熱中症対策の飲み物として牛乳が良いのはなぜ?

暑くなると熱中症対策が欠かせなくなりますよね。

 

熱中症対策の飲み物といえば、スポーツドリンクなどを思い浮かぶかもしれません。

 

じつは、意外な飲み物として熱中症対策に牛乳が良いとも言われています。

 

なぜ熱中症対策の飲み物が牛乳?と思われるかもしれません。

 

ここでは、なぜ熱中症対策の飲み物として牛乳が良いのかをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

なぜ熱中症になる?

 

運動などで汗をかいたりすると、水分量が汗となりたくさん失われます。

 

血液中から失われる水分量でも約100mlとも言われているほどです。

 

水分だけでなく、塩分(ナトリウム)なども減ってしまうことで、体温を調整する働きも弱くなってしまいます。

 

そうすると、温度管理ができずに熱中症になりやすくなってしまいます。

 

じつは、熱中症対策にはただ水分を補給すればいいというわけではありません。

 

体には水分の他に不足した塩分(ナトリウム)の補給もしなければなりません。

 

 

なぜ牛乳が熱中症に良いのか?

牛乳には塩分(ナトリウム)が含まれていない飲み物なのに、何故良いの?と思いますよね。

 

牛乳に含まれる血液中のアルブミンというタンパク質に関連してくるからです。

 

アルブミンは、血液中に水分が取り込まれて集める働きがあります。

 

このことで、血液の量が増加します。

 

なぜ血液の量が増えると良いかというと、弱っていて機能が悪い体温調整をあげるからです。

 

汗がかきやすくなってたり、皮膚の熱を外に出す機能が高まることで体温調節されるからです。

 

また、牛乳には他にも栄養素が含まれています。

 

牛乳には、

 

・カルシウム

・脂質

・タンパク質

・ビタミンB2

 

牛乳は熱中症対策だけでなく、同時にカラダに必要な栄養分も補給できる飲み物なのです。

 

熱中症対策の牛乳の飲み方

 

 

運動直ぐ後、30分以内に牛乳を飲むと良いとされているそうです。

 

そんなに牛乳無理だわ・・と思ったら、ヨーグルトなどの乳製品でも良いです。

 

飲むヨーグルトなどは、牛乳が苦手な人でも飲みやすいと思います。

 

運動後であれば、身体の燃焼として糖質も使われて効率が良いからです。

 

30分の運動やウォーキングであれば、コップ1杯で充分です。

 

牛乳をウォーキング後に飲むことで熱中症に負けない強い身体が作れます。

 

激しいスポーツなどをする人などは、暑さに負けない体作りとしては良いかもしれませんね。

 

 

スポーツドリンクを飲みすぎるときの危険性

 

スポーツドリンクでも良いですが、スポーツドンリンクは「激しい運動をしたときの水分補給」と言われています。

 

そのため、炎天下を歩くだけで特に激しい運動をしすぎるは、500mlで100~150kcalもあるとされています。

 

スポーツドリンクは塩分と水分が取れる一方で、「糖質」も豊富に含まれています。

 

そのため、これを消費するには適度な運動が必要となります。

 

そのためウォーキング程度の人が暑いからと言ってたくさんのスポーツドリンク飲んでしまうことで、熱中症対策というよりも太ってしまいやすくなります。

 

適度にとってみて下さいね。

 

 

熱中症対策対策に良い飲み物 番外編

 

熱中症対策に良い飲み物として「甘酒」があります。

 

甘酒は健康や美容にも良いので、興味がある人は飲んでみて下さいね。

 

なぜ熱中症に良い?甘酒の効果・効能はこちらから

 

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ