リアルオールイワンを使ってみたリアルな感想口コミ

オールイワン化粧品では珍しいモンドセレクションでも金賞を受賞している「リアルオールインワン」

 

NHK朝ドラのカーネーションのモデルとなったコシノファミリーの3女のコシノミチコさんがプロデュースしているそうですよ。

 

口コミとか調べるといい感じのようみたいですが、実際はどうなのか?ここでは「リアルオールイワン」はどうなのか?

 

最近肌が乾燥してきて気になったので、リアルオールイワンを使ってみた感想を書いていきます。アラサーのお肌にはいいかしら。

 

すぐにリアルオールイワンが欲しい方はこちらからどうぞ

リアル オールインワンはこちら

 

リアルオールインワンはどんな口コミがある?

 

まずリアルオールイワンを使う前に、どんな口コミがあったか調べたものをまとめてみました。

 

・肌の乾燥に良かった

・ちょっとべたつくけど、肌に馴染む

・ファンデのノリが良くなった

・重ね塗りが不要で楽

・出す手間があるけれど少量ですむから持ちがいい

・最初は高いかなと思った。でも少量で長持ち。

・パックいらずになった

 

などの口コミを見つけました。

 

使用感とはよくわかりませんが、どうやら少しべたつきがるみたいです。

 

よく口コミだけではわからないので、使ってみました。

 

リアルオールイワンを使ってみた感想や他と違うところ

早速使ってみましたよ。

 

リアルオールイワンの容器の大きさが結構大きい感じです。95gも入ってます。

 

 

中身の成分なんですけれど、文字がかなりぎゅうぎゅうに書かれていて、つぶれている(笑)

 

というのも、ヒアルロン酸やコラーゲン、スクワランなど130種類もの美容成分が入っていて、なおかつベースの保湿が温泉水の「湯原温泉水」を使っているみたいですよ。

 

で、面白いのがオールイワンの中身。

 

 

赤い・・・!?赤い上に、白い卵のような謎の物体も入っています。これは白いクリームみたいですよ。この2つに各60種類ほど美容成分が入っているみたいです。使い分けが必要なのかな?

 

なんだか赤いクリームだから怪しい・・・と思ったら、この赤い色は「純金」の色なのだそうです。(純金:金やプラチナ)

 

そういえば昔、純金を溶かした色が赤だったな~と思い、この色が見えるほど純金が入っているのだとか。超リッチ。他のオールインワンって入っていないですよね。

 

なんだかものすごくリッチな感じですが、だけれど、純金が入っていると肌にどうなるのよって感じですよね。

 

蓋を開けると、とても赤い。

 

 

綺麗な赤だけれど、怪しい・・!と思っていたら、純金のような金属は肌にいい理由がわかりました。

 

というのも、肌は「酸化」するとシワやシミなど老化の原因が加速しますよね。

 

酸化ってなんぞやと思ったら、「リンゴ」で例えると分かりやすいですね。

リンゴは切ると最初は上のように綺麗ですが、少し放置すると茶色くなったりしますよね。あの状態を「酸化」といいます。

 

肌はリンゴほどすごいということではないですが、何らかしら乃原因で「酸化」すると肌の細胞が壊れて肌トラブルになっちゃうわけです。身体で書けば、「錆びちゃう」感じですね。

 

そこで酸化を抑えなければいけないのですが、そこで活躍するのが「貴金属」ということです。そういえば、金やプラチナは錆びないですよね。

 

金の延べ棒やプラチナの指輪とか錆びているイメージがない!(持ってないのでイメージですが泣)

 

金やプラチナにお肌にいいのが、金や白金・プラチナは酸化しにくい金属で、抗酸化作用に優れているとされています。

 

リアルオールインワンに入っている「プラチナ」のコロイド粒子というものが、抗酸化力をアップしてくれるということになります。

 

普通は、酸化しないように、抗酸化作用のあるものをするんですよ。例えば抗酸化作用のある食べ物を食べたりなどなど。だけれどそれだけでは酸化は抑えられないから、リアルオールインワンとかみたいなスキンケアでケアしちゃおうということですね。

 

他のオールイワンには純金が入っていないですよね。

 

逆にリアルオールインワンを使いたいなと思っても、金属アレルギーとかの人はちょっと微妙かもですね。使う前にパッチテストとかした方がいいと思います。

 

さて、長く書きましたが、この卵みたいなクリームが気になるので使ってみます。

 

 

取り出しはリアルオールインワンに入っているヘラっぽいものですくって使います。

 

 

ちなみに、使い方は箱に書いていたり、リアルオールインワンに付属している紙にもついています。

 

このヘラ(スパチュラというらしい)で取るのがめんどいですが、清潔感はありそうですね。

 

さっそく赤と白のクリームを取るみたいなので取ってみました。

 

なんだか柔らかいゼリーを取っているように、ジェルといってもブルブルしたかんじでなくわりとさらっとした感じのテクチャーっぽいです。

 

赤と白のジェルを同時に取るわけですが、取りにくそうと思ったのですが普通に取りやすかったです。

 

1.5~3cmほど取るのだそうですよ。

 

白と赤を何で分けちゃったんだろうと思ったら、油分と水分のバランスを考えられているとのことでした。

 

お肌は水分と油分のバランスが必要で、水分を油分で覆いカバーすることで潤いの蒸発や外からの刺激を守るのだとか。

 

白い方が脂溶性(スクワラン・セラミド・アミノ酸・コラーゲンなど)、赤い方が水溶性(純金・白金ナノコロイド・アスタキサンチン・ビタミン・温泉水)の成分が入っているみたいでした。

 

といいますか、今知ったんですけど肌にただ「成分」を与えるだけでなく、成分にも水溶・脂溶性があるんですね。

 

だから成分が多く入ったオールインワンでも効果が微妙なものは、必要なものを過剰に取りすぎている(水分か油分)ということで、結局のところ必要な方を多くとれば、お肌のバランスが良くなるのではと思いました。

 

まあ、乾燥肌は水分が蒸発するので油分が必要なので、塗ることで水分の蒸発はとどまるから、肌も乾燥したり、紫外線などのダメージを受けないってわけですね。そうすれば肌も酸化予防にもなりそう。

 

なので、お肌の感じがわかってきたら赤のジェルや白のジェルを調整すればいいって話ですね。

 

ただ最初はわからないので、両方同じぐらいの量をとってみました。

 

 

なんだか、サクランボゼリーっぽくて美味しそうに見えます(苦笑)

 

 

なんだか見かけが可愛いです。プルプル

 

一応手に乗せてテクチャーを実感します。

 

 

赤と白を混ぜてくると、徐々に肌に馴染んできます。たださらっとしたテクチャーでなく、ややべたっとしたテクチャーです。

 

白は柔らかいんですけれど、赤いのがやや硬いテクチャーかなと思います。肌につけるとしっかりついているなという感じがします。

 

なんだか取った量が多かったのか、すべて塗ると結構ベタベタするので本当に少量でいいかなというところです。

 

よく説明書みたら、リアルオールインワンを気になるところに塗ったり、分けたり塗るといいとのことでした。

 

取る手間はかかるんですけれど、美容液やパックとかもろもろしなくて取って塗るだけなので、ケアは1分ぐらいで済むんですけれどね。

 

リアル オールインワンの詳細を今すぐ見てみる

 

リアルオールイワンを使ってみてどうなった?

 

私が使った場合は、肌は朝までしっかりともっちりしていて、乾燥が酷い日でもいい感じに過ごせています。逆にたっぷり塗ってしまうと、水水しくなって申し分ないので少量で私の場合は平気でした。

 

逆に取りすぎたクリームは首にも塗れちゃうほど。おかげで首もケアできちゃています。

 

敏感肌の乾燥肌なのですが、特に何もブツブツなどは1ヶ月使ってみてはできていません。

 

ただ、オイリー部分を白いクリームを塗りすぎるとベタッとする感じなので、オイリー部分は調整が必要かなというところです。

 

感想としては、オイリー肌の方はやや微妙かもですね。どちらかといえば乾燥肌や紫外線とか冷暖房の乾燥が気になる人は向いていると思います。

 

毎日ヘラ(スパチュラ)で取るのが、正直朝は特にめんどうくさいんですけれど、1日肌はしっとりしていて快適だなと思います。

 

赤の水分で白の油分を上に塗ることで、肌がしっかりカバーされているんだなと思います。

 

あと1ヶ月朝と夜使っているんですけれど、少量で済むので首にも塗れるし、クリームの量が全然減らない感じでコスパがいいなと思います。

 

130種類も美容成分があって、水分・油分も調整できるので、その日のコンディションとかにも合わせて塗れて、抗酸化のある純金などもあるので肌をしっかり守れそうです。

 

多分1個に95gも入っているので、2~3ヵ月ぐらいは持ちそうです。

 

今ならリアルオールインワンの公式サイトだと割引30日間の返金保証もついているので、今ならお得かなと思います。

 

もしオールインワンスキンケアで悩んでいる方は、ちょっと他の手で取るオールイワンと違い、ヘラでクリームを取るのがめんどいですが、油分・水分が考えられているスキンケアなので、お試し程度に試してみる価値はあると思います。

 

リアル オールインワン公式ページを見てみる

 



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ