歯の黄ばみを取る方法 原因と白い歯を手に入れるためには?

歯の黄ばみ

歯を磨いていても、歯の黄ばみができてしまうことが多いですよね。

 

綺麗な歯はとても魅力的に見えますが、お喋りするときなど歯が黄ばみがあるとついつい見てしまいますよね。

 

しかし、ごしごし歯ブラシで磨いても歯の黄ばみは取れませんよね・・・。

 

ここでは、歯の黄ばみの原因と、歯の黄ばみを取る方法についてご紹介します。

 

歯の黄ばみを取る方法を実践して、黄ばみのない綺麗な歯を目指してみませんか?

スポンサーリンク

歯の黄ばみの原因とは?

 

歯の黄ばみを取る方法の前に、歯の黄ばみの原因を知っておくと、今後気を付けやすくなります。

 

ここでは、少しだけ歯の黄ばみの原因をご紹介します。

 

着色物質による色素沈着

コーヒー

カラメル色素、ステインなどの着色物質が歯の表面のエナメル質に吸着して、歯に色素沈着してしまうのが歯の黄ばみの原因です。

 

簡単に書くなら、お肌の色素沈着してしまったしみと同じで、歯にシミのようなものがついてしまうことです。

 

着色物質の原因

 

・コーヒー

・紅茶

・ワイン

・カレー

・チョコレート

・醤油

・ソース

・果物・野菜

・にんにく

 

 

主に濃い食べ物や飲み物が原因とされています。

 

これらを日々飲んだり食べていると、歯のエナメルに着色物質が吸着しやすくなってしまいます。

 

じつは、色素物質が歯に沈着してしまうと、普通の歯ブラシでは落としにくかったりします。

 

 

歯の汚れ

musiba

歯の表面は一見よくわかわらないですが、エナメル質のコーティングがされて歯が保護されています。

 

そのエナメル質の表面が汚れてしまうと、歯の黄ばみに見えてしまう場合があります。

 

ただし、汚れを放っておくと虫歯の原因になってしまいます。

 

 

歯の傷

 

強い歯磨きをしたり、食事などの何らかの原因で、歯の表面が傷つきやすくなってしまいます。

 

細かい傷ついてしまったことで、その傷の部分に着色物質が付着しやすくなり、黄ばみの原因となります。

 

 

歯の黄ばみを取る方法

 

 

歯の黄ばみを取る方法には、

 

・ホワイトニング

・ホワイトニング効果の歯磨き粉で歯を磨く

・歯ブラシで綺麗に汚れを取る

 

の方法があります。

 

歯の黄ばみの取る方法について、もう少し詳しくご紹介します。

 

ホワイトニング

haisya

ホワイトニングの場合は、歯医者で行うことができます。

 

自分でケアするよりも、断然歯は綺麗になるのですが、何回も歯医者に行かなければならないといけません。

 

また綺麗になる反面、歯医者でのホワイトニングは値段が高いです。

 

あまりお上手ではない歯医者だと、ホワイトニングが痛い場合もあります。

 

1ヶ月のホワイトニング治療は1万円前後が相場のようですが、毎回ホワイトニングをするのはきついですよね。

 

せっかく歯の黄ばみが取るとしても、わりと金銭や歯的には痛いものがあります。

 

そういう人は、ホワイトニング剤やホワイトニングに近い歯磨き粉を使うのが便利です。

 

>>歯が痛くないホワイトニングはこちら

スポンサーリンク

ホワイトニングに近い歯磨き粉を使う

 

ホワイトニング歯磨き粉 市販の注意

hamigakiko

市販でも、歯の黄ばみや口臭などのホワイトニング効果の歯の黄ばみを取る歯磨き粉が市販で売っています。

 

しかし、市販のものは歯を削って歯の黄ばみを落として白くする「研磨剤」的な成分が配合されているものがあります。

 

この研磨剤的成分は、歯を傷つけてしまう原因となってしまいます。

 

また、削って傷ついた歯に汚れが付着しやすくなって、いったん白くなってもすぐに黄ばみできてしまいます。

 

そのため、歯の黄ばみの汚れを落とすだけでなく歯の表面についた細かい傷をしっかりと修復してくれるなど、ケアできる歯磨き粉を選ぶことが重要です。

 

 

歯の黄ばみ対策をするには?

 

歯に付着してしまった歯の黄ばみは、ホワイトニング歯ブラシなどで綺麗に取る方法しかありません。

 

しかし、せっかく綺麗にしたのにその後のケアを浅はかにしてしまっては(ホワイトニング歯磨きを使うのをやめるなど)、また黄ばみの原因ができてしまいます。

 

 

歯ブラシを変える

haburasi

歯ブラシを強く磨いたり、細かいところがなかなか綺麗に取れないという人もいます。

 

毎回糸ようじで歯を磨くのも大変ですよね。

 

また、歯の汚れが綺麗に取れずに付着していても、歯の黄ばみの原因となってしまいます。

 

そんな時、歯ブラシを変えてケアするのが便利です。

 

 

歯に優しい歯ブラシを使う

hamigaki

歯の汚れを綺麗にとるには、歯に優しい歯ブラシを使うのが大切です。

 

市販の歯ブラシだと、どうしても汚れや黄ばみあ取れずにごしごし歯を磨いてしまう人もいらっしゃいますよね。

 

しかも、なかなか歯についたカスが綺麗に取れなかったりもします。

 

歯の間のカスが取れずに、糸ようじを毎回使うのは大変ですよね。

 

また、歯周病予防で歯茎のケアを市販の歯ブラシで強くしてしまうと、歯だけでなく歯肉も傷ついて歯の黄ばみの原因位なってしまいます。

 

これらの原因を改善するには、汚れの取れやすい歯ブラシを選ぶことで、歯の黄ばみ予防にもなります。

 

歯に優しく汚れを綺麗に取れる歯ブラシをご紹介します。

 

ころころ歯ブラシ
corocorohaburasi

じつはこの歯ブラシ、歯磨き粉いらずの歯ブラシでもあります。

 

全てが職人による手作業で作られていて、ローラーヘッドで4000本の極細毛が使用されており、細い割に固めなのでしっかり磨ける歯ブラシです。

 

電動歯ブラシよりも綺麗に落とせる、歯の表面がツルツルになるなど評判が良いです。歯の細かいカスが取りにくかったり、歯並びがあまり良くない人でも切れに汚れを取ることができます。

 

歯が綺麗だと、魅力にみえますよね。

 

ホワイトニングの歯磨きを使って歯の黄ばみを取って、歯に優しい歯ブラシを使い、ツルツルの綺麗な白い歯を目指してみて下さいね。

詳細はコチラから

歯の黄ばみを取るオススメ歯磨き粉・ホワイトニング剤

 

オーラルパール

orapearl

9つの歯に良いとされる有効成分が配合されています。

 

主に、黄ばみの原因となる色素沈着の除去で白い歯を保てることが期待できます。

 

歯のエナメル質を修復する成分も配合されているので、歯のケアはこれで万全な歯磨き粉です。

 

・歯の黄ばみ予防

・虫歯予防

・口臭予防

・歯周病予防

 

詳しい情報はこちらから

 

 

はははのは

安全性にこだわりを持ち、発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤・着色料・パラベン不使用といった歯や歯肉、口内などに優しいホワイトニングジェル。

 

ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムのWホワイトにング成分が、汚れの付着を防いで、歯のケアと相乗効果が期待できます。

 

完全無農薬の10種類のオーガニック成分を使用し、ホワイトイングだけでなく、抗菌や歯に潤いも。

 

・朝のねばねば撃退

・黄ばみの予防

・口臭対策予防

ホワイトニングに20年かかわってきた「女性歯科医師推薦の歯磨き講座シート」もついてくるので、効果的に歯を磨くことができます。

 

はははのは詳しい情報はこちらから

 

口コミはこちら

ホワイトニング剤 プレミアムブラントゥースの口コミ体験談

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ