日本人は野菜不足とされているので、生のサラダを食べたり、健康志向だとスムージーや青汁などを作るときなどは、栄養があるので丸ごと葉っぱや皮を入れてしまうこともありますよね。

 

ですがいくら健康志向といえども気になるのは野菜や果物には「農薬」。

 

大その野菜が「無農薬野菜」であれば安心ですが、野菜や果物には残留農薬がついているものはほぼ。

 

これが長い間蓄積されると身体に影響を与えるのも当然で、病気などの原因になってしまう可能性もあります。

 

農薬なら『無農薬野菜』を食べればよいのですが、毎日無農薬野菜を食べるには値段が高いですし、毎日となるとちょっと・・・金銭的に無理なところがありますよね。

 

またお子さんのいる家庭では食育の一環として、赤ちゃんや子供に農薬の付着した農薬やついていて安全なものを与えたいと思います。もちろん大人ではもっぱら取りたくないですよね。

 

ここでは、そんな農薬のついた野菜や果物の洗い方、除去の方法をまとめてみました。

 

その前に、食べる前に知っておきたいこんな事実があります。

 

スポンサーリンク

 

知っておこう!日本が海外より野菜の農薬量が多い理由

 

日本の野菜は海外野菜に比べると、農薬やワックスの量が多いとされているのはご存知でしょうか?

 

特に農薬量の多いのは、中国、韓国、日本とアジアが多いとされています。ヨーロッパなどは法律が厳しいので、農薬は日本と比べるとそこまで多くは使っていないそうです。

 

ではなぜ日本はヨーロッパや米国に比べると農薬量が多いかというと、国が規制している農薬などに関しての法律が緩い、日本は海外の中でも高温多湿の環境なので、虫などが発生しやすいからです。

 

特に後者の方で野菜を作る経験があるとわかるのですが、無農薬を作ると野菜には必ず虫が発生します。

 

キャベツとか青虫が大好きな野菜ですよね。

 

たまに無農薬野菜を食べるとまれにキャベツなどに虫がついていて「うわ・・・」と思われますが、逆を考えれば「虫が食べれるほど安心」ということになります。

 

スーパーなどに売っているきれいな野菜たちは虫がいないのは、農薬が多く使われています。

 

そのため絶対に虫は農薬がついている野菜や果物は食べません。食べたら虫自体が死んでしまうからです。

 

つまり人で考えると免疫力があるものの、長い目で見ると農薬が身体に蓄積されてしまうことがわかりますよね。

 

そして「甘い系」の果物には特に農薬を多く使用しています。これは虫に食べられてしまうからです。

 

人もそうですが、虫も甘いものが大好き。なので果物系は大量の農薬を使わないと育てるのが難しいとされています。(もちろん農薬が少なく作っている果物もあります。)

 

また甘みのあるスイーツ野菜(スイーツトマトとか)も、甘みを出すために農薬などが使われていることが多いです。

 

野菜や果物を作る生産者はできるだけ無農薬野菜はつくりたいものの、1個1個いちいち虫を取っているわけにはいきかないのが現状です。

 

農薬や見た目をよくするためにワックスを使ってしまうのは、不足する農家のことを考えると致し方ないことだったりします。

 

そのため農薬を落とせるのは「自分」です。

 

自分の身は自分で防ごうということです。

 

次に農薬がついた野菜や果物の洗い方をご紹介します。

 

農薬のついた野菜や果物の洗い方

 

農薬がついた野菜や果物を極力少しでも落とすための方法をご紹介します。

 

流水で洗う

まずは流水で水荒いする方法があります。

 

野菜や果物を食べるときは「必ず」水でしっかり洗いましょう。

 

流水で洗うことで、多少の農薬が流れるからです。

 

つけ洗いがベストですが、農薬を落とすならば流水で洗い流してみて下さい。

 

きゅうりやオクラはまな板に塩をまいて、ゴリゴリとこすると農薬が結構落ちます。

 

レタスや葉物は特に農薬が多いので、水につけておくと良いでしょう。

 

果物でもサクランボは、5回ほど洗い5分つけ置きしておくと農薬が落ちやすいとされています。

 

いちごの場合も5回洗いますが、いちごはつけ置きはタブーです。

 

というのも、いちごの種のブツブツした部分に多くの農薬が入っているのでつけおきしてしまうと農薬が入りやすくなってしまうからです。お気を付けを。

 

重曹を使う

お掃除などに活躍する「重曹(炭酸水素ナトリウム)」です。

 

調理でもたまに使うことがありますよね。

 

重曹は水と比べると農薬が除去されやすくなるそうです。

 

※科学的根拠が重曹は農薬が落ちるかは微妙とされているらしいので一応載せておきます。

 

口の中に入るものなので、「食用の重曹」使ってみてくださいね。

 

除去の洗い方ややり方としては、

 

①水をボウルなどにはる

②食用の重曹を少量入れるだけです。(小さじ1~2杯ほど)

③1分ほど放置

④流水で洗い流す

 

長くつけすぎると野菜の成分などが落ちやすくなるので、1分程度が目安です。

 

お湯で洗い流す

農薬が多く使われているほうれん草、トマトはお湯で綺麗にするのが良いとされています。

 

皮を剥く

 

皮を剥くことで、多くの残留農薬を落とすことができます。

 

というのも、農薬は根菜以外はほぼ「皮の部分」に多くついているからです。

 

なので皮に覆われているものは「厚めに切る」ことで、農薬を口に入れることは減ります。

 

例えばジャガイモの皮やお湯に入れたトマトは皮を湯剥きしたりです。

 

果物の場合だとぶどうは途中で皮を剥いて、吸って食べる方法がありますがあれは皮についた農薬を口の中にいれてしまうので、しっかり皮をすべて剥いてから食べるようにしましょう。

 

野菜や果物を除去した洗い方をしても・・・

 

この洗い方をすれば「野菜や果物の残留農薬はばっちり落ちたね!」というわけではありません。

 

残留農薬が多少落ちれども、完璧に落ちるということではなかったりします。

 

農薬は水などでの洗い方では、完璧には除去や落としにくいとされています。

 

お湯は水よりかは落ちやすいですが、こちらもまた完璧ともいえません。

 

じつは水でも農薬が落ちないのには、こんな理由があります。

 

農作物を育てる時は「水をまいたり」、「雨」が必ず必要ですよね。

 

ですが、野菜や果物に水がつくと一部の農薬が「落ちてしまう」のだそうです。

 

農薬が落ちてしまうと虫がついてしまい、いちいちそれを取るには野菜や果物の集荷まで程遠い話になってしまいます。

 

そのため、農薬が落ちないためにあるものが使われるのだそうです。

 

野菜や果物の農薬が落ちないためにアレが使われる

 

農薬が落ちないために使われるのが「ノリ的なもの」です。

 

例えばノートにレシートを貼るあのノリのような感じで、野菜や果物が農薬が落ちない役割をする「展着剤」というものです。(※断じて文房具のノリではありません)

 

すべての野菜や果物についているわけではないようですが、展着剤というノリが農薬を落としにくくするため、いくら水で上記のような洗い方をして流しても、農薬が除去・落ちにくいということになるそうです。

 

野菜や果物をゴシゴシスポンジなどで洗えば多少は変わると思いますが、そうすると栄養素も削ぎ落してしまう可能性も高いですよね。

 

本当は皮をごっそり剥くことがよいのですが、栄養素は皮に多く含まれているので皮も食べたいというと思うときもありますよね。

 

ならば「どうすればいいのよ」という話です。

 

農薬・展着剤を落とすにはどうすればよい?

結局は展着剤に貼り付けられた農薬やワックスなどは、水洗いでは落ちにくいものが多いということになります。

 

いくらごしごししても、忙しい主婦であればそんな時間ないよ!と思うかもしれません。

 

それと農薬を落とすための下ごしらえをするとわかるのですが、水で洗ったり、お湯で洗ったり、皮をそぎ落としたりするのって「かなり面倒くさいんです

 

ですが、少しでも農薬を減らして野菜や果物本来の味で安心・安全に食べたいですよね。

 

ではどうすればよいのか?

 

そこで便利なのが、野菜洗い専用の水を使うのが便利です。

 

野菜洗い専用とは?

野菜洗いのお水には、農薬や展着剤を落とす食物添加物が成分が含まれているので、農薬も展着剤も落とすことができます。

 

このような野菜洗い専用のお水を野菜や果物に吹きかけると、農薬のノリがついている展着剤を簡単に落とすことができます。

 

農薬や展着剤を落とすなんて、何か変なものが入っているの?と思われるかもしれません。

 

食物添加物の炭酸カリウムが入っていますが、普通のレトルトやお菓子などに入っている科学的な添加物ものではなく、こんにゃくや豆腐などを作るための昔から使われている必要不可欠とされる「添加物」が入っているので、食品などに含まれている添加物とは全然違いますので安心して使うことができます。

 

野菜のお水は、0.1以下の炭酸カリウムが使われた純度が99.9%の「アルカリイオン水」で作られています。

野菜洗いには、最適なお水のイオン濃度phというものがあるそうです。

 

そこで、野菜や果物に付着しているプラスのイオンを、マイナスイオンが含まれているが含まれているベジセーフで、プラスイオンの表面に張り付くことで+と-が反発しあい、素早く吹きかけることで、「農薬」や「ワックス」、「細菌」などを汚れを落とすことができます。

 

特に皮ごと食べる「果物」には、水で洗っても落ちないので野菜洗いはおすすめだったりします。

 

炭酸カリウムとは?

 

アルカリイオン水に炭酸カリウムってヤバそうじゃないと思いますよね。

 

炭酸カリウムとは植物の灰分中に含まれ、上の部分でも少し触れましたが普段口にしている指定添加物豆腐やこんにゃくなど日常に使われるものに使われているものです。

 

この炭酸カリウムを入れることで、塩濃度が0になるそうです。

 

従来のアルカリの製造※1と異なり、炭酸カリウムを使用することで、塩濃度が0になります。そのため化学火傷といった皮膚刺激がない中で、アルカリの特性がある洗浄水なのです。※1 従来のアルカリ水の製造には苛性ソーダや塩化ナトリウムが使用されていました。それらは塩分が溶解しますので金属を腐食して、人の肌を刺激します。

 

そのため、野菜洗いをしても赤ちゃんや子供が口にしても大丈夫なのだそうです。

 

食中毒菌やウイルスをガード

 

食中毒やウイルスには「サルモネラ菌」や「大腸菌」などがありますよね。

 

これは時期になると大量に沸いたりして、野菜や果物でも腸がやられてしまう場合もあります。

 

に含まれる水素イオン濃度pHは、30秒で食中毒や微生物が生育できないように死滅させることができるのだそうです。

 

野菜専用洗いの使い方

 

使い方は簡単で、お皿の上に野菜や果物をお皿に置き、を吹きかけて全体に馴染ませるだけです。あとは、水ですすぎ洗い流すだけ。

 

すべての野菜や果物とは限りませんが、農薬が洗い流せ、展着剤が使われていると黄色い水がでてきます。

 

試しにもう一度拭きかけて試して透明な水になっていれば、表面の農薬やウイルスなど汚れが落ちたことになります。

 

素早く落とすことで、普通の水と違い「野菜本来の栄養素を流さず」に済みます。

 

野菜洗いのお水はどんな商品がある?

 

野菜洗いのお水として「ベジシャワー」という商品があります。

 

ベジシャワーには幼児用雑誌や幼稚園給食にも使われていて、アルカリイオン水99.9%、炭酸カリウムが含まれている安全性の高い野菜お水です。

 

ベジシャワー洗った食べ物は、素早く農薬や展着剤を落とすことができるだけでなく、水では落ちやすい栄養素を極力おとすことなく栄養をしっかりとることができます。

 

しかも、一番最近では農薬以上に気になる「放射性物質の除去」もすることもできてしまう、他の野菜洗いにはない優れた野菜洗いのお水です。

 

またシンクや食器のウイルス除菌としてもWで併用できるので、野菜や果物だけでなく台所の周りも清潔に保つことができます。

 

pH12がウイルスやカビも除菌するので、食中毒が気になる時期などは特におすすめ。

 

ベジシャワーを詳しく見てみる

 

野菜洗いの使い方

 

 

今冷蔵庫にある野菜や果物は、無農薬野菜でない限り「農薬」や「展着剤」がついているものも普通にあるので、これを気に気になる農薬をシュシュと洗い流してみませんか?

 

小さい子供さんがいる家庭でも安心して使うことができます。

 

小さい子供も自分も農薬や展着剤などから守れるのは「あなた」だけです。

 

今日から野菜洗いなどを使ってシュシュっとお水をかけて、農薬や展着剤の気にならない「きれいな野菜」を食べて健康を目指してみてませんか?

 

農薬の積み重ねはいずれはカラダへの影響がでてくると思います。

 

アトピーやアレルギーだって影響している可能性もあるので、農薬や展着剤などを極力現在から将来まで健康でいられることができます。

 

薬いらずになるためには、まずは「食事の見直し」がとても大切で、その一歩が農薬や展着剤を落とすことです。

 

ぜひベジシャワーのような野菜洗いを使って、野菜や果物、台所周りなどを綺麗にして健康な体を目指してみてはいかがでしょうか。

 

ベジシャワーは公式サイトのみで購入することができます。

 

【ベジシャワー】公式サイトはこちら

 

残留農薬とさよならして健康な体を

残留農薬は、日々の蓄積から人によっては農薬中毒症状(吐き気、嘔吐、肌荒れ)などに悩まされたり、自宅に置いておくと野菜や果物に付着したウイルスなどもある場合もあるので、食中毒もつらいものが場合もあります。

 

想像以上に野菜や果物に残留農薬はついているということがわかりますよね。

 

ですが、この残留農薬をなくしてしまう生産が難しくなり、スーパーから野菜や果物、お米がなくなってしまうのでしょうがない部分はあるので、自分で何とかするしかありません。

 

特に赤ちゃんや子供、妊娠中の人などは敏感になる部分でもあります。

 

毎日ごしごしと野菜や果物を一生懸命毎日洗うことを考えると、野菜洗いのお水は農薬や展着剤、放射性物質も落とすことができるのでとても便利です。

 

栄養素も極力落とすことなく野菜や果物を食べることができます。

 

農薬除去でなく、放射性物質の除去や菌・ウイルス対策にもなり、日ごろの食の安心・安全を手に入れることができます。

 

すでに売られている野菜や果物は、自分で何とかするしかありません。

 

残留農薬を少しでも減らしたいなら有機野菜を食べる

 

野菜洗いでいちいちスプレーするのはめんどうくさい、残留農薬を少しでも減らしたい場合は、無農薬などを使っている『有機野菜』で少しでも残留農薬のリスクを回避することができます。

 

無農薬野菜は野菜本来のおいしさがあるので、子供の食育にとってや味覚の発達にはとても大切です。

 

もちろん子供の味覚の発達には無農薬野菜だけでなく、無添加食材や国産の肉などを食べさせることもとても大切です。

 

添加物の入った食べ物ばかり食べていると、味覚障害になりやすくなります。食は心の不安定さも出してしまうので、できるかぎり体に優しいものを与えることは親にとって必要なものでもあります。

 

味覚障害はしっかり無添加や無農薬野菜など体に悪いものを極力食べていれば、添加物ばかり食べていた味覚でも治すことができるのだそうです。

 

ただ無添加はどんなものが良いのかわからない、専門店に行くのが面倒くさい、試しに有機野菜を食べてみたいという方は「オイシックス」の有機野菜や国産お肉、無添加食材を極力使った安心食材セットでチャレンジしてみることがおススメです。

 

⇒オイシックスおためしセットページ(送料無料)

 

オイシックスは宅配野菜としては注目されていて、お試しにも関わらずクオリティが高く美味しくて、なおかつ新鮮ということで評判がよいお試しセットでお試ししてみると良いかもしれません。

 

16~18品も入っていながら、2000円ちょいぐらいで買えるので、お試しはかなりお得です。

 

スーパーなども添加物であふれているので、忙しい方はオイシックスで注文した方が手軽ですし、安心性は高いです。

 

いちいち野菜を買って野菜洗いスプレーでするのがめんどうくさい、専門店で野菜を買いいけなくてすぐに欲しい、本来の素材の味が知りたいという方はオイシックスの野菜などのセットはおすすめです。

 

※オイシックスの野菜を、さらにお水で洗えばさらに良いですね。

 

まとめ

 

身体は資本なので、食事はとても大切です。

 

なので極力農薬を少しでも落としたい場合は、必ず水で洗う、そして皮を厚く切ることが大切です。

 

ですがその分栄養素は落ちてしまうので、そういうときにはシュッと簡単に手間暇かからずできる「野菜洗いのお水」などを使用するのも便利です。

 

本来は有機野菜+野菜洗いのお水がベストですが、有機野菜はお値段が高いのでたまに食べて本来の野菜や果物のおいしさを知ることも大切かなと思います。

 

特に子供さんがいるご家庭は、幼児期には特に農薬などが影響しやすいので身体にきれいなものを与える必要性はあります。最近ではアレルギーとかも少しでも予防につながるでしょう。

 

食の安全や安心を守って美味しい野菜や果物を堪能して、元気で健康な体を維持してみて下さいね。

 

おすすめの記事