ルイボスティーを飲むと下痢になる?

ルイボスティー2

ルイボスティーは美容や健康に良いとされているお茶として、飲まれる人も多いですよね。便秘改善も期待ができます。

 

しかし、ルイボスティーを飲んだら下痢になったなんていう情報を見たことがあるかもしれません。

 

ここでは、ルイボスティーを飲むことで下痢になるのかについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

なぜルイボスティーを飲むと下痢になる?

便秘

ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれているので、便が緩くなる場合もあります。

 

下痢の原因としてルイボスティーを飲んで便が緩くなる以外にも、元の腸内環境が影響している場合があります。

 

下痢になるということは、腸内バランスが乱れていて胃腸が弱くなっている状態です。

 

疲れやストレスなどがあると、腸内環境のバランスが乱れやすくなったり、体が冷えてしまうことでも下痢を起こしてしまいます。

 

これらの原因で腸内環境が整っていないと、ルイボスティーを飲むと下痢になってしまう場合があります。

 

ただ、腸内が弱いからといてみんなが下痢なるわけではないです。ごくまれにもともと下痢体質などの一部の人がなるのかと思っています。

 

ただルイボスティーを飲んで下痢になる他の原因としては、ルイボスティーを過剰な飲みすぎの場合があります。

 

 

ルイボスティーの飲みすぎると下痢になる場合もある

ルイボスティー飲み方

ルイボスティーの飲みすぎでの水分の過剰摂取や、マグネシウムを過剰摂取をしてしまうことで下痢を引き起こしてしまう可能性があります。

 

また、もともと下痢の体質の場合は、いきなり2杯ぐらい飲んでしまうと便が緩くなりすぎて下痢になってしまうことがあります。

 

通常のルイボスティーの1日の目安量は1~2,3杯程度とされています。

 

そのため、温かいルイボスティーでも、下痢体質の人は1日1杯の方が飲むには無難です。

 

下痢が改善してきてからだったり、温かく飲んで、量を少し増やしていくと良いかもしれません。

 

もともと下痢気味でなくてが起きてしまうのであれば、腸内の体調があまりよくなかったなどだと思います。

 

どうしてもルイボスティーを飲んだ後の下痢が辛い人は、いったん飲むのを止めたり、医師の相談に従ってみましょう。

 

下痢体質でなければ、別に下痢とかにはならないことがほぼかと思います。

 

1日10杯飲んだりすると飲みすぎてなるかもしれませんが、腸が強ければ5杯ぐらい飲んでも平気だったりします。

 

 

ルイボスティーは便秘や下痢に良い

 

ルイボスティーはノンカフェインの健康茶です。

 

マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、便秘や下痢には良いとされています。

 

ルイボスティーには悪玉菌の働きを抑制するなどの効果が期待されており、便秘だけでなく、下痢予防にも良い期待ができる飲み物です。

 

実際にルイボスティーを飲んで、便秘や下痢から悩まされなくなったという人も多いです。

 

下痢体質の人がルイボスティーを飲むことで、ミネラルを摂取するため便が緩くなりすぎることがあります。

 

なので、温かく飲んだり、飲み方さえ注意すれば下痢になることは少ないと思います。

 

ルイボスティーは質の良いものを選ぶ

 

ルイボスティーは粗悪品なども出回っているものもあります。

 

できれば、オーガニック製で生産地がわかるルイボスティーを飲むことが身体にとっては優しいものとなります。

 

味などもあると思うので、スーパーや通販などで自分に合ったルイボスティーを見つけてみて下さいね。

 

まずはスーパーで売っているものを試しに飲んでみるといいかなと思います。

 

飲み続けたいなと思ったら、通販で売っているルイボスティーがおススメです。

 

通販で売られているものは茶葉がグレードが高く濃いルイボスティーが飲めるので栄養価も高く、味も良く多めに作れたりするので、比較的コスパも良かったりします。

 

気になる方は、ランキングで紹介していますのでご参考にしていただけると幸いです。

 

 

【参考記事】

エルバランシアのルイボスティー口コミ

 

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ