【みんなの家庭の医学】内臓脂肪減らすアカモクとは?

2017年9月26日に放送の皆の家庭の医学では、運動をせずに内臓脂肪を減らす方法や食材として海藻などが紹介。

 

運動をしないで、食べ物で内臓脂肪が減らせるなんて運動嫌いや面倒くさいならとても最適!

 

ただどんな海藻なのか?それがアカモクです。

 

ここでは、みんなの医学で紹介された内臓脂肪を減らす海藻のアカモクや食べ方・売っている場所についてご紹介します。

 

※番組放送のまとめを書いていきます。

 

一応今のところは知っている知識と予告からの予想だけ載せておきます。

 

スポンサーリンク

 

みんなの家庭の医学で紹介 内臓脂肪を減らす海藻とは?

 

一般家庭でもある食べ物で、

 

内臓脂肪を減らす食べ物は「アカモク」です。

 

秋田ではアカモクのことを「キバサ」と呼んでいます。

 

ねばねばなので体にもよさそうな海藻みたいですよね。

 

なぜ内臓脂肪に良い?

 

アカモクやキバサなのある栄養素が、運動をしなくても食べるだけで運動と同じように内臓脂肪を減らすことができるのだそうです。

 

アカモクにはどんな栄養素が内臓脂肪を減らす?

 

アカモクやキバサに栄養素の『フコキサンチン』です。

 

このフコキサンチンは、

 

・わかめ

・昆布

 

などにもある程度含まれているのですが、フコキサンチンはわかめ倍以上の量が含まれているとされています。

 

運動をしなくても内臓脂肪を減らせる「フコキサンチン」が多く入っているのがアカモクやキバサでした。

 

アカモクと呼ぶ「岩手県」や秋田県ではアカモクのことをキバサとも呼びます。

 

スポンサーリンク

 

アカモクとは?

 

アカモクとは、水深2~10mほどの海にいて、特に秋田県や岩手県の海に生息していますが、北海道の一部を含めて海沿いでも取ることができます。

 

アカモクは3~5月が旬でそれ以降は冷凍されたものが市場に出回ります。

 

アカモクの食べ方は?

 

みんなの家庭の医学では、アカモクの食べ方を紹介していたのでまとめてみました。

 

一般的なアカモクの食べ方は、

 

湯通しして、

細かく刻んで、

粘り気がさらに出ればOK

 

よく刻むことで、ねばねば感がアップするそうです。伸ばすと30cmものびーる。

 

・うどんやそうめんの上にかける

・めんつゆを入れてごはんの上にのせる

・お味噌汁の中に入れる

 

などのアカモクの食べ方があるみたいです。

 

アカモクを食べて内臓脂肪は減るの?

 

他にも、マウスにアカモクに含まれている「フコキサンチン」を与えて、内臓脂肪が半分になったり、ロシア自然科学アカデミーで90㎏のロシア人50人にこの栄養素を16週間与えたら、体重7㎏減、内臓脂肪が11パーセントも減少したそうです。

 

アカモクやキバサを食べている岩手県の内臓脂肪は平均数値以下の人が9人中6人という数値が出ています。

 

アカモクはどこで買える?

 

一部のスーパーなどで買うことができます。

 

ただアカモクが売っているない場合どうすればよいか?

 

アカモクはスーパで売っていない場合は、通販でも購入することができます。

 

 

 

取り出しが便利そうです。

 

キバサなどもあります。

もし売っていなければ、直送便などもあるので利用してみるといいかもしれませんね。

 

内臓脂肪を減らす海藻アカモクまとめ

 

アカモクなどに含まれる栄養素は、運動をせずに内臓脂肪を減らすことができるなんて、素晴らしい食べ物ですよね。

 

高齢になるとなかなか運動をしにくいので、ぜひアカモクやキバサを食事に入れてみてはいかがでしょうか。

 

食べ方はごはんやうどん、お味噌汁などに混ぜるだけなので簡単に食べれますよ。内臓脂肪を少しでも減らして、体の健康に気を付けてみて下さい、

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ