かぶれない日焼け止め 原因と選び方

hiyakekuri-mu

暑い季節には肌を守るための日焼け止めクリームはかかせません。

 

しかし、日焼け止めでも合わないとかぶれたりしますよね。日焼け止めでかぶれたりしてしまうと、かぶれない日焼け止めはどれを選べばよいか悩んでしまうかもしれません。

 

ここでは、日焼け止めの原因とできるだけかぶれない日焼け止めの選び方、肌に優しい日焼け止めなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

日焼け止めを塗ってなぜ肌がかぶれる?

hiyake

肌がかぶれてしまう人の場合、敏感肌の方も多いと思います。

 

しかし、普通の肌なのにかぶれてしまうということは、日焼け止めクリームに含まれる成分が合わない可能性があります。

 

特に市販の日焼け止めクリームは、紫外線予防を強くする一方で、肌をかぶれさせてしまう原因となる成分が含まれています。

 

 

日焼け止めクリームの肌がかぶれる成分とは?

nayami2

 

・紫外線吸収剤

・防腐剤

・アルコール

・鉱物油

・着色料

・香料

 

これらの添加物といわれる成分が、日焼け止めを塗ったときのかぶれの原因になってしまいます。

 

日焼け止めに色がついてたり、香りが付いていると日焼け止めを塗るとき、塗った後は心地は良いですよね。

 

しかし、その反面、この心地の良い成分である香りや色の添加物は、肌に悪影響のある成分でもあります。

 

肌が強い人などはかぶれないことが多いですが、成分が合わなかったり、ニキビなどができていて肌が荒れていたりすると、日焼け止めによって肌がかぶれてしまいます。

 

市販の安いものは特に多く含まれています。

 

もともとニキビや肌荒れの状態で、添加物がたくさん入った日焼け止めを塗ってしまうと、さらに悪化しやすくなってしまいます。

 

 

肌がかぶれない日焼け止めの選び方

 

 

肌がかぶれない日焼け止めの選び方としては、上記のような添加物の成分が入っていない日焼け止めクリームを選ぶことです。

 

全て入っていないものという日焼け止めはなかなか存在しないので、紫外線吸収剤や着色料、香料などはできるかぎり入っていないものを選んでみましょう。

 

肌に悪い成分が入っておらず、かぶれない日焼け止めクリームを選ぶことで、肌がかぶれるというリスクが減ります。

 

成分が解らない場合は、肌に優しいを提唱している日焼け止めを選んで使ってみるようにしてみて下さい。

 

 

時と場合で日焼け止めの度数を変える

 

日焼け止めの紫外線カット度数(SPF値/PA値)の度数を自分のシュチュエーションに変えると、肌に刺激なくかぶれもすくなく、過ごすことができます。

 

というのも度数が高いほど紫外線カットの成分が多く含まれており、そこまで紫外線が強くなければこの成分が逆効果になりやすいからです。

 

なので、曇っているときにSPF50やPA+++を付けると成分によって肌がかぶれたりする、逆に炎天下なのにSPF10だと足りないということがあります。

 

そのため、

 

・炎天下、夏、マリンスポーツ、レジャー

⇒SPF50/PA+++

 

・出勤・通常のお出かけ

⇒SPF30/PA++

 

・曇り・日差しが弱い

⇒SPF10~20/PA+

 

 

通常の出勤であれば、下地やファンデーションなどのコスメに含まれている紫外線カット度数でも十分です。

 

曇りの時もそのぐらいで平気ですが、度数が少ない化粧品を塗ると良いかもしれません。

 

逆に真夏の炎天下外に出たり、レジャー施設など長時間外にいる場合は、度数が強いものだと紫外線カットになります。

 

シュチュエーションによって日焼け止めを使い分けると、お肌の肌荒れやかぶれが減るかもしれません。

 

どうしても強いSPF値だとかぶれてしまう場合

 

ただどうしてもかぶれやすい場合、炎天下に出るには強い方がいいと思いますよね。

 

強いSPF値の日焼け止めだとかぶれてしまう場合は、SPF値の低いものをこまめに塗れば大丈夫です。

 

面倒くさい方法ですが、この方法は極力肌に負担をかけない方法になります。ただ塗り忘れをしてしまうと焼けやすくなってしまうのでご注意ください。

 

乾燥肌の場合は保湿成分が入っているとなお良い

 

乾燥肌の場合、日焼け止めクリームと紫外線も合わさって、肌が乾燥しやすくなります。

 

これは、乾燥肌でなくてもそうですが、乾燥肌になりやすくなっても肌がかぶれる可能性もあります。乾燥はニキビや肌荒れの原因にもなりやすいです。

 

日焼け止めクリームを選ぶ際は、乾燥予防として保湿成分が配合されているものを選ぶと、肌に負担をかけることが軽減できます。

 

今の紫外線は昔に比べるとはるかに強いので、早目に肌に優しい日焼け止めに変えて塗ることをおすすめします。

 

日焼け止めクリームを塗らないと、「しみ」や「しわ」、「ほくろ」などの肌のトラブルにもなってしまいます。

 

最近では隠れしみなどもあるので、曇りの日なども意外とあなどれないものです。

 

 

かぶれない日焼け止めはどんなものがある?

先生3

肌質もあるので、一概にかぶれないというわけではありませんが、かぶれる原因の成分が入っていない(少ない)日焼け止めクリームはあります。

 

ドラックストアなどで売っている日焼け止めは、紫外線カバー力が強い物は多いですが、そのかわり成分はガンガン入っているものが多いです。

 

ここでは、ご参考までにかぶれる成分が少ない、かぶれない率が高い日焼け止めをご紹介します。

 

肌荒れや、かぶれない日焼け止めとして定評のあるものが「ポーラ」の日焼け止めです。

 

ポーラの日焼け止め

化粧品メーカーのPOLA(ポーラ)から出ている日焼け止めクリーム。2歳からの子供でも使えて、ニキビ肌でも使うことができる日焼け止めクリームです。

 

肌の弱い人に定評がある日焼け止めで、紫外線吸収剤や香料が入っていません。付け心地がサラッとしていて塗りやすいです。ただし、SPF30、PA+++の値が若干少ないので、近場のお出かけ向け。

 

普通のホワイティッシモも塗り心地が良くて、保湿成分も入っているので良いです。

 

ただ炎天下で使うのはやSPF/PA値が少ないので、同じホワイティモシリーズのSPF50/PA++++シールドホワイトも炎天下に当たっても後が痛くないてかぶれなかったのでおススメです。

 

ミルキーフイルド・シールドホワイトは下記のリンクの詳細からご覧ください。

 

ポーラのミルキーフイルドの詳しい説明はこちらから

 

日焼け止め後のケアもしっかりね!かぶれない肌を目指そう!

 

日焼け止めでかぶれてしまう場合、肌のバリア機能が低く乾燥肌になっている状態が多いです。

 

そのため、日焼け止めを塗った後はかぶれないようなケアをしていくことがとても大切です。

 

では最初に、

 

日焼け止めを落とす時はしっかり落とす

 

日焼け止めを塗った後落とす場合は、、PA・SPF30あたりは石鹸でも落とせるものも多いですが、SPF50・PA+++あたりはクレンジングで落としてください。

 

メイクがある場合はクレンジングと一緒に同時に落とせますが、日焼け止めが高い場合はクレンジングと一緒に落としてみてくださいね。

 

良かったクレンジングはこちら

リ・ダーマラボのモイストクレンジングゲルを使ってみた

 

 

日焼け対策後はケアをする

 

化粧水や美容液などで、紫外線でダメージを与えた肌を毎日ケアするのが大切です。

 

肌の紫外線に当たることで肌が徐々にダメージを受けてしまうことで肌がかぶれやすく成ったり、それが蓄積されてしまうとシミ、ソバカス、ほくろができてしまいうます。

 

また、紫外線や日焼け止めの成分などの外的な刺激へと強い肌を目指すのであれば、しっかり保湿をすること。

 

肌の保湿がしっかりしていれば乾燥も予防できて、肌のバリア機能も高まり紫外線を受けたり、日焼け止めの成分にも負けない強い肌を目指すことができます。

 

身体にはいつも使っているボディークリームや、保湿ローションなどを塗っておくと便利です。

 

 

バリア機能を高めよう

 

そもそも、紫外線で肌のダメージを受けてかぶれてしまうのは、「肌の保水力の低下」もあります。

 

肌には本来水分を保持する力を持っていて、その水分保持力が減ることで肌の潤いが減って、紫外線からのダメージを受けてしまいます。

 

紫外線からのダメージを受けると、肌は乾燥しやすくなり水分が失われてしまいます。そうすると、肌を紫外線から守っていたり、日焼け止めの成分で守っていたバリア機能が低下してしまいます。

 

保湿の奥底が潤い不足でバリア機能が低下しているから、日焼け止めの成分が刺激となってかぶれやすくなってしまいます。

 

ではどうすればといえば、根本を見直すために、肌本来が持つ水分保持力を改善させて、いつでも肌が水分を保持してくれればいいんです。

 

肌を潤わせる力を身に着ける

 

自らセラミドという保湿成分を生み出すことで、自分で勝手に肌を潤わせるのことができます。

 

バリア機能が整うことで、乾燥予防になり紫外線や日焼け止めの成分などの刺激に対して肌を守る力の働きが強くなります。

 

そうすることで、肌奥の水分も逃さないのでうるおい保持力も高まり、日焼け止めを使ってもかぶれない肌になることができます。

 

とある成分が肌の保水力をアップさせる!?

 

この皮膚の水分保持を改善する成分は「お米の成分」です。

 

 

「ライスパワーNo.11」というお米の成分で、世界で唯一、皮膚の水分保持改善が認められた成分です。

 

お米は日本人の主食なので、肌との相性がいいので敏感肌などでも使うことができます。

 

この成分を毎日肌に与えることで、ダメージしている肌根本を改善することができて、誰でも持っている肌の本来の力を発揮して、肌環境を整えるてバリア機能を整えることができます。

 

大概が皮膚だけを表面を保湿している化粧水などが多く、肌の改善はできませんし、保湿剤が皮膚の表面からなくなればそれで終わりです。

 

ですが、ライスパワーNo.11は、皮膚そのものに働きかけることで、内側から皮膚水分保持能を改善することができるので、いつでも潤いを保つことができちゃうわけです。なので、保湿剤のような切れる心配が無しということにもなります。

 

紫外線などダメージを受けているならば、肌の根本から改善するのが大切です。

 

そんなお米の成分である「ライスパワーNo.11」は化粧品に入っています。

 

どんなものがある?

 

ライスパワーNo.11が含まれている化粧品でも何個かありますが、使ってよかったのが「勇心酒造のライースリペア」です。

 

勇心酒造の「ライスパワーNo.11」の開発者なので、本家ともいえます。そのため、ライースリペアは「最良のライスパワーを実感できる」可能性が高いです。

 

個人的にライースリペアは気に入って本品を使うほど。紫外線などの外敵のダメージから守るクリームもついているので、紫外線時期は特に重宝できました。

 

ライースリペアには初めてでも安心のトライアルセットがあるので、まずはそちらから試してみるといいかもしれません。(先着順なのでご注意ください)

 

日焼け止めクリームでのかぶれない肌を作るには、まずしっかり保湿して肌を整えてバリア機能を高めること。

 

そうすれば、どんな日焼け止めを塗っても成分や紫外線に負けない肌ができるので、かぶれの悩みもなくなります。

 

ライースリペアの詳細はコチラ

 

まとめ

 

日焼け止めでかぶれてしまうのは、日焼け止めの成分多いですが、合う日焼け止めでもSPF/PA値が高すぎて、曇りの日なのでSPF50などを付け続けてしまうと肌荒れやかぶれてしまう場合があります。

 

夏などの場合は炎天下のことが多いので、SPF・PA値は高い方がいいですが、あまり外に出ない日や曇りの日、秋などはそこまで高くなくても大丈夫です。

 

逆に高いと、肌を痛めてしまってかぶれの原因となってしまいます。もしどうしても無理ならば、低いものを何度かこまめに塗ればOKです。

 

また、日焼け止めはSPF・PA値30ぐらいで石鹸洗顔がOKであれば、いつもの洗顔でも良いですが、SPF50、PA値が高い場合はクレンジングでしっかり落とした方が、毛穴などに日焼け止めの成分がしっかり取れます。

 

かぶれやすい人は本来のお肌も弱いので、肌の根本を見直せることができれば、どんな日焼け止めクリームを塗ってもかぶれることはありません。

 

まずは肌のスキンケアを見直して肌を奥から潤わせてバリア機能を整えてケアをしっかりして、紫外線や日焼け止めの成分に負けない肌を目指してみてくださいね。

 

日焼け止め関連記事はこちらから

ライースリペアの口コミ・体験談

飲む日焼け止めのやかないサプリを飲んでみた感想

飲む日焼け止めホワイトヴェールを飲んでみた感想

 



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ