膝の黒ずみを消す方法 速効性があるのは?


hiza2

膝の黒ずみがあると、なかなか膝を出しにくくなりますよね。短いスカートや海やプールに行っても気になっちゃいませんか?

 

膝の黒ずみを消す方法は、ターンオーバーを繰り返して黒ずみの原因となる古い角質を落としていき、徐々に膝の黒ずみを薄くしていきます。

 

その中でも、膝の黒ずみを消す即効性が期待できるのは、膝の黒ずみ専用のクリームを使うことです。

 

すぐに膝の黒ずみが消すことができたという速効性はないですが、ターンオーバーを促すのは期待できます。

 

ここでは、膝の黒ずみを消す方法としで速効性が期待できるアイテムを紹介します。

 

スポンサーリンク



 

 

膝の黒ずみを早く消す方法

 

重曹を使う

kittin

膝の黒ずみを消す方法として、重曹を使う方法があります。

 

週に2~3週間使うと良いとされています。

 

重曹やグリセリンなどを用意して、作るのが手間はかかりますが、重曹を使うことで綺麗にとれるといるそうです。

 

ただし、重曹やオイルが合わない人もいるのでご注意を。

 

【関連記事】膝の黒ずみに重曹は効果ある? ケア方法

 

 

膝の黒ずみ専用のクリームを使う

hiyake

膝の専用クリームやジェルには、膝の黒ずみにう良いとされるメラニン色素の抑制や保湿成分が配合されているので、直接アプローチすることができます。

 

本来は膝の保湿には普通のボディークリームでも良いですが、膝は乾燥しやすい部分でもあるので、保湿成分が足りないものが多かったりします。

 

なんといっても、膝の黒ずみの原因は「膝の乾燥」です。乾燥をさせないようにしなければなりません。

 

膝の黒ずみの乾燥から肌がダメージを受けて、色素沈着して、ターンオーバーが乱れなど様々な原因を起こしてしまいます。

 

膝の黒ずみは根本的な乾燥肌を改善しない限り、美しい膝を手に入れるのは難しいかもしれません。

 

膝は乾燥して黒ずみができてしまうのが大きな原因なので、十分な保湿は必要となり肌を整える必要があるので、そういった意味では膝などに必要な配合量が含まれているクリームやジェルはケアには便利だったりします。専用のクリームやジェルを使うのが手っ取り早いです。

 

膝のクリームやジェルはどんなものがある?

 

【LusTer/ラスター】

膝下や(ひざ・くるぶし・すね・ふくらはぎ)の気になる黒ずみケアができるクリーム。

5つの薬用美白成分が入っており、ムダ毛処理後のケアも可能で黒ずみ防止。

日本製で無添加。敏感肌にも使えて美脚を目指すことができます。

 

ラスターの口コミはこちら

 

 

【ロコシャイン】

膝・肘の黒ずみを1日2回塗るだけの薬用美白クリームジェル。

厳選された7成分+9種類の天然植物由来成分が配合されていて黒ずみへとアプローチ。

無添加で敏感肌も使えて、うぶ毛の除毛クリームも配合で美脚抑毛も可能に!

 

ロコシャインの口コミはこちら
 

 

膝の黒ずみを完全に綺麗にするまでどのくらいの期間が目安?

 

ただし、膝の黒ずみを完全に綺麗にするには、クリームなどを塗っても少なくとも1ヶ月以上かかります。

 

人によっては肌の状態によって、数か月もかかる場合もあります。重曹も一瞬的なものですから、根本的には綺麗になれません。

 

膝に必要の肌の生成に必要な栄養素と保湿成分を与えてあげることで、ターンオーバー(肌の生まれ変わりで古い角質を落としていくこと)で薄くしていきます。

 

ターンオーバーが1ヶ月に1回勝手に訪れるので、少なくとも1ヶ月以上かかってしまうのです。

 

膝を見せる機会が増える前に対処する必要があります。

 

まとめ

 

膝の黒ずみは、保湿しないとなかなか自力できれいになることは難しく、保湿でターンオーバーを促して肌の状態を整えて古い角質を落としていく方法がきれいな膝への近道となります。

 

いくらスポンジなどでごしごししても、逆に黒ずみの悪化の原因になり肌もあれるのでケアした方がいいです。

 

黒ずみのないつるぴかの膝を目指すなら悩んでいる『今からが勝負どころです。』

 

ターンオーバーという古い角質を落とす肌のサイクルがあるので、できるだけ早めの行動が今後を左右します。

 

足は意外と注目されるので、おしゃれしたいと思ってもついつい人の目がきになるのでスカートなど楽しめませんよね。

 

ですが、早めに膝の黒ずみケアをしておけば暑い時期などでも、気軽に膝を見せても安心できますよね。思いっきりおしゃれが楽しめます。

 

膝のケアクリームを塗って、美膝を目指してみて下さいね。

 



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ