アルマードのチェルラーパーフェクトエッセンス口コミ

アルマードのチェルラーパーフェクトエッセンスは他の化粧水と少し違う化粧水です。

 

それは、チェルラーパーフェクトエッセンスには「卵殻膜」を使っています。

 

一体この卵殻膜って何なのか?この化粧品はどのような使用感なのか?

 

ここでは、アルマードのチェルラーパーフェクトエッセンスの体験記口コミなどを書いていきたいと思います。



 

アルマードの卵殻膜とはいったい何?

 

アルマード化粧品には、卵殻膜が入っています。

 

 

卵殻膜とは、卵の内側の薄い膜(薄皮)のことです。

 

卵の内側のあの白い部分に一体・・・?なんて思いますよね。

 

卵は親鳥が栄養を与えなくても、温めておくと身体があり、羽がありの雛が生まれますよね。

 

 

普通ならば親からの胎盤とかで栄養を与えるのに、なんでと思いますが卵殻膜には不思議なパワーがあるとされているそうです。

 

 

相撲部屋でも、卵の卵角膜を傷口に貼っているなど生活でも使われているそうです。

 

 

卵殻膜の美容成分がすごい

 

卵の主成分のタンパク質には、18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、プリテオグリカンなどの成分が自然に含まれています。

 

アミノ酸は人の肌に近いアミノ酸なので、体には必要不可欠な成分です。

 

また、美肌に必要な「シスチン」というアミノ酸も含まれていて、大豆や小麦などもに多いようで、これらと比較しても圧倒的な量が入っており、シミやそばかすにも良いのだそうですよ。

 

卵殻膜はⅢ型コラーゲンをサポート

人の身体は70%はⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンで作られています。

 

特にⅢ型コラーゲンは、「柔軟性コラーゲン」ともされていて肌や弾力を保つ役割を果たします。

 

ただ、25歳になるとⅢ型コラーゲンの量は減少していき、お肌の曲がり角はまさに「コラーゲンの量が減る」ことが原因の一つともされているそうです。

 

この差がわかりやすいのが、赤ちゃんの肌です。もちもちしてて、ふっくら肌で思わず触りたくなるような肌ですよね。

 

 

赤ちゃんの肌はⅢ型コラーゲンが最も多く含まれているので、大人の肌と比べると雲泥の差なのだそうです。

 

そのため大人になるとⅡ型コラーゲンが減ることで、皮膚が硬くなって、肌の弾力が失われてしまうのだそうです。

 

卵角膜には、こんなⅢ型コラーゲンをサポートする役割があるとされています。

 

卵殻膜の肌の効果が・・・

 

アルマードと東京大学が共同研究している卵殻膜の力は、

 

・若々しい肌のⅢ型コラーゲンをサポート

・みずみずしい肌でふっくら肌を目指しハリやツヤを

・豊かな潤いを与え、柔らかくなめらかな肌を

・透明感のあるクリアな肌へ

・アミノ酸で構成されているので、肌の角質層まで浸透

 

など卵殻膜は美肌への力が実証させているのだそうです。

 

そんな美肌に嬉しい卵殻膜が含まれているのが、アルマードの化粧品です。

 

アルマードのチェルラーパーフェクトエッセンスとはどんな化粧品?

東京大学と共同開発している美容成分「卵殻膜」が使われている化粧水です。

 

モンドセレクションでも金賞を受賞し、9種類と3つの美容成分が配合されていて保水・保湿・エイジングケアをサポートする潤い持続化粧水です。

 

パラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、着色料、合成香料、防腐剤なども含まれていないので、お肌に優しい化粧水です。

 

アルマード チェルラーパーフェクトエッセンスの詳細ページはこちら

 

 

アルマードのチェルラーパーフェクトエッセンスはどんな口コミがある?

 

口コミを調べてみると、

 

・とても肌に馴染んだ(30代女性)

・保湿力がいい(40代女性)

・値段は高いけれど化粧品アレルギーでも使えた(20代女性)

・香りはイマイチだけど、肌には良かった(30代女性)

・乾燥肌が気にならくなった(40代女性)

・肌にしっとり使用感がいい(50代女性)

 

などの口コミがありました。アレルギーの人でも使えるみたいなので、肌に優しそうな感じはしますよね。

 

が実際にはどうなのか?使ってみました。

 

試してみた体験口コミをしてみる

 

アルマードのチェルラーパーフェクトエッセンスを試してみることにしました。

 

 

使用量はどのくらい?

 

1本の量は130mlも入っています。

 

わりと大きいので、朝と晩使っても1ヶ月以上は持ちそうな感じです。

 

容器が若干重いのか、ずっしり感があります。しっかりとしたボトルに入っていました。

 

 

蓋を取ってみると、こんな感じ。

 

容器がピンク色なので、とてもかわいらしいです。

 

色や香りはどんな感じ?

 

化粧水の色は、着色料は入っていなので、無透明の色をしています。

 

 

 

チェルラーパーフェクトエッセンスの香りなのですが、植物の花や果物の皮、葉っぱや樹皮などの9種類のエッセンスオイルから含まれています。

 

合成香料が入っていないので天然の香りのようですが、花のような香りが結構します。お花屋さんのような香りです。

 

個人的にあまり花の香りは好きではないので、香り面では好みがわかれるかもしれません。

 

ただ人工的な香りのいい香りでなく、リアルな花とかを思い出させそうな香りなので本当に合成香料つかっていないんだなと思います。

 

毎日化粧水するものなので、慣れれば大丈夫ですが個人的には好きな香りではないです。

 

使用感はどんな感じ?

 

1回の量は適量で大丈夫だと思います。乾燥肌の人は、重ね塗りをするとよいそうですよ。

 

テクチャーはサラサラしています。

 

サラサラしていて伸びもいいので、自然と肌になじみました。顔にもなじむ感じで、気持ちは良いです。

 

↓明るいところで撮ったので、肌が白くなったというわけではないです。

 

テクチャーを伸ばすほど香りがするので、植物やお花が好きな人はリラックスしたり、心地よくスキンケアができると思います。

 

個人的には香りは微妙ですが、伸びがよいのでそこまで化粧水を使わなくてもいいと思います。

 

オイルが入っているのに使った後はべた付かないので、よくお肌の状態もいい感じです。

 

オイルのべたべた感一切ないです。化粧水なのに、美容液まで言っている感じもします。

 

たださらっとしているので、乾燥肌は一度乾いたら2度重ね塗りした方がいい感じはしました。

 

敏感肌でも使える?

 

私の場合肌は弱いので、使っても大丈夫でした。

 

ただ、個人的な使用で生理の時に使ったら吹き出物が多少できたので、普通の時に合うかなと思いました。

 

生理の時は脱水状態になって肌質も多少変化するので、終わった後や前に使っています。

 

アレルギー持ちの方でも使えるので、この辺は使ってみないとわからない面もあるかと思います。

 

ただ、普通の時にする化粧水は良かったですよ。

 

 

成分

 

成分気になる方もいらっしゃると思うので、一応載せておきます。

 

写真だと見にくいかもしれませんが↓のような感じです。

 

 

一応引用文を載せておきます。

 

水、BG、グリセリン、グリセリルグルコシド、ペンチレングリコール、加水分解卵殻膜、グルコシルセラミド、パルミトイルトリペプチド-38、カンゾウ根エキス、カニナバラ果実エキス、ダマスクバラ花油、ユズ果皮油、グレープフルーツ果皮油、レモン果皮油、ローマカミツレ花油、パルマローザ油、オニサルビア油、マヨラナ葉油、エンピツビャクシン油、アルギニン、α-グルカン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ラウリン酸ポリグリセリル-5、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸

引用:アルマード公式サイト

 

どこで買える?

 

チェルラーパーフェクトエッセンスは、アルマードの公式サイトで購入することができます。

 

若干お値段は良いのですが、卵殻膜など栄養素が豊富です。

 

普通ならばアミノ酸や、コラーゲンサポートなどの成分はサプリメントなどで補充するものなのですが、チェルラーパーフェクトエッセンスの化粧水はこれ1本に栄養素がたくさん入っているので、ダイレクトに肌に直接栄養を与えられるので美肌を目指すならば効率がいいかなと思います。

 

サプリメントに限らず、普通の化粧水で美肌成分が入っているものは多いですが、アミノ酸など肌本来に必要なものはそこまで入っていないものも多いので、美肌を目指したい人には向いていると思います。

 

なんといっても25歳以上から肌の弾力に必要なⅢ型コラーゲンが減るので、卵殻膜入りのこの化粧水で何とか助けてもらいたいものですね。

 

気になる肌にはやはり栄養不足というものもあるので、この機会にしっかりケアしてみて潤い美肌を手に入れてみませんか?

 

アルマード チェルラーパーフェクトエッセンスの公式ページはこちら

 



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ