みんなの家庭の医学 お腹ぐ~が老化防止?


2017年2月14日のみんなの家庭の医学で放送された「老化ストップ」特集で、老化防止にはお腹のぐ~の音の元となる「あるホルモン」が良いとされていました。

 

ここでは、みんなの家庭の医学で紹介された老化ストップホルモンやお腹ぐ~がなぜよいのかの番組まとめをご紹介します。

 

スポンサーリンク



老化現象とは?

 

通常は体には60兆もの細胞があり、酸素を使ってエネルギーを作り日々の体を動かしたり、体が作られているとされます。

 

しかし歳をとると、細胞がしっかり酸素を使えないとさていて、酸素がうまく取り入れられないとエネルギーに作られず体を動かすことができないとされます。

 

これが、老化現象とされています。

 

また、酸素が少ないとエネルギーがないので、体に溜まりやすい老廃物が溜まりやすくなり、細胞も老化してしまうとされているそうです。

 

やはり少しでも老化はしたくないもの。

 

老化ストップには老化ストップホルモンを出すと良い?

 

みんな家庭の医学によると、老化防止ストップのホルモンがあるそうです。

 

老化防止ストップホルモンとは、見た目だけでなく、心臓や血管、腎臓などの臓器が若返るホルモンのことをいいいます。

 

そんな老化ストップホルモンは何かというと、

 

グレリン」というホルモンです。

 

グレリンは体内で作ることができる

 

グレリンは体内で作ることができるとされています。

 

老化ストップホルモンのグレリンを増やすことで、しっかり酸素を取り入れてエネルギーに利用することができるそうです。

 

さて、そんなグレリンは体の中でどのように増やせばよいのか?

 

グレリンを増やす方法

 

グレリンを増やす方法は、「お腹のぐ~」という音で、お腹の虫を鳴らすことです。

 

お腹の虫とは、空腹のときになる音を示しています。

 

この空腹のときになるぐ~というお腹の音が、「グレリンの作用」とされています。

 

グレリンの作用

 

お腹のぐ~という音が鳴ることで、空腹を感じると、胃からグレリンが大量に分泌されるとされています。

 

グレリンのピークは空腹状態。

 

なので、1日3食分お腹のぐ~という音がなってから食事をとることで、老化防止ストップホルモンのグレリンを出すことができるということになります。

 

グレリンを妨げる生活習慣

 

グレリンを妨げるのは、空腹の状態を邪魔してしまうことです。

 

つまり、老化防止ストップホルモンのグレリンの大敵は「間食

 

なので、間食が多い人はもしかしたら最近お腹のぐ~という音を聞いていないかもしれません。

 

お腹のぐ~の音を聞かなくても

 

お腹のぐ~がならなくても、お腹が空いた状態でもグレリンの分泌量は多いそうです。

 

ですが、できるだけお腹のぐ~の音が良いので、間食してしまう場合はお菓子などをしまったり、運動したりすると良いと思います。

 

みんなの家庭の医学では、食べ物が大好きな人が実験をしていて、お腹が減らない場合は料理番組を見るとぐ~というお腹がなっていました。

 

まとめ

 

大人になると、どうしてもお菓子や間食をしやすくなって「お腹がのぐ~」という音が聞かなくなりましたよね。

 

老化を防止したい場合はできるだけお腹のぐ~を聞けるように、食べ過ぎず簡単に老化防止ホルモンのグレリンを増やして、健康長寿をめざしてみませんか?

 

みんなの家庭の医学で放送された内容

みんなの家庭の医学 脂肪のサビの原因やチェック方法

奥園流 老化のサビ防止スイーツレシピ

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ