ここでは、飲料でも有名なヤクルトから発売されている『イキテルローション』の口コミや使ってみた口コミ体験談を書いてみました。

 

さっさとイキテルローションの詳しく見たい方は公式サイトをご覧ください。

 

ヤクルトイキテルローション公式ページ

 

ヤクルトのイキテルローションを使う前に、少しだけ調べたや口コミをまとめてみました。

 

感想レビューが見たい方はこちらの部分は飛ばしてしてください。

 

下の目次欄を押すと、その場所に移動します↓

 

スポンサーリンク

イキテルローションとは?

 

イキテルローションとは、ヤクルトから発売されている乳酸菌の発酵エキスが入っている『化粧水』です。

 

ヤクルトといえば飲料水でも有名な『乳酸菌』ですが、乳酸菌が作り出す成分にはすこやかな肌をたもつ効果があり、肌にも良質な潤いを届けることができるのだそうです。

 

乳酸菌の発酵エキス、ビフィズス菌の発酵エキス、高分子ヒアルロン酸などで肌へとアプローチをして、肌本来の力を発揮させることができるのだそうです。

 

腸内に良きものを肌につけるという、乳酸菌を使っている他にはあまりない斬新な発酵系の化粧水です。

 

実際にイキテルローションがどんな感じなのかをレビューしてみました。

 

イキテルローションの詳しい情報はこちらから見てみる

 

イキテルローションの口コミ体験談

 

敏感肌で混合肌になりつつあるので、なんとかできなかなと思い使ってみました。

 

混合肌はどんな何を使えばよいかわかりませんよね・・・

 

イキテルローションを選んだのは、ヤクルトは食品メーカーなのでその辺も安心できそうだったのと、乳酸菌系の発酵化粧水を試してみたかったこと、イキテルは混合肌押しっぽそうだったので選んでみました。

 

しかもイキテルローションが、その辺の化粧水と変わらず値段も安かったので・・・まあ合わなくてもいいかなとかそんな感じです。

 

それと化粧水なのになぞの『発酵』ですし、発酵食品とかイメージ的によさそうですし、合えばラッキーな感じです。

 

イキテルローションアは、↓のようなシンプルで可愛らしい箱に入っています。

 

開けるとこんな感じで、

 

 

で入っていました。

 

 

この量で1本120ml入っていて、1.5カ月使えるのだそうです。開封後は6か月以内に使えばよいそうです。

 

スマートでしゅっとしているので、置く場所にも場所を取らない感じです。

 

イキテルローションは『ポンプタイプ』です。

 

個人的にポンプのプッシュタイプは、汚れとか細菌とか入らず、適量取り出せるのでこれは嬉しい。

 

成分を見ると、乳酸菌など以外にも、オクラやローズマリー植物系のエキスも入っていました。他の化粧水に比べると、成分は少なめっぽそうな感じもしますが、余計ななものが少なさそうなイメージもありました。

 

さっそく使ってみます。

 

 

では使ってみます。

 

プッシュすると、けっこうどばっと化粧水がでます。

 

 

見にくいかもしれないんですけれど、顔一回り塗ることができそうなぐらいの量がでて個人的には何度もプッシュしなくてすぐにドバっと顔に塗れて便利な感じでした。

 

 

のせてみるとテクチャーは透明で、かなりサラサラしています。香りも無臭。

 

化粧水では良く入っているパラベンや香料など「アルコールフリー」なので、香りとかはしません。

 

塗ると少しだけとろみのある感じなのですが、ぬるとサラサラしてすぐ乾くので仕上がり感がすっきりします。

 

特に夏場などは気持ちが良いなと思いました。サラサラすべすべ。次の日の肌の状態もいい感じ。

 

 

塗った後の渇きが早い!

 

塗った後はお肌がしっとりと潤っていてサラサラしていて気持ちがいいです。

 

ヤクルト飲料の乳酸菌が腸にいいように、肌にもよくなってほしいですわ~。期待です。

 

イキテルローションが合う人やなんとも言えない人デメリット・メリット

 

人の肌質で違いがあるとは思うので何ともかけないですが、個人的なイキテルローションのデメリットは、個人的には冬場や乾燥肌だとやや物足りない感もある感じでした。

 

この辺は乾燥肌とかじゃないとわからないかもですが、冬は美容液とかも必要かも。夏はさっぱりしていて気持ちがいいです。紫外線とか浴びすぎたときにいい感じ。

 

なのでメリットは無駄がなくさっぱりしている感じの使用感と、しっとり感がいい感じです。

 

イキテルローションはヤクルトが作っているので、ヤクルトの強みの乳酸菌とか体にも優しい成分で作られているので、お肌にもそこまで刺激なく優しく使えるのではないかなと思いました。

 

混合肌だとオイリー部分にはいい感じ。さっぱりしてるので。

 

混合肌でも乾燥している部分は、重ね塗りしたり美容液とか塗ると大丈夫です。さらっとしたつけ心地なので気持ちがいいので、春や夏に使うのがおすすめです。

 

皮脂が多い人はべた付かず、さっぱりな仕上がりなのでいい感じだと感じます。

 

ただ乾燥はうんぬん書きましたが、冬場など乾燥しやすい時期は乾燥予防のために、ちょこちょこ使うには乾きがいいので、こまめに使う分には便利だと思います。

 

ただ乾燥肌にもいいという方もいらっしゃるみたいなので、その辺は肌質で合う・合わないがありますので、実際に興味がある方は使ってみて試してみてください。

 

価格もそこまで高くないのですし続けやすい価格帯なので、価格面でも普通な感じでした。

 

アルコールが入っていないからこそプッシュタイプは嬉しいですね。中の成分が雑菌まみれにならなく清潔に顔が化粧水で保湿できるので。

 

イキテルローションの口コミ

 

イキテルローションを使っている口コミを調べてみました。

 

・混合肌で使ってよかった

・肌がしっとりする

・乾燥肌だとイマイチかも

・顔にまんべんなく塗れる

・生理の時はあわなかった

・乾燥肌でもいける

・混合肌はいい感じ。

・若い人向きだと思っていたけれど40歳でもあってた

 

などの口コミがありました。

 

個人的には乾燥肌だとうーんな部分があったのですが、口コミだとそうでもないことも多かったです。

 

混合肌とかにはいい感じの口コミがちらほらありました。

 

価格やお得情報

 

イキテルローションは120mlで通常価格『3,240円(税)』で1.5カ月使えます。

 

そこまで化粧水としては高くなく使うことができます。

 

ちなみにどこかで売っているかなと販売店とか調べてみたのですが、よくわかりませんでした。配達ヤクルトも別っぽいのでなさそうです。

 

Amazonや楽天は私が調べたと時には見つかりませんでした。

 

初回限定ですが半額で買えることができるのがヤクルトのイキテルローション公式ページです。

 

それがヤクルトのイキテルローションのページで、1本1.5か月分が『半額の1500円(税込1620円)で買うことができます。

 

私も公式ページで購入しました。

 

 

送料や支払い手数料も無料だったので、この値段で合わなくてもしょうがないかと思ったのですが、思いの他合っていたのでラッキーでした。

 

まずはイキテルローションに興味がある方は、自分の肌質にあっているかを試してみるといいかもしれません。

 

まずは自分にあっているかどうかを試してみたいと思うので、半額なら合う合わない試してもそこまで損はないかなと思います。よければ使えばいいですし、合わなければ手とかボディに塗ってもいいと思います。

 

シンプルで使いやすいタイプのイキテルローション。

 

イキテルローションを使ってお肌に乳酸菌の力を発酵エキス与えて、肌本来の力を取り戻してみませんか?

 

半額で買えるイキテルローションの公式ページはこちら

 

まとめ

 

イキテルローションはヤクルトから発売されている化粧水で、使用感とか中身や外見もとにかく『シンプル』です。

 

水のような塗ると少しとろみがあり、塗った後はすっと肌に入りさっぱりした使用感があり、朝までしっとりしているしっかりとした化粧水です。

 

混合肌にはわりといける感じで、乾燥肌は口コミでもまちまちな感じでしたが、まずは肌質によって合う合わないがあるので、初回は半額の1500円程度で買えるので試してみる価値はあると思います。

 

化粧水だけでも、次の日まで肌がしっとりするので、自分の持っているクリームや美容液をさらにチョイスしてみると、乾燥肌とかはさらによさそうですよ。

 



スポンサーリンク