腸内フローラはヨーグルトだけでは綺麗にならない?

ヨーグルト

腸内フローラ-を綺麗にすることで、便秘や病気になりにくくなると話題になっていますよね。

 

腸内を綺麗にして善玉菌を増やそうなんて言われています。

 

腸内フローラを綺麗にする食べ物として代表的なのが「ヨーグルト」ですよね。

 

 

スポンサーリンク



 

ヨーグルトだけでは腸内フローラは綺麗にならない可能性がある

 

悪い腸

よく便秘気味の人が、ヨーグルトがいいからと言ってヨーグルトを食べても、なかなか改善されないってことありませんか?

 

ヨーグルトを食べても改善されないのは、腸内に善玉菌が増えていないからです。

 

腸内フローラが綺麗な状態とは、悪玉菌が少なく、善玉菌が多いという状態です。

 

ですが、なぜヨーグルトを食べても善玉菌が増えないのか?

 

 

善玉菌を増やす必要がある

 

善玉菌

 

善玉菌は、食べ物から取り入れて増やすことは難しく、

もともと腸内にある善玉菌を増やしていって、悪玉菌を減らし腸内フローラを綺麗にしていくことになります。

 

腸内でせっせと善玉菌を増やさなければなりません。

 

ヨーグルトはあくまでも、

腸内にある悪玉菌を減らして、腸内の働きをよくするだけなので、善玉菌を増やす働きはなかなかしてくれなかったりするのです。

 

そのため、一生懸命ヨーグルトを食べても善玉菌が増えないということは、とあるものが足りていない状態となります。

 

腸内フローラを綺麗にするにには、とあるものを与えることで善玉を増やしていきます。

 

 

善玉菌を増やすには?

 

 

善玉菌を増やすには、善玉が好むエサを与えてあげる必要があるのです。

 

人もそうですが、食べ物が入らないと元気が出ませんよね。

 

善玉菌も悪玉は払えても、えさがなければ力がなくなり、活発に活動をしてくれなくなりますよね。

 

 

善玉菌のエサとは?

 

健康な腸

 

腸内フローラを綺麗にするのに必要な善玉菌のエサは、

 

食物繊維オリゴ糖です。

 

食物繊維が含まれているものは、ごぼうやさつまいもなどです。

 

オリゴ糖が含まれているものは、バナナや林檎、はちみつなどです。

 

 

食物繊維やオリゴ糖をヨーグルトに一緒に混ぜてあげることで、

善玉菌をえさを混ぜてあげることで、悪玉菌を減らし、善玉菌が増えることで腸内フローラを綺麗にすることができるのです。

 

 

ちなみに、腸内を綺麗にする働きがあるのは、

ヨーグルト以外にも発酵食品や乳酸飲料も当てはまります。

 

乳酸飲料と言えばヤクルトですが、

ヤクルトだけでは善玉菌は増えず、腸内フローラが綺麗になるわけではないのです。

 

一緒の組み合わせが大切なんですね。

 

便秘にはオリゴ糖が良い

 

オリゴ糖

 

腸内フローラが綺麗ではない人は、便秘の人が多いと思います。

 

便秘の場合、改善に役に立つのがオリゴ糖を直接ヨーグルトに入れることです。

 

オリゴ糖は便秘気味の人には評判がよく、改善されている人も多いです。

 

何よりも、毎日りんごやバナナを切ってヨーグルトに入れるのは手間がかかりますよね。

 

オリゴ糖は、

さらっとヨーグルトに砂糖感覚で入れられて、

なおかつオリゴ糖は、普通の砂糖の1/4の糖分なのでカロリーを心配する必要ものないのです。

 

 

便秘に話題のオリゴ糖とはある?

 

便秘気味の人は、腸内フローラが荒れている状態なので、体に優しいものを入れることが大切です。

 

市販のでも良いですが、自然由来のオリゴ糖を使った体に優しい便秘改善に話題になっているオリゴ糖があります。

 

それが、「カイテキオリゴ」というオリゴ糖です。

 

 
カイテキオリゴ


カイテキオリゴ

 

カイテキオリゴは、口コミで話題となり、赤ちゃんから妊娠中も食べれるオリゴ糖です。

 

天然の国産ビートを使っているオリゴ糖なので、自然な甘みがあり、「安心・安全評価製品」として認定を受けています。

 

オリゴ糖とヨーグルトの組み合わせならば、極度の便秘症でも毎日食べ続ければ、3日あたりから「するり」が実感できる人が多いようです。

 

毎日食べることで、自然と善玉菌を増やすことできるので、結構便利な食材でもあります。

 

早くスッキリしたい人は、オリゴ糖をヨーグルトと一緒に混ぜてみて下さいね。

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ