かぶれない日焼け止め 原因と選び方


hiyakekuri-mu

暑い季節には肌を守るための日焼け止めクリームはかかせません。

 

しかし、日焼け止めでも合わないとかぶれたりしますよね。日焼け止めでかぶれたりしてしまうと、かぶれない日焼け止めはどれを選べばよいか悩んでしまうかもしれません。

 

ここでは、日焼け止めの原因とできるだけかぶれない日焼け止めの選び方、肌に優しい日焼け止めをご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

日焼け止めを塗ってなぜ肌がかぶれる?

hiyake

肌がかぶれてしまう人の場合、敏感肌の方も多いと思います。

 

しかし、普通の肌なのにかぶれてしまうということは、日焼け止めクリームに含まれる成分が合わない可能性があります。

 

特に市販の日焼け止めクリームは、紫外線予防を強くする一方で、肌をかぶれさせてしまう原因となる成分が含まれています。

 

 

日焼け止めクリームの肌がかぶれる成分とは?

nayami2

 

・紫外線吸収剤

・防腐剤

・アルコール

・鉱物油

・着色料

・香料

 

これらの添加物といわれる成分が、日焼け止めを塗ったときのかぶれの原因になってしまいます。

 

日焼け止めに色がついてたり、香りが付いていると日焼け止めを塗るとき、塗った後は心地は良いですよね。

 

しかし、その反面、この心地の良い成分である香りや色の添加物は、肌に悪影響のある成分でもあります。

 

肌が強い人などはかぶれないことが多いですが、成分が合わなかったり、ニキビなどができていて肌が荒れていたりすると、日焼け止めによって肌がかぶれてしまいます。

 

市販の安いものは特に多く含まれています。

 

もともとニキビや肌荒れの状態で、添加物がたくさん入った日焼け止めを塗ってしまうと、さらに悪化しやすくなってしまいます。

 

 

肌がかぶれない日焼け止めの選び方

 

 

肌がかぶれない日焼け止めの選び方としては、上記のような添加物の成分が入っていない日焼け止めクリームを選ぶことです。

 

全て入っていないものという日焼け止めはなかなか存在しないので、紫外線吸収剤や着色料、香料などはできるかぎり入っていないものを選んでみましょう。

 

肌に悪い成分が入っておらず、かぶれない日焼け止めクリームを選ぶことで、肌がかぶれるというリスクが減ります。

 

成分が解らない場合は、肌に優しいを提唱している日焼け止めを選んで使ってみるようにしてみて下さい。

 

 

時と場合で日焼け止めの度数を変える

 

日焼け止めの紫外線カット度数(SPF値/PA値)の度数を自分のシュチュエーションに変えると、肌に刺激なくかぶれもすくなく、過ごすことができます。

 

というのも度数が高いほど紫外線カットの成分が多く含まれており、そこまで紫外線が強くなければこの成分が逆効果になりやすいからです。

 

なので、曇っているときにSPF50やPA+++を付けると成分によって肌がかぶれたりする、逆に炎天下なのにSPF10だと足りないということがあります。

 

そのため、

 

・炎天下、夏、マリンスポーツ、レジャー

⇒SPF50/PA+++

 

・出勤・通常のお出かけ

⇒SPF30/PA++

 

・曇り・日差しが弱い

⇒SPF10~20/PA+

 

 

通常の出勤であれば、下地やファンデーションなどのコスメに含まれている紫外線カット度数でも十分です。

 

曇りの時もそのぐらいで平気ですが、度数が少ない化粧品を塗ると良いかもしれません。

 

逆に真夏の炎天下外に出たり、レジャー施設など長時間外にいる場合は、度数が強いものだと紫外線カットになります。

 

シュチュエーションによって日焼け止めを使い分けると、お肌の肌荒れやかぶれが減るかもしれません。

 

乾燥肌の場合は保湿成分が入っているとなお良い

 

 

乾燥肌の場合、日焼け止めクリームと紫外線も合わさって、肌が乾燥しやすくなります。

 

これは、乾燥肌でなくてもそうですが、乾燥肌になりやすくなっても肌がかぶれる可能性もあります。乾燥はニキビや肌荒れの原因にもなりやすいです。

 

日焼け止めクリームを選ぶ際は、乾燥予防として保湿成分が配合されているものを選ぶと、肌に負担をかけることが軽減できます。

 

今の紫外線は昔に比べるとはるかに強いので、早目に肌に優しい日焼け止めに変えて塗ることをおすすめします。

 

日焼け止めクリームを塗らないと、「しみ」や「しわ」、「ほくろ」、「たるみ」などの肌のトラブルにもなってしまいます。

 

最近では隠れしみなどもあるので、曇りの日なども意外とあなどれないものです。

 

 

かぶれない日焼け止めはどんなものがある?

先生3

肌質もあるので、一概にかぶれないというわけではありませんが、かぶれる原因の成分が入っていない(少ない)日焼け止めクリームはあります。

 

ドラックストアなどで売っている日焼け止めは、紫外線カバー力が強い物は多いですが、そのかわり成分はガンガン入っているものが多いです。

 

ここでは、ご参考までにかぶれる成分が少ない、かぶれない率が高い日焼け止めをご紹介します。

 

 

肌荒れや、かぶれない日焼け止めとして定評のあるものはコレ↓

 

化粧品メーカーのPOLA(ポーラ)から出ている日焼け止めクリーム。2歳からの子供でも使えて、ニキビ肌でも使うことができる日焼け止めクリームです。

 

肌の弱い人に定評がある日焼け止めで、紫外線吸収剤や香料が入っていません。付け心地がサラッとしていて塗りやすいです。ただし、SPF30、PA+++の値が若干少ないので、近場のお出かけ向け。

 

普通のホワイティッシモも塗り心地が良くて、SPF50なので炎天下に塗るには、保湿成分も入っているので良いです。

 

余談ですが使ってみて、塗り心地と紫外線カットでは、かぶれない・かぶれにくい日焼け止めとして個人的にはお気に入りです。

 

子供でも使える優しい日焼け止めで紫外線とお肌ケアができるポーラのミルキーフイルドはこちら

 

 

日焼け対策後は、毎日美白ケアをする

 

化粧水や美容液などで、紫外線でダメージを与えた肌を毎日ケアするのが大切です。たっぷり肌を保湿ケアしてみてください。

 

ここでは、シミやシワを何とかしたい人向けの美白アイテムをご紹介。

 

・フレキュレル

 

寝ている間にそばかす対策の集中ケアができるのが「フレキュレル」

厚生労働省も効果のある成分を認めている「医学部外品」で、メラニン色素抑制と排出のWケアが実現。ビタミンなどの美白効果成分が配合されており、32種類の植物由来成分が配合されていて低刺激な肌に優しいクリームです。

 

寝る前に塗るだけで簡単にそばかすケアができる!【フレキュレル】はこちら

 

 

・スノーライトEX

 

日焼けで焼けたり、古い質や優しく取る美白ケアがたった5分でできる医学部外品の美白パック。

モンドセレクション4連続金賞受賞のパックで、18種類の厳選された美容成分でケアをしていきます。顔以外の紫外線が当たる部分にもパックできる珍しいタイプなので、日焼け後のケアにはばっちりです。

朝つければ紫外線対策にもなります。
5分実感!驚きの薬用美白パック!「スノーライトEX」はこちら
 

肌に優しい日焼け止めクリームを塗ってもかぶれる場合

itai

かぶれない・かぶれにくい日焼け止めを塗っても、かぶれちゃうよという人も中にはいらっしゃるかもしれません。美白ケアしても、いまいち・・というあなた。
肌に優しいタイプの日焼け止めを使っても肌がかぶれてしまうということは、皮膚の根本的な何かが原因があるか、または内側からケアをする必要があります。

 

皮膚のトラブルがありそうな場合は、一度皮膚科に行ってみて医師の相談に従ってみる方が良いかもしれません。

 

日焼け止めを塗ってもかぶれてしまうのは、本当につらいですよね。

hizasi3

こんな紫外線を毎日浴び続けてしまったら、「しみ」、「しわ」、「たるみ」、「ほくろ」がさらに増えてしまいます。光老化

 

写真を見るだけでも眩しいですよね。

 

しわやたるみなどは関係なくない?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

じつは、紫外線に当たると、肌の細胞を壊してしまう活性酸素がふえてしまうので、たるみやほうれい線などのが増える原因になってしまうのでケアしなければなりません。

 

そのため、外からの日焼け止めだけでなく、内部からのケアも大切になってきます。

 

どの日焼け止めもかぶれてしまう場合、内部から紫外線予防をすることができます。

 

 

内側から紫外対策をする方法

肌

内側から日焼け止めのような対策をするのに、「飲む日焼け止め」があります。

 

日焼け止めを飲むの??と思いますが、最近じわじわ注目されていて、雑誌などで取り上げられている「日焼け止めサプリメント」というものがあります。

 

最近では、モデルさんや芸能人などは日焼け止めサプリメントを飲まれている人も多いみたいです。

 

モデルや芸能人は外の炎天下で撮影しても肌がきれいなのは、外側だけでなく内面からもケアしているのだとわかると納得できますよね。

 

日焼け止めサプリメントは、日焼け止めを塗ってもどうしてもかぶれてしまう人には向いています。

 

顔だけでなく全身の日焼け止めになるので、日焼け止めを塗る手間が省けることができます。

 

日本では知名度は低いですが、美容先進国などでは一般的だったりするようです。

 

 

そもそも日焼け止めサプリは紫外線対策になるのか?

hizasi

肌にクリームを塗らなければ、日焼けしてしみやしわができちゃうよねって思いますよね。

 

そもそも日焼けでのしみやシワの原因は、上記でちらっと書いた「活性酸素」が皮膚の表面に増えてしまうのが原因なのです。

 

紫外線に当たることで、活性酸素がま増えて細胞を肌の細胞を壊してきます。そのため、
肌が炎症を起こしやすくなったり、肌が乾燥して弱くなってしまいまいます。

紫外線でしみができてしまうのは、活性酸素から肌の細胞を守ろうと、シミの原因となるメラニン色素が大量にでてしまうからです。

 

そのため、日焼け止めクリームを塗るよりも、この活性酸素を除去してくれる成分(抗酸化作用がある成分)を取っていれば、紫外線によるしみやしわ、ほくろなどのリスクが下がるというわけになります。

 

もちろん、日焼け止めクリームで紫外線をカットしたり、美白用の化粧水を日焼け後に塗りケアするのも良いですが、肌の修復などが追い付かず、毎日の積み重ねでは対処しきれいない部分もでてきてしまうというわけです。

 

また抗酸化作用のある食べ物を食べるのもいいのですが、活性酸素を除去する抗酸化作用の強い成分の栄養素だけでなく、肌を整えるビタミンやミネラル、保湿成分が多くとることが大事で、多くの成分を食べ物では補うことはできません。

 

そこで便利なのが、紫外線対策など肌にケアや生成に良いとされる成分が含まれているのが、日焼け止めサプリメントなのです。

 

外側で日焼け止めを軽く塗り、サプリを飲むことで外と内側の両方から紫外線ケアをすることができます。

 

うっかり日焼け止めを塗るの忘れたという心配もありませんし、日焼けクリームの成分の刺激からも心配なく、いちいち紫外線カットを分ける必要性もありませんし、全身ケアとしても「眼」や「頭皮」なんかも紫外線対策となるので、私たちが紫外線から盲点な面もケアできるのがメリットです。

 

日焼け止めはSPF+PA値が弱ければ(SPF30あたり)であれば、そこまで成分によって肌がやられることはないので、肌がかぶれてしまう人でも炎天下には両方のケアは良いかもしれません。

 

敏感肌の人がかぶれない以外にも、乾燥肌や日焼け止めを塗るのが大変、外の活動が多い人にも紫外線対策として良いかもしれませんね。

 

 

肌のかぶれは炎症なども大きな原因でもあるので、日焼け止めクリームと内側のケアをしていれば紫外線対策はばっちりな部分もあります。
この紫外線を浴びることで老化してしまうことを、光老化ともいわれていて、肌の8割は光老化といわれているそうです。

 

なので、これ以上肌を老化しないためにも、外だけでなく内側の紫外線対策は侮れません。

 

肌がかぶれやすい人は、外と内側のケアをして紫外線や日焼けに負けない肌を目指してみてくださいね。
日焼け止めサプリメントで紫外線予防してみよう!

 

・雪肌ドロップ

塗るよりも簡単で1日2粒飲むだけで日焼け止めができる「雪肌ドロップ」

紫外線ダメージを56%カットするシトラス果実やローズマリーエキス、など配合。今話題のポリフェノール「ニュートロックスサン」も配合された光老化から肌を予防するエイジング予防をしていき髪や足、腕など全身を守り美肌を目指します。
紫外線ダメージから肌と身体を守る日焼け止めサプリメント【雪肌ドロップ】はこちら

 

 

・ホワイトヴェール

日焼け止めの中でもモデルが選ぶコスパの良い「ホワイトヴェール」

美肌スペシャリスト、美容化の飯塚美香さんがプロ―デュース。ニュートロックス酸以外にも美白や美肌成分を配合。紫外線を塗るから飲む時代へ。焼かないだけでなく、紫外線による光老化を防御+抑制して美肌を目指します。
980円から試せる日焼け止めサプリメントWHITE VEIL~ホワイトヴェール~はこちら

 

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ