不眠にホットミルクは効果がある?


飲む

眠れなかったり、不眠の時にホットミルクをそっと差し出すシーンなどが漫画やドラマなどでありますよね。

 

眠れないんだ~というときに、そっと出させる(であろう)ホットミルク。

 

欧米などでは不眠など眠りにつけない時は、ホットミルクを飲む習慣があるそうです。

 

ここでは、なぜホットミルクが不眠に良いのかをご紹介します。

スポンサーリンク



牛乳は不眠になぜ良い?

 

睡眠を促す

 

牛乳には、
睡眠を促す効果がある成分が含まれています。

 

牛乳には、
人間に必要とされる成分の「必須アミノ酸」の一種である、
トリプトファン」という栄養素が含まれています。

 

トリプトファンには、
睡眠を促す「セロトニン」を作る材料ともなるのです。

 

セロトニンが作られないと、
不眠だけでなくうつ病など精神的にも影響を及ぼしてしまいます。

 

セロトニンが活発になると、
「メラトニン」という成分に分解をされます。

 

メラトニンは別名で、
「睡眠ホルモン」なんていわれてもいます。

 

 

カルシウムを摂取できる

 

牛乳の場合、カルシウムも同時に摂取することができます。

 

カルシウム不足になると、
いらいらしたりしますよね。

 

カルシウムを摂取することで、
精神的なイライラを軽減する効果も期待ができます。

 

そのため、精神が落ち着くことで、睡眠を促すことができるのです。

 

 

なぜホットミルクなのか?

 

ホットミルクでなく、
冷たい牛乳でもいいのでは?と思いますよね。

 

ですが、
睡眠する時に冷たいままの牛乳を胃袋にいれてしまうと、胃に強い刺激となってしまいます。

 

そのため、
ホットミルクにしないと、
お腹を下したりして逆に不眠になってしまうのです。

 

ひと肌と同じ温度のホットミルクにすることで、
胃に負担をかけずに、牛乳を摂取することができるのです。

 

また、ホットミルクが胃が温めるので、寝つきがよくなったりもします。

 

温かいホットミルクを飲むことで、
体温の上昇を下げようとしたときに、眠気が誘われるという仕組みになります。

 

 

ホットミルクが効かない場合

 

悩み

 

ですが、不眠症が続いていると、
ホットミルクでは効果がない場合も多いです。

 

そもそも牛乳が嫌いな場合は、
ホットミルクなんて飲めるわけないだろうと思いますよね。

 

ですが、睡眠薬などは、
副作用があるので怖くて飲めない方もいらっしゃると思います。

 

不眠にはサプリではなく、
睡眠を促してくれる、不眠対策のゼリー状の飲み物があります。

 

それが、
「北の大地の夢しずく」という飲み物があります。

 
北の大地の夢しずく

北の大地の夢しずく1

 

 

北の大地の夢しずくとは?

 

北の大地の夢しずく2

スティックタイプの、
酸っぱさがないグレープフルーツ味のゼリー状の飲み物です。

 

飲み物と言っても、
ほんの一口だけなので、飲みやすい不眠改善の健康食品です。

 

アスパラガスから抽出したエキス成分が含まれていて、
睡眠やストレス、自律神経を整えたりするのに効果があるそうです。

 

睡眠の場合は、
ストレスなど精神的なものから来る人が多いので、
体に負荷のかかった身体を、内側から癒す方法で不眠を解消していくようです。

 

不眠を無理やり促すのではなく、
休息スイッチを入れることで、睡眠を促す体には負担のかからない方法となります。

 

飲んだ人も、
10分経たずにぐっすり眠れて、朝はスッキリ起きれるなど、体への悪影響がなく安心して飲めるそうです。

 

実際にはサラリーマンや、社会人、更年期近くの女性などに飲まれている方が多いようです。

 

お値段も1日107円なので、割とリーズナブルかなと思います。

 

国産のアスパラガスを使っていて、
製造過程もすべてが国産で、作るのに手間がかかるようなので、サイトでしか通販ができないようです。

 

ホットミルクを飲んだり、サプリを飲んでも効果がない方で、ぐっすりと睡眠をしたい方は、一度だけでも試してみてはいかがでしょうか。

 

≫北の大地の夢しずく公式通販サイトはこちら

 



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ