みんなの家庭の医学 お茶が血管の老化予防?

2017年7月11日のテレビ朝日で放送された「たけしのみんなの家庭の医学」の番組の中で、血管の老化防止を紹介していました。

 

そのカギはお茶に含まれる栄養素?

 

ここでは、みんなの家庭の医学で放送された血管の老化予防が期待できる栄養素や、お茶の飲み方などに関してのこと番組をまとめてみました。

スポンサーリンク



血管の老化予防に良い栄養素とは?

 

体内の血管の老化の原因となる悪玉コレステロールが増えると、血管が酸化(老化)しやすくなります。

 

酸化させてしまうと、血管が詰まりやすくなり動脈硬化などになってしまいます。

 

しかし、ある栄養素「エピガロカテキンガレート」という栄養素が、酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

 

このエピガロカテキンガレートが含まれるのが「お茶の茶葉」です。

 

 

この栄養素を取ることで、動脈硬化をストップが期待できたり、若い血管年齢が目指せるということになるのだそうです。

 

 

どのお茶が栄養素が良く取れる?

 

 

お茶にも種類や作り方ががあって、

 

・玉露の種類は、玉露・抹茶

★玉露を粉末にしたのが抹茶

 

・煎茶の種類は、煎茶・ほうじ茶

★煎茶を焙煎したのがほうじ茶

 

に分かれます。

 

この中で一番エピガロカテキンガレートが取れるのが、「煎茶」です。

 

煎茶はエポガロカテキンガレートが340㎎/1Lに対して、ほうじ茶は20㎎/1Lの約17倍の差があります。

 

一番少ないのがほうじ茶です。

 

玉露の場合は、シートで暗くして日光を当てないのですが、煎茶の場合は日光を当てるので多く含まれているのだそうです。

 

ではなぜほうじ茶は少ないかというと、煎茶を焙煎すると「エピガロカテキンガレート」は分解して減ってしまうだからなのだそうです。

 

それならば、煎茶を飲んだ方がいいですよね。

 

ただ、そんな煎茶を効率よく飲む方法があります。

 

お茶を効率よく飲む方法

 

その① お湯の温度に気を付ける

 

 

エピガロカテキンガレートを効率良く飲むための方法のその①が、「お湯の温度」。

 

煎茶を飲む際は、沸騰したお湯で飲むが良いそうです。

 

高温の方が栄養素が溶けるのだそうです。

 

ちなみに、お茶の渋み成分がエピガロカテキンガレートかと思いますが、この渋み成分はカテキンなのだそうです。

 

※飲むときの注意点

 

お茶にはカフェインが含まれているので、飲みすぎや取りすぎないようにしてお茶を飲んでみてくださいね。

 

ただ、沸騰した熱いお湯での飲み方では、3割ほどしか動脈硬化予防のエピガロカテキンガレートが取れていないのだそうです。

 

それはなぜか?

 

それが、効率よく飲む方法その②になります。

 

その② ○○にして飲む

 

みんなの家庭の医学では、「鹿児島県」で調査していました。

 

鹿児島県はじつはお茶の名産地。お茶の名産地「静岡」と思いきや、お茶の生産量日本一は鹿児島県なのだそうですよ。

 

 

知覧茶とかが有名なのだそうです。そこで飲んでいた方法がその②の○○に当てはまります。

 

効率よく飲む方法その②が「粉末にして飲む」ことです。

 

粉末といわれてもぱっとしないかもしれませんが、回転ずしのお店などにある粉末タイプのお茶です。

 

この煎茶の粉末のお茶を飲むことで、お茶まるごと飲めてしまうので効率よく飲めることができます。

 

鹿児島県のお茶の取り方

 

ご参考までに、みんなの家庭の医学で紹介していた鹿児島県の人が粉末緑茶(煎茶の粉末など)の飲み方をご紹介。

 

お湯に溶かして飲むのも良いですが、

 

  • ペットボトルのお水に、パッと煎茶の粉末を入れる(ペットボトルをシャカシャカして完成)
  • 焼酎(鹿児島なので芋焼酎を飲んでいました)と煎茶の粉末を割って飲む
  • ペンタイプのものを振って飲む

 

方法で飲んでいたりするそうです。

 

煎茶の粉末を取っていた人たちで、お酒で割って飲みつつ、油っぽい食べ物を食べていた人でも、血管年齢が平均して-4歳ほど若い感じでした。

 

他のお茶には血管の老化防止の成分は入っている?

 

紅茶などのにはエピガロカテキンガレートが入っているかなと思いますよね。

 

茶葉なので入っているのは入っているようですが、あまり多くないようなので、煎茶・緑茶の方が量は多いみたいですよ。

 

粉末煎茶はこちら

 

鹿児島県の地覧茶の粉末がありました。

 

 

 

煎茶の粉末。スティックタイプで80本入と量が入っているので安いです。

 

 

 

スーパーなどで煎茶は売っていますが、粉末タイプは少ないかもしれないので、通販などでチェックしてみると色々ありました。

 

まとめ

 

緑茶の中でも煎茶が、動脈硬化防止のエピガロカテキンガレートの栄養素が多いので、できれば煎茶をスーパーなどで購入して沸騰したお湯で飲んでみて健康を目指してみてくださいね。

 

ただ夏だと暑いお茶はきついので、粉末タイプの煎茶なども便利ですよね。お酒が好きな方はお茶割にして飲むことで、わりと体に優しいお酒になるので嬉しいかと思います。

 

お茶ばなれとなっていますが、飲み続けると美味しく体にも良いものなので、お茶ばなれしている方はこれを期に飲んでみるのはいかがでしょうか?

 

苦手でも飲みやすいお茶

 

美味しんぼうの101巻やテレビ・雑誌・新聞などでも紹介されている100%オーガニック緑茶があります。それが「白井田七。茶」です。

 

茶葉は粉末なのでカテキンなどもしっかりとれますが、苦みが少なくまろやかな飲み心地で抹茶のような飲みやすさがあります。

お茶の独特の苦みが苦手な方にはおすすめで、このお茶は「アレルギー性鼻炎・鼻炎・花粉症」などにも良いとされています。

 

【白井田七。茶】の分かりやすい説明はこちらから

 

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ