デリケートゾーンの石鹸は市販で売ってる?

hanbaiten

生理前など、デリケートゾーンにかゆみがあったりする場合、洗顔でかゆみを解決できることが多いです。

 

早速、デリケートゾーンのかゆみなどに良い石鹸を市販で買おうとしても、どの石鹸がいいのか悩むことがあると思います。

 

ですが、実際に薬局やドラックストアなど市販で、デリケートゾーンのかゆみなどに効果のある石鹸はあるかどうかご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

デリケートゾーンの石鹸 抗菌作用のあるものを使う

 

石鹸

 

デリケートゾーンのかゆみ、においなどがある場合は、デリケートゾーンに雑菌が繁殖していたり、へたをするとカビが生えていたりします。

 

普通の市販の石鹸やボディーソープでは、デリケートゾーンの皮脂や汗は洗い流すことはできますが、繁殖してしまった雑菌はなかなか減らすことが難しかったりします。

 

そのため、抗菌作用があり、なおかつ雑菌を抑制するような成分が入っている石鹸が良いとされています。

 

また、デリケートゾーンは名前の通りデリケートなところなので、刺激が強い石鹸を使ってしまうと、デリケートゾーンが悪化してしまう原因ともなるので、肌に優しい弱酸性の石鹸を選んでみましょう。

 

 

市販でデリケートゾーンの石鹸は売っている?

 

先生3

 

ドラックストアや薬局など市販では、弱酸性の石鹸は多く売られています。

 

肌に優しい弱酸性の石鹸でも、抗菌作用や抑菌作用のある石鹸は市販で売っているのは見かけません。

 

デリケートゾーンのかゆみがなくなった場合は、市販で売られている普通の弱酸性の石鹸でも大丈夫ですが、デリケートゾーンのかゆみがある場合は、市販のものだと解決できないことが多いです。

 

また、市販のものだと洗浄力が強いため、デリケートゾーンの洗顔には刺激が強く、弱ったデリケートゾーンは余計に臭いを発してしまうという悪循環の可能性もでてきてしまいます。

 

できればデリケートゾーン専用の石鹸を使う方が抗菌などの菌や臭いの元に良いとされる成分が含まれているので、市販よりも効果的だったりします。

 

結論を書くと、市販ではデリケートゾーンの石鹸は売っていません。

 

 

デリケートゾーンの石鹸はあるの?

 

市販では見かけませんが、デリケートゾーンの石鹸は通販などで売っています。

 

その中でも、弱酸性で抗菌する成分が入っている敏感肌でも使える持田ヘルケアから出ている石鹸の「コラージュフルフル泡石鹸」というものがあります。

 

コラージュ泡ふるふる

 

デリケートゾーンのかゆみやムレ、生理中の臭いなどに良いとされていて、細菌やカビの抗菌成分が配合されている製薬会社から発売されている薬用石鹸です。皮膚薬を作っている持田製薬から発売されています。

 

生理前や生理中のムレやオリモノにもよく、気になる臭いまですっきり落としてくれます。

 

また、細菌やカビの繁殖も抑えてくれる成分が配合されているので、一時的にかゆみが取れるのではなく、長くデリケートゾーンを清潔に保つことができます。

 

その場だけではただの石鹸と同じですが、細菌の繁殖を抑制するので安心です。

 

医薬部外品なので(厚生労働省から効果効能が認められている商品)安心して使うことができます。

 

汚れを落とすのは泡と成分が大切

 

コラージュふるふる泡石鹸の場合、肌に刺激のある香料や着色料などが入っていないので、敏感肌でも使うことができます。

 

コラージュふるふる泡

また、泡タイプなので、かゆいところもスポンジなどでごしごしとこすらず、泡でそのまま優しく洗うことで、肌を傷つけることなく綺麗にすることができるのです。

 

スポンジでごしごしかゆいから洗ってしまうと、デリケートゾーンが傷ついて細菌が繁殖しやすくなってしまうので、泡タイプであれば安心です。

 

かゆみやムレもなくなり、自然と臭いもなくなるので、デリケートゾーンがすっきりしてさっぱりすることができます。

 

かゆみやニオイなどおさらばしたい方にはおすすめです。

 

普通のドラックストアでは見かけないので、今のところはネット通販のみで買うことができます。

 

コラージュフルフルの公式ページを見てみる

 

 

口コミでも話題のデリケートゾーンケア石鹸&クリームWケア

 

今雑誌や新聞、口コミでも話題になっていているデリケートケアがあるのはご存知でしょうか?それが、デオシークという会社から発売されている、石鹸(ボディソープ)&デオドラントクリームです。

 

 

ベストニオイケア賞にも選ばれたニオイケアができる商品に選ばれていて、最近発売されているにも関わらず、使ってみて臭わないなどの実感できたなどの口コミが多いんです。

 

デオシークの場合、石鹸だけでなくクリームと併用して、デリケートゾーンの臭いやかゆみケアのWケアができてしまうので、かゆみなし、臭いが気にならないなどの実感具合が早く感じられるかもしれません。

 

デオ―シークの特徴

 

デオシークの特徴として、

 

クリームは、デリケートゾーンの臭いの元となる汗をブロックして、臭いの元を雑菌を殺菌する有効成分が入っていますその殺菌力はなんと99.99%。

 

茶カテキンなどの消臭力や保湿成分もしっかり入っており、肌に刺激となる添加物も入っていないので肌の弱いデリケートゾーンでもしっかり使うことができ、クリームと石鹸ソープで、1日のケアがしっかりできる消臭ケアアイテムです。

 

 

石鹸ソープの場合はデリケートゾーンだけでなく、他の臭いの気になる部分など全身ケアができるボディーソープ。

 

1日ケアしたクリームが密着した臭いをカットして、汚れを落とし臭いをカットして、スキンケア効果で肌をしっかり保湿することができます。なので、翌朝まで安心。ニキビ予防なんかにもよいです。

 

2つとも厚生労働省が認めている医薬部外品でもあり、複数の第三者機関が入って徹底的に厳しい商品検査を行われているデオドラントでもあります。

 

永久返金保証付きで、合わなければいつ使っても返金することができ、定期便だと縛りがないので1回でも解約できるのでお得な価格で購入することができます(連絡は電話か問い合わせフォームで10日前にすればOK)

 

今ならサプリもついてきて、内側からもデリケートゾーンの臭いケアがトリプルでできます。

 

Wケアをすれば、かゆみやムレ、臭いなどから解放されて1日中快適に過ごせるかと思います。

 

クリーム、ボディソープ、サプリ付きで割とお手頃価格で、コスパ的には結構良いですよ。

 

デオシークの詳細は公式サイトから

 

 

デリケートゾーンの悩みを解決するためにも

 

デリケートゾーンのかゆみやむれ、臭いなどなどは、気になるけれど、人には相談しにくい内容ですよね。

 

しかも、最近だと女性はどんな臭いに悩みが多いのかというとデリケートゾーンの臭いは2位にもなるほどとされ、意外と多くの人が悩んでいます。(余談ですが、1位は口臭なのだとか)

 

デリケートゾーンのにおいやかゆみなどは、デリケートゾーンに繁殖している「細菌」などが主な原因が多いので、放っておくと、悪化して最終的には病院に悲惨で恥ずかしいですし、なおかつお金もかかります。

 

でも、お金よりも恥ずかしくて病院に行けないなんてこともあるかもしれません。

 

また、下着との摩擦でデリケートゾーンが乾燥して、肌が弱くなり細菌が入りやすくもなっちゃいます。

 

清潔にしていない限り、「かゆみやムレ」などは繰り返す場合もあります。黒ずみができたら酷いレベルになったら・・・

 

と思うと怖いですし、とても不快で嫌なことですよね。

 

多少のかゆみや蒸れなどであれば、デリケートゾーンの石鹸で何とかなる場合もあるので、一度かゆみなど何らかのトラブルが出来てしまった場合は、ケアがとても大切になります。

 

できれば、乾燥させないためにも保湿成分が入っているのがソープがベストですが、わりとお値段が良いので、ニオイなどや蒸れだけ気になる人は専用の石鹸などでケアしてみてくださいね。

 

 

デオシーク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ