悩み

生理の前や生理中にデリケートゾーンがかゆいですよね。中には痛い方もいらっしゃるかもしれません。

 

生理前や生理中は、デリケートゾーンがナプキンなどで蒸れやすくなっているので、かゆくなりやすくなってしまいます。

 

そこで、生理や生理中のデリケートゾーンがかゆい場合の対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

生理の時デリケートゾーンがかゆくる原因は

 

ここでは生理の時にデリケートゾーンがかゆくなる原因と対処方法についてご紹介しています。

 

洗顔料や石鹸が合わない

 

石鹸

 

生理前や生理中にかゆい場合、デリケートゾーンがムレて、細菌やカビが繁殖している場合あがります。

 

細菌が発生してしまうと、普通の石鹸では綺麗にすることが難しかったりします。

 

かゆいといってたかゆみや、おりものニオイなどが気になる人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使うのがおすすめです。

 

デリケートゾーンの石鹸は、「抗菌作用」があり、菌の増殖を抑制する作用の成分が含まれているため、清潔にすることで、一時的にかゆみを抑えるのではなく、今後もかゆみが出なくなります。

 

また、デリケートゾーンがかゆいから、ナイロンスポンジなどで強くこすってしまうと肌が傷ついてしまい菌が付着しやすくなってしまうので、丁寧に優しく洗ってみましょう。

 

石鹸に関知っては、下記の記事にてご紹介中です。

 

関連記事:デリケートゾーンの石鹸は市販で売っている?

 

 

デリケートゾーンが臭う場合

kusai

デリケートゾーンを綺麗に洗顔しても、生理中や生理前に臭いが取れないという人も意外といます。

 

かゆい状態が無くなっても、独特の臭いがあるとしんどいですよね。

 

デリケートゾーンの臭いが気になる場合は、ナプキンを変えたり、スプレーなどで対策をすると効果が期待できます。

 

ナプキンを変える

 

生理中にデリケートゾーンがかゆかったり、痛い場合は、ナプキンが合わない場合があります。

 

ナプキンでもそれぞれ材質が多少違うのもあり、合う合わないがあります。

 

よく顔にクリームを塗ると痛くなったりする感覚と一緒で、生理中のナプキンにも人それぞれ合う合わないがあります。

 

合わないナプキンを使っていると、ナプキンがデリケートゾーンに擦れて余計に傷つきやすくなってしまいます。

 

傷ついてしまうと、その患部から細菌が入りやすくなるため、かゆみ以上に悪化してしまう可能性があるのです。

 

この場合は、デリケートゾーンに軟膏を塗る前に、ナプキンを変えて試してみるのもいいかもしれません。

 

布ナプキン使う人も多い

 

市販のナプキンが合わない人は、布ナプキンを使う人もいます。生理中だと抵抗がある人も大多数いると思います。

 

驚く方もいると思いますが、じつは、布ナプキンは紙ナプキンよりも生理中における経血のしみ込み具合と漏れのなさが圧倒的に違います。

 

紙ナプキンの方が、しみ込みや漏れがすごく、肌に刺激となってしまうので合わない人だと、布ナプキンを愛用する人も多いのです。

 

布ナプキンはどんなものがあるのか?

 

生理中の肌のかゆみや、擦れ具合を考えると、オーガニック製の布ナプキンでデリケートゾーンに優しいナプキンがあります。

 

100%オーガニックの綿で作られている「100%オーガニック布ナプキン【LINTEN(リンテン)」という布ナプキンです。

 

nunonapukin

LINTENの布ナプキンは、見ても分かるようにデザインが可愛らしい布ナプキンです。

 

ですが、用途はかわいいだけではありません。

 

布ナプキンはムレにくい

 

布ナプキンは肌触りがよく、ムレにくいので、かゆいということが少ないのが特徴です。

 

nunonapukin2

 

薄さは同じなのに、布素材だけでこれだけの吸収力が違います。

 

なので、紙ナプキンを何度も取り替えなくてもこれ1枚なので、コスパ的にも嬉しかったりします。

 

また、

 

nunonapukin3

 

同じ量の紙ナプキンでも、布ナプキンはもれていないんです。

 

これは世界初の特殊構造で作られているので、モレずにムレないようです。

 

洗顔方法も手を汚さず非常に簡単なので、興味があったり、デリケートゾーンのかゆみが気になる方は、布ナプキンのトライアルもあるので、一度チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

意外と快適だったりします。

 

色々布ナプキンもありますが、かゆみやムレ、はき心地に関しては、LINTENの布ナプキンがおすすめです。

 

血液の臭いの対策方法についても載っているので、興味があったりデリケートゾーンがかゆい状態なくしてみて下さいね。

 

かゆみや臭いがどうしても気になる場合は消臭スプレーが便利。

 

やはり生理中はあの独特のムレやおりものの雑菌の臭いが気になる方も多いですよね。

 

ですがさすがに生理の臭い予防に『布ナプキン』がよくてもちょっと・・・という方は、少しお値段は高いのですがデリケートゾーンのムレやオリモノから発生する雑菌の臭いを殺菌してくれる医薬部外品の消臭スプレーなどもあります。

 

雑菌の数が減れば、生理の時のかゆみも減ります。

 

その消臭スプレーが『インナーブラン』という薬用ミストスプレーです。

 

 

製薬会社と共同開発されている医薬部外品として作られていて、気になる雑菌など悪臭の原因を消臭する『消臭殺菌成分IPMP』という成分が入っており、この成分が優れているが24時間消臭が持続されるという検査機関で実証されています。

 

デリケートゾーンということでジャウム成分として、イチョウエキス、チャエキスなど天然成分で、デリケートゾーンにも優し7つの無添加でデリケートゾーンに優しく作られています。

 

使い方は簡単で、気になる部分にシュッと吹きかけるだけ。携帯できるのでいつでもどこでもデリケートゾーンの消臭ケアができる優れものです。

 

クリームタイプの消臭アイテムだと、どうもべた付いてイマイチというものも多いですが、スプレーならただ気になる部分に吹き掛けるだけなので便利です。

 

24時間たっても99%の消臭力があり、雑菌もへらすので、生理の時のムレなどによる『かゆみ』や『臭い』が気になる方などにはあの不快なにおいを感じることなく、毎日快適に過ごすことができます。

 

医薬部外品のデリケートゾーンミスト【インナーブラン】を詳しく見てみる

 

 

まとめ

 

生理の時のかゆみや臭いはムレによる『雑菌』が繁殖しているのが原因です。

 

対処するには石鹸で良く洗うことが必要ですが、生理パットを取り換えると石鹸だけでは済まなく蒸れやすくなります。

 

そういう場合には、布ナプキン(むずかしいかもですが)に変えるか、無理ならば消臭スプレーが便利です。

 

消臭スプレーはデリケートゾーン物でないと、荒れてよけいにかゆみがでてしまうので『インナーブラン』のような医薬部外品の薬用スプレーなどを吹きかければ安心です。

 

いつでもどこでもクリームのようにべた付かずにデリケートゾーンケアができるので便利で、今なら返金保証付きのものもあるので気になる方や今すぐかゆみや臭いのをケアしたい場合は、公式ページ売っているので詳細をご覧ください。

 

生理の時以外にも、デリケートゾーンのかゆみや臭いが気になった時でも、携帯タイプのスプレーなのですぐにお手洗いとかでシュッとすれば、すぐに殺菌消臭できるので『いざ』というときにも持っていても損はないと思います。

 

デリケートゾーンミスト【インナーブラン】公式ページを見てみる

 



おすすめの記事