膝の黒ずみの取り方 原因とケア方法

hizano

いつの間にか膝の黒ずみができてしまっていることがありますよね。

 

手などの肌と比べると足は白い方なので、余計に膝の黒ずみが目立ってしまいます。

 

そうすると、膝が見えるスカートやパンツなどオシャレなども制限されやすくなってしまいます。

 

そんなのは嫌ですよね。

 

ここでは、膝の黒ずみができてしまう原因と、膝の黒ずみの取り方のケア方法についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

膝の黒ずみの原因とは?

悩み

メラニン色素の色素沈着

 

メラニン色素が膝に色素沈着をしてしまうと黒ずみの原因となります。

 

色素沈着とは、肌でいうならばシミのようなものです。ただし、膝の黒ずみは、肌のシミよりかは薄い感じはあります。

 

肌のシミも、何らかの原因でメラニン色素が大量に分泌してしまい、色素沈着してしまうのが原因です。

 

 

膝の乾燥

 

膝のケアをされない人が多いと思います。

 

膝の関節部分は、他の肌とは違って汗腺や皮脂腺が少ないのが特徴です。

 

そのため、保湿がされていないと肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

膝と一緒で、肘なども乾燥して黒ずみができてしまうのは同じ理由だったりします。

 

皮脂などは多すぎてもダメですが、無さ過ぎると肌の保護する力が弱くなってしまいます。

 

肌が乾燥することで、摩擦の衝撃を受けやすくなったり、肌の生まれ変わりをするターンオーバーが遅れてしまって膝の黒ずみが治らない状態になってしまいます。

 

 

古い角質の汚れ

 

ターンオーバーが遅れてしまうと、肌には古い角質が残ってしまいます。

 

これが、膝の黒ずみとして残ってしまいます。

 

 

摩擦

 

正座をしたり、膝をついたり、きついズボンなどをはいていると、膝に摩擦を起こしてしまいます。

 

摩擦が起きてしまうと、肌が傷つきやすくなって肌が弱くなってしまいます。

 

そのため、膝をよくついたりする幼稚園や保育園の先生や、介護士の人は立ち座りが多いので、わりと膝の黒ずみができやすい場合があります。

 

 

ムダ毛処理での肌が傷ついている

 

ムダ毛を処理する時、カミソリなどで行うと角質までもそぎ落としてしまいます。

 

そのため、肌が傷ついている状態となっているので、膝の黒ずみができやすくなってしまいます。

 

 

紫外線

 

膝が見えるスカートやズボンなどをはいて紫外線に当たってしまうと、膝にメラニン色素が大量に分泌をしてしまいます。
メラニン色素は、過剰分泌しすぎると膝の黒ずみの色素沈着の原因になってしまいます。

 

 

膝の黒ずみにも年齢肌で影響される

疲れる1

顔などの年齢肌と同じで、膝の黒ずみも年齢肌が影響される場合があります。

 

じつは、肌年齢も20歳ごろから徐々にハリや弾力がなくなってきます。

 

膝は、曲げたり伸ばしたりする部分でもあります。

 

そのため、皮膚の伸びが生じて、しわやたるみができやすくなってしまいます。

 

すると、膝の黒ずみの原因になりやすくなってしまうのです。

 

 

膝の黒ずみの解消方法

 

 

ターンオーバーを促す

 

膝の黒ずみを取る方法は、ターンオーバーを促して古い角質を落とし、新しい肌へと再生させて徐々に薄くしていきます。

 

ターンオーバーは28周期で1回なので、すぐに膝の黒ずみが取れないというわけではありません。

 

ターンオーバーが遅れてしまうと、どんどん膝の黒ずみが解消されるのが遅くなってしまいます。

 

ターンオーバーを促す方法とは?

寝る

  • 生活習慣を見直す
  • 睡眠をきちんととる
  • 野菜や果物を食べてビタミンを取る
  • 膝に刺激を与えない

 

膝はできるだけ、床に着けず刺激を与えないようにしてみてください。

 

 

衣類の摩擦を軽減

 

ズボンなどきつい衣類を着ていると、肌に摩擦を与えてしまいます。

 

ゆったりとした膝になるべく摩擦のあたらないゆとりのある衣類をきてみましょう。

 

 

洗顔方法を気を付ける

石鹸

入浴時はナイロンタオルを使わず、ごしごし洗わないようにして膝を洗うようにしみてましょう。

 

ごしごし洗ってしまうと、膝が傷つきやすく乾燥してしまうからです。

 

 

紫外線対策をする

hiyake

紫外線は、膝の黒ずみの原因となるメラニン色素の分泌を増やしてしまいます。

 

できるだけ紫外線に浴びそうなときは、日傘や膝の隠れるスカートやズボンを紫外線予防をしてみましょう。

 

難しい場合は、日焼け止めを塗っても良いです。

 

【関連記事】かぶれない日焼け止め かぶれの原因と選び方

 

 

重曹ケアをする

 

新陳代謝を活性化させて、ターンオーバーを促して黒ずみを取る方法になります。

 

【関連記事】膝の黒ずみに重曹は効果があるのか? ケア方法

 

 

膝のムダ毛処理に気を付ける

 

ムダ毛を処理する場合、できるだけカミソリは控えるようにしてみましょう。

 

膝の脱毛には、脱毛ワックスなどが便利です。

 

【参考】「ブラビアンカ シュガー ワックス」

 

 

膝の黒ずみの保湿をする

hositusuru

肌の乾燥は、ターンオーバーのが遅れてしまう原因となってしまいます。

 

なんといっても、一番膝の黒ずみを解消するのに大切なのは「保湿」です。

 

肌が保湿されていれば、ターンオーバーは促されます。

 

そして、膝の黒ずみの原因であるダメージ肌や刺激も受けにくくなるのです。

 

 

膝の黒ずみ専用のクリーム・ジェルを使う

 

膝は極度に乾燥しています。普通のボディクリームでは膝の場合、あまり保湿されません。

 

膝に潤わせるには、十分な保湿成分が必要となります。また肌に優しいものを選ばないと、黒ずみや肌のブツブツの原因になってしまいます。

 

そのため、膝の黒ずみ専用のクリームやジェルを使うと、膝に必要な成分や保湿成分が配合されているので、黒ずんだ膝に直接アプローチすることができます。

 

真っ黒な黒ずみで悩んでいる方は、膝の黒ずみ解消方法や膝のケアをして、黒ずみのない綺麗な膝を目指してみて下さいね。

 

 

☆口コミで評判のある膝専用のクリームでケアしよう

 

・LusTer/ラスター



膝↓(ひざ・くるぶし・すね・ふくらはぎ)の気になる黒ずみケアができるクリーム。

5つの薬用美白成分が入っており、ムダ毛処理後のケアも可能で黒ずみ防止。

日本製で無添加。敏感肌にも使えて美脚を目指すことができます。

 

・ロコシャイン


膝・肘の黒ずみを1日2回塗るだけの薬用美白クリームジェル。

厳選された7成分+9種類の天然植物由来成分が配合されていて黒ずみへとアプローチ。

無添加で敏感肌も使えて、うぶ毛の除毛クリームも配合で美脚抑毛も可能に!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ