スプラウト

ブロッコリースプラウトは、身体に嬉しい栄養素が含まれています。

 

しかし、よい食品だからといって食べ過ぎはよくありません。

 

そこで今回は、ブロッコリースプラウトの食べ過ぎによる副作用があるのかについてご紹介します。

 

ブロッコリースプラウトの摂取量とは?

 

食べる

 

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンの抗酸化作用が3日持続します。

 

普通の食品であれば、毎日食べるのが定番ですよね。

 

しかし、ブロッコリースプラウトに関しては、そのため、毎日摂取する必要はありません。

 

3日に1度、1パックの頻度で大丈夫です。

 

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンの1日の摂取量目安は30㎎(ブロッコリースプラウト1.5パック、ブロッコリー1株分未満)となっています。

 

ブロッコリースプラウトの食べすぎで副作用が出る?

 

疑問

 

ブロッコリースプラウトは野菜なので、副作用はありません。

 

副作用とは薬を飲んだ時にあるものです。なので副作用という言葉はないのです。

 

ブロッコリースプラウトは野菜なので、多少取りすぎても大丈夫とされています。

 

ですがブロッコリースプラウトをあまりにも過剰摂取すると、身体に負担がかかってしまいます。

 

そのためブロッコリースプラウトを過剰摂取した場合は、副作用のような症状がでる場合もあるかもしれません。

 

何でもそうですが食べ物を食べ過ぎと起きるような症状と同じ感じで、あまりにも食べ過ぎれば下痢か便秘などになる場合もあります。

 

そのためブロッコリースプラウトを過剰に食べ過ぎると、身体は良くないので気をつけてくださいね。

 

ブロッコリースプラウトはできるだけ1日の摂取量を守るようにしてください。

 

ブロッコリースプラウトは肝機能に良いとされているので、食べ過ぎなければ良い味方となると思います。

 

まとめ

 

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは、毎日食べなくても良く3日に1回でOKです。

 

結局のところブロッコリースプラウトを食べ過ぎても不要な分は外にでてしまうので、スーパーなどでパック売りされているものを1個食べるぐらいの量で充分ですし、たくさん取ればいいという話でもないので。

 

食べ過ぎては身体の負担、金銭不安にもなるのである程度の量を食べるだけが良いかと思います。

 

ブロッコリースプラウトだけでなく、他の食べ物とバランスよく食べてみましょう。

 

ブロッコリースプラウトの効能と摂取量については下記の記事にてご紹介中です。

 

⇒ブロッコリースプラウトの栄養効果と量について

 

興味がある方はブロッコリースプラウトを食べて健康な体を目指してみてはいかがでしょうか。

 

手軽で簡単に飲める!抗酸化作用の酵素が入っているお茶はこちらから

 

スポンサーリンク

おすすめの記事