肌

プラセンタエキス原液・プラセンタ美容液を使いたい、買ったけれどただ塗っているだけという方も多いかもしれません。

 

せっかくプラセンタエキス原液を使うのであれば、効果的な使い方をしたいですよね。

 

そのことにより肌の乾燥やシワ、たるみなどの対策になり、美しく肌をみせることができます。

 

芸能人やモデルさんもたくさんの方がプラセンタ原液も使ってますよね。

 

(後藤真希さん、hitomiさん、辻希美さん、小倉優子さん、田中里奈さん、東尾理子さん、渡辺美奈代さんなど)

 

基本的に、フラコラやミュゼ、発酵プラセンタなど美容液や原液の使い方は一緒です。

 

ここでは、プラセンタエキス原液の効果的な使い方やスペシャルケア、Wケア方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

プラセンタエキス原液の基本的な使い方

 

肌の調子が良い

 

まずは一般的なプラセンタエキス原液の使い方についてご紹介します。

 

①クレンジングで化粧を落とす(化粧している場合)

 

②洗顔をする

 

③プラセンタ原液を塗る

 

※量は100円玉ぐらいの大きさ、約5~6滴

 

ここで勘違いする場合があるのですが、美容液なので化粧水の後に塗るというイメージがあるかもしれません。

 

プラセンタ原液の場合は、化粧水や乳液などの前に塗るの塗り方になります!

 

この辺を間違えると、プラセンタ原液の効果が半減してしまうのでお気をつけて下さい。

 

④化粧水や乳液などを塗る

 

この流れが、プラセンタエキス原液の基本的な流れです。

 

プラセンタエキス原液の効果的な使い方

 

では基本的なプラセンタ原液の使い方の次は、さらに効果的に使う方法をご紹介します。

 

お風呂上りに使う

 

顔をふく

プラセンタ原液は特にお肌を休ませて、お肌の肌のサイクルをアップさせる「夜」に使うのが良いとされています。

 

プラセンタには肌を綺麗にさせるターンオーバーを促す働きがあるので、夜にしっかり使ってみましょう。

 

夜に使う場合は、お風呂上りの後に塗ってみるがよいのですが、まずはプラセンタ原液を使う前にお風呂上りは脱水状態なので、お水をコップ1杯飲んで水分補給をしてください。

 

その後、リラックスしながらプラセンタエキス原液を塗ってみましょう。

 

身体も心もリラックスをしながら、肌にしみ込ませるように優しく塗ってください。

 

プラセンタエキス原液は気になるところを集中的に

 

洗顔

 

口の周りのほうれい線が気になる、目の下のしわがきになるなど、個人での特にお悩みがありますよね。

 

プラセンタ原液を効果的に使うには、全体にプラセンタエキス原液を集中的にトントンと軽くたたくように3回ぐらい塗って下さい。(重ね塗りする感じです。)

 

このとき、プラセンタ原液のエキスが足りないから新たにもう1摘出すのではなく、今手に出しているエキスの分で塗ってみてください。

 

プラセンタ原液を多く塗ったからといって、効果がでるというわけではないからです。

 

プラセンタ原液をつけたあとはすぐに化粧水を塗らない

 

洗顔後

 

プラセンタ原液を塗ったときは、肌に浸透される必要があります。

 

そのためすぐに化粧水や乳液を塗ってしまうわないように、塗った後、2~3分ぐらい待ってから、化粧水などを塗って下さい。

 

プラセンタ原液がお肌に浸透せずに化粧水の成分が加わると、効果が半減してしまうのでもったいないからです。

 

プラセンタ原液はすぐに肌に溶け込むわけではないので、少しお肌に浸透するまで待って、その後、化粧水を塗ってみてみましょう。

 

これはプラセンタ原液だけでなく、効果的な使い方はプラセンタ原液の後に塗る化粧水から乳液も同じ感じで、次に塗るには「間」を置いて塗ってみましょう。

 

そうすることで、いつもよりもお肌の感じが変わってくるかもしれません。

 

化粧水に混ぜてみる

 

プラセンタ原液を化粧水の前に塗るのではなく、化粧水に少量混ぜて使う方法もプラセンタ原液の効果的な使い方になります。

 

ただ、化粧水との相性があるのでやる場合は少量から試してから使うのがよいでしょう。

 

スペシャルケア

 

プラセンタ原液のスペシャルケアは、まずコットンにプラセンタ原液を適量つけて、それを気になる部分にパッティングするとパックのようなスペシャルケアになります。

 

コットンを使ってパッティングする方法は、プラセンタ原液を多く使うのでたまにしかできないですが、いつも塗るよりも効果的に多くプラセンタの成分を肌に与えることができます。

 

お肌が疲れているときに、プラセンタ原液を使ってみましょう!

 

プラセンタエキス原液のトラブルが出てしまった場合

 

肌トラブル

 

各プラセンタ原液の使用上の注意を守っていれば大丈夫なのですが、まれにプラセンタエキス原液でかゆみや赤くなってしまう場合があります。

 

赤くなってしまった場合、痛くない場合であれば好転反応の可能性があります。

 

今ご使用中のプラセンタエキス原液濃度が高い場合もあるので、水などで少し薄めて使ってみてましょう。

 

プラセンタ原液が高濃度エキスは良いとされていますが、全ての人に合うとは限らないからです。

 

そういう方は、次からはプラセンタエキス原液100%ではないものを選ぶとよいかもしれません。

 

プラセンタエキス原液で痛みが生じたり悪化した場合は、すぐにプラセンタエキス原液を使用するのを止めて下さい。

 

プラセンタ原液を使う前にパッチテストをしよう

 

プラセンタエキス原液を使う前に、自宅で手軽にできるパッチテストを行うと、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

パッチテストとは、太ももや二の腕など柔らかい部分にプラセンタ原液を塗って24時間放置します。

 

プラセンタ原液があえば何も起こらないのですが、合わない場合は何かしらかゆみが生じたり、痛みが出る場合もあります。

 

その場合はすぐに使用をやめて、洗い流し、使うのを止めるか、他のプラセンタ原液を購入しなおすのが良いでしょう。

 

プラセンタ原液にも馬・豚などプラセンタがあるので、どちらかが合わないという可能性もあります。

 

プラセンタ原液を効果的に使おう!

 

プラセンタ原液を効果的に使うには、まずはクレンジングや洗顔後で化粧水を使う前に使うようにしてみましょう!

 

プラセンタ原液は肌に嬉しい栄養も多く、肌のサイクルアップもできるので、使い続けることで美容にとても嬉しい実感があると思います。

 

色々なプラセンタ原液の使い方をして肌に塗って、自分に合ったスペシャルケアな使い方をしてみてはいかがでしょうか?

 

プラセンタ原液には馬や豚のプラセンタがあって、馬のプラセンタの方が質や栄養は豊富なので今後使ってみる場合は馬のプラセンタもおすすめですよ。

 

肌には内側からもケア必要?プラセンタ原液と合わせると良い?

お肌をさらにきれいにしたく内側からもお肌と体のWでキレイをを実感したい方は、プラセンタ原液に+αとしてプラセンタのドリンクやサプリメントを同時に飲んでみるのがおすすめです。

 

きれいになりたいのであれば原液での外側のケアだけでなく、内側からのキレイも必要になるからです。

 

プラセンタ原液を塗っても、「なんだかお肌がイマイチ」という場合は内側ケアも必要な場合もあります。

 

そもそもお肌がイマイチなのは、お肌の乾燥など以外にもホルモンバランスの乱れが主な原因なので、体だけでなく、肌にダイレクトに現れてしまいます。

 

「疲れ顔だな・・・」と思ったら、それは内側のホルモンが乱れている可能性もあります。

 

乱れたホルモンを整えてあげることで、身体も元気になり、プラセンタ原液が発揮されてお肌も健康的になってきます。

 

内側のケアはホルモンの関係もあるので、プラセンタ原液だけでは対応できない場合もあります。

 

ホルモンバランスの乱れは、疲れやストレス、生理、閉経、生活習慣の乱れ、睡眠不足などささいなことでも乱れやすくなってしまいます。

 

ではなぜプラセンタサプリやプラセンタドリンクが良いのかというと、プラセンタには「ホルモンのバランスを整える作用がある」とされていています。

 

そのためプラセンタサプリやドリンクなどを飲んでホルモンに働きかけることで調整させることが期待できます。

 

実際にプラセンタ原液とサプリメントやドリンクを飲んだ人は『疲れ具合が違う』、『目覚めがすっきりする』、『体調がよいので肌の具合も良い』、『肌の実感具合が違う』などの口コミもあります。

 

ちなみにプラセンタ原液を使っている人は、プラセンタ原液とサプリorドリンクのどちらかの併用という形で「Wケア」をしている人が多いみたいですよ。

 

プラセンタサプリとドリンクどちらがよい?

 

「内側ケアもしたい」と思ったけれど、プラセンタサプリメントとドリンクはどちらを飲めばよいのか悩まれるかもしれません。

 

プラセンタサプリメントとプラセンタドリンクの違いは、実感の速さです。

 

プラセンタドリンクの場合サプリメントと比べると、プラセンタの配合量が多い・吸収力が高いので、実感具合への即効性が期待できるとされています。

 

そのため、すぐに実感したい人はドリンクが良いでが、その分お値段は少し高くなる場合が多いです。

 

逆にサプリメントは、毎日飲み続けるので実感具合は遅くなるかもですが、徐々に実感具合を感じる方が多いです。その分お値段も1粒が1本分のドリンクよりかは安い計算になります。

 

個人差にもよりますが、

 

  • 即効性が高いのが「プラセンタ注射」
  • なかなかの即効性が「ドリンク」
  • 少し遅いのが「サプリメント」

 

となります。

 

プラセンタの注射はなかなか抵抗がありますが、プラセンタドリンクとサプリメントならば続けられそうですよね。

 

プラセンタドリンクはサプリメントと比べると実感具合の即効性は良いのですが、入っている本数が少ないです。

 

1本にプラセンタがギュッと凝縮しているので、すぐに多くの美容成分が取れるので、急いでいる方、その時に何とかしたいという方には向いています。

 

サプリメントはドリンクと比べると実感具合は遅いですが、1ヶ月分毎日取れるのでコスパが良く、飲み忘れがなければ毎日飲めるて続けられることです。毎日プラセンタを取って美肌を目指したい方には向いています。

 

 

プラセンタ原液を併用しながら、プラセンタドリンクやサプリメントを飲むことで内側と外側のWケアができます。

 

「今すぐきれいになりたい」、「今使っている化粧水だけではイマイチだからプラセンタに頼りたい」、「年齢肌を何とかしたい」というならばお肌のケアにはもってこいです。

 

ぜひプラセンタ原液を使いながら、サプリやドリンクなど飲める人は飲んでみてきれいを目指してみてはいかがでしょうか?

プラセンタ原液を使っている人は他にもこんな化粧水などを使っています。

スポンサーリンク