ゴールデンベリー の効能とは?


ほうずき2

テレビで、ゴールデンベリーが紹介されていました。

 

ゴールデンベリーの効能には、血液をサラサラにしたり、アンチエイジングなど効能が期待がされてい食べ物です。

 

ゴールデンベリーはドライフルーツとして売っているので、比較的手に入りやすいものとなります。

 

ここではゴールデンベリーの詳細や、ゴールデンベリーの効果効能・食べ方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

ゴールデンベリーとは?

 

ほうずき

 

ゴールデンベリーとは食用のほおずきのことです。

 

日本では観葉・観賞用のほおずきですが、食用で作られたほおずきは、実を乾燥して食べることができます。

 

原産は日本ではなく、西洋のほおずきであるのであり、栄養価が豊富なことからインカのスーパーベリーと呼ばれるスーパーフードです。

 

元はインカ帝国時代から栽培されていたようです。

 

 

ゴールデンベリーの栄養価

 

栄養

 

ゴールデンベリーは、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンPといわれるフラボノイド、βーカロテンが豊富に含まれています。

 

まさにビタミンの宝庫です。

 

他にも、鉄、食物繊維や必須アミノ酸、タンパク質などが含まれています。

 

スーパーフードと言われるほどの栄養価ですよね。

 

ゴールデンベリーの効能

 

テレビではゴールデンベリーの効能としては血液のことしか放送されていませんでしたが、他にもゴールデンベリー効能はあります。

 

もう少しだけ効能をご紹介します。

 

血液をサラサラにする

 

先生

ゴールデンベリーには、豊富なビタミンEや必須アミノ酸が含まれていることから、血液をサラサラにする効能があるとされています。

 

実際にテレビでも、血液のどろどろの人がゴールデンベリーを2日間食べたことで血液がサラサラになった結果もでているほど。

 

そのため、ビタミンAも加わることで、動脈硬化予防の効能も期待ができます。

 

 

脂肪を蓄積させない

 

ダイエット成功

 

ビタミンBの一種とされるイノシトールが、脂肪を肝臓に蓄積させないように操作できる働きを持っています。

 

そのため、コレステロール値を減らす効能も同時に期待ができます。ダイエットにはもってこいですよね。

 

アンチエイジング

 

魅力

ゴールデンベリーには、抗酸化作用のあるビタミンEが含まれています。

 

また、肌の生成に必要なビタミンが豊富に含まれていることから、アンチエイジングの効能が期待できるのです。

 

 

鉄分が補給できる

 

ゴールデンベリーには、鉄分が豊富に含まれています。

 

特に女性の鉄分不足を、ゴールデンベリー1日の量で取れることができます。

 

 

ゴールデンベリーのイノシトールが凄い

 

ゴールデンベリーに含まれる「イノシトール」

 

これが、上記の効能のコレステロールを下げる以外の効能に、

 

・エイジングケア

・保湿ケア

 

などもあるとされています。

 

まさにゴールデンベリーはダイエットや美的の効能に嬉しいスーパーフードなのです。

 

 

ゴールデンベリーの食べ方

 

料理2

ゴールデンベリーは、ベリーと名のついていることもあり甘酸っぱい味がします。

 

そのため、そのまま食べてもヨシ、スムージーやヨーグルトに混ぜても良し、シリアル間に混ぜてもヨシという感じです。

 

特にスムージーに混ぜると、豊富なビタミンなどの栄養後が凝縮して取れるのでオススメです。

 

ゴールデンベリーの食べる量は、1日スプーン1杯ぐらいの量で大丈夫です。

 

過剰摂取などの食べ過ぎでなければ、もう少し多く食べても大丈夫だと思います。

 

ゴールデンベリーはどこで売っている?

 

最近では、スーパーでもゴールデンベリーを見かけることがあります。

 

チアシードと同じメーカーで、

このゴールデンベリーはスーパーなどでたまに見かけます。

 

値段はそんなに高くはありません。

 

通販だとゴールデンベリーはたくさん売っています。

 

こんな感じのおしゃれなゴールデンベリーも売っているので、ぜひゴールデンベリーを見つけてみて下さいね。

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ