトゥースの特徴

 

①歯を傷つけず汚れを浮かせて落とす

 

白さの決め手となる汚れを浮かせて、通常の歯磨きではできないはがして落としてアプローチする成分が含まれています。

 

PPA(ポリアスパラギン酸)というアミノ酸高分子がそうなのですが、この成分は、歯の汚れや口臭の原因となるタンパク質と反応することで凝固する作用があります。

 

②汚れを歯につきにくくする

 

どうしても歯の汚れはつきもの。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの場合、リンゴ酸+ビタミンCという成分が着色の汚れを落とすと同時に、汚れを歯につきにくくする作用をもっているので、キレイな歯を保つことができます。

 

③歯・歯肉のトータルケアができる

 

歯がきれいになっても、虫歯や歯肉炎のリスクもありますよね。口腔ケアって、なかなか歯磨き粉とかでできませんよね。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングでは、そんな口腔トラブルのケアもすることができます。

 

GTOというウーロン茶抽出とポップエキスからできた成分が、虫歯発生の元凶となる酵素を阻害する働きがある成分が配合されています。

 

また、歯茎の腫れ・歯肉炎を予防するとされる「アラトイン」、口の中の雑菌を減少させて口臭予防となる「シメン-5-オール」という成分も配合されているので、口腔ケアができてしまいます。

 

研磨剤や漂白剤が入っておらず、無添加が多い

 

研磨剤や漂白剤は入っていません。

 

それ以外にも、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベンなどお口の中に不要とされて、市販では入っている上記のような添加物が入っていません。

 

このように歯に不必要なものが多く、お口の中に優しい自然的なケアをするのでホワイトニング剤としては値段は多少高いのですが、毎日使うことで黄ばみが気にならなくなりお口の中がすっきりすることができます。

 

詳しくはこちらから

薬用ちゅらトゥースホワイトニングで歯の黄ばみケアをしてみる

 

実際に使ってみた口コミ体験談はこちらから

薬用ちゅらトゥースホワイトニング体験談

 

まとめ

 

歯の黄ばみとは、嗜好品や歯石などが原因で起きてしまいます。

 

まずはこれ以上の歯の黄ばみをしないためにも予防します。

 

黄ばみの落とし方は歯医者さんなどで行い、毎日の予防や黄ばみを自宅で落とすには家庭でのウォッシュイングが必要です。

 

普通の歯ブラシのウォッシングだけでは、予防できますが黄ばみがこびれ着いているの落とすことができません。

 

審美系のホワイトニングはお金が高いですが、自宅のホワイトニングは歯の黄ばみだけでなく、虫歯、口臭などの口腔ケアが毎日ケアができるのでとても便利です。

 

ですが、一般のホワイトニング剤は研磨剤や漂白剤、発泡剤などが入っています。多分どれか1つ以上は入っているはずで、このように見せかけホワイトニングだけでは歯の白さの即効性はあっても、健康な歯を残すことはできません。美しい歯も残せないことになってしまいます。

 

一般の研磨剤の入っているホワイトニングと違い、薬用ちゅらトゥースのような汚れを浮かばせてホワイトニングして、様々な成分でアプローチして歯のケアをする方が歯の黄ばみケアだけでなく、将来の歯のケアにもなります。

 

黄ばみが取れても、将来に歯がボロボロになってしまっては黄ばみも取れなくなってしまう前に、しっかりとした自宅でのホワイトニングは大切になってきます。

 

歯磨き粉もよいのですが、もし歯を綺麗にしたければ自宅での毎日のホワイトニングがおすすめです。

 

ピカピカの歯をすれば印象もさらに上がり、毎日ホワイトニング磨くのが楽しくなると思います。

 

ホワイトニング剤の薬用ちゅらトゥースホワイトニングはこちら

 



Similar Posts:

こんな記事も読まれています♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ