ケールの副作用について

midori

ケールは栄養素がとても豊富な緑黄色野菜です。しかし、ケールを食べるときに、副作用があるのか気になる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、ケールには副作用があるのかどうかについてご紹介します。

 

ケールについてはこちらの記事にてご紹介中です。⇒ケールの効能とお取り寄せ方法

 

スポンサーリンク


 

 

ケールの副作用

 

ケールは野菜であり、とても栄養価の高い緑黄色野菜です。そのため、副作用のような症状は基本ありません。安全な食材です。

 

ただし、食べ過ぎやアレルギーの場合は副作用のような症状がでるかもしれません

 

ケールはアブラナ科なので、ブロッコリーやキャベツなどのアレルギーを持っている方は気を付けた方が良いかもしれません。

 

遺伝も関連するので気を付けて下さい。

 

アブラナ科の緑黄色野菜のアレルギー症状としては、痒み、発疹、腹痛、胃痛、下痢、吐き気、嘔吐、呼吸困難症状などがあります。

 

また、ケールを過剰摂取した場合でも、下痢や吐き気など影響してしまう可能性もあるそうです。

 

上記のように、なんらかしらの症状が出た場合は、すぐにケールを食べるのをやめて病院でみてもらいましょう。

 

 

薬を服用している人は注意

 

ケールにはビタミンKが含まれているため、抗疑固薬などワルファリンを服用されている方、腎炎などの疾患がある人には、ケールを食べると悪影響になってしまう可能性があるそうです。

 

ケールを食べるときは、自己判断で食べず、医師の相談に従ってください。

 

副作用ではありませんが、アレルギー症状などは怖いので、アブラナ科の植物でアレルギーを持っている方はなるべく控えるか、医師の相談に従ってみて下さい。

 
粉末のケールはこちらから

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ