妊娠中に便秘  ヨーグルトで解消されない理由


プラセンタ用

妊娠中は便秘薬が飲めないので、便秘の人がとてもつらいですよね。妊娠してから便秘が酷くなった人も多いかもしれません。

 

便秘にはヨーグルトが良いといわれているので食べているけれど、ヨーグルトだけで便秘が解消されない人も多いのではないでしょうか。

 

なんでヨーグルトだと効果がないんだろうと思いますよね。やはりすっきりと出したいですよね。

 

スポンサーリンク



 

便秘改善にはヨーグルトだけでは効果がない

ヨーグルト 

ヨーグルトで便秘が改善する人もいると思いますが、特に妊娠中は便秘改善が実感できないと思います。

 

そもそも、便秘がでるのは腸内に善玉菌が多い状態となります。

 

便秘の場合は、腸内にある善玉菌を増やす必要があります。

 

普段は食事などで善玉菌を増やす食べ物が多いですが、妊娠中になると限られてしまうのが善玉菌が増えない理由だったりします。

 

そのため、ヨーグルトだけでは便秘改善までの善玉菌を増やすことができないのです。

 

 

妊娠中にはヨーグルトにアレを加える

 

これは妊娠中だけでなく、

便秘の人も同様なのですが、ヨーグルトにとあるものを加えることで、便秘を改善する善玉菌を増やすことができます。

 

食事制限があるのですが、

妊娠中でも全然摂取して大丈夫な食べ物となります。

 

オリゴ糖

 

それが、オリゴ糖です。

 

オリゴ糖には善玉菌を増やすエサになります。

 

そのため、ヨーグルトはエサとしての働きがないので善玉菌を増やすことができないのです。

 

あくまでもヨーグルトは善玉菌をそこにいさせる助っ人的役割なのです。

 

妊娠中でなければ、色々な食事から善玉菌のエサを得ることができます。

 

ですが、妊娠中は食べられるものが制限されたり、気持ち悪くて食事を食べたくない人もいると思います。

 

ヨーグルトで効果がないのは善玉菌のエサ不足が原因だったのです。

 

 

どのオリゴ糖を取ればいい?

 

オリゴ糖を取ればよいといっても、妊娠中なのでどんなオリゴ糖を取ればいいか悩みますよね。

 

化学合成物質が入っているスーパーのオリゴ糖だと心配という方も多いと思います。

 

妊娠中に話題になっているのが、「カイテキオリゴ]」というオリゴ糖です。

 

 


 

 

通販サイト限定のオリゴ糖なのですが、合成着色など化学物質が入っておらず、高品質な純度100%のオリゴ糖です。

 

余計なものが一切入っていないので、サラサラしていてヨーグルトに混ぜるとすぐに溶けてしまいます。

 

オリゴ糖は本来普通の砂糖よりも甘みが1/4と少ないので、低カロリーで安心して食べることができます。

 

妊娠中でも甘いものを取りすぎたり、カロリーの心配をする必要もありません。

 

返金制度がある

 

だけど、実際にヨーグルトなどに混ぜて合わないと嫌だなと思いますよね。

 

ですが、オリゴ糖を混ぜたヨーグルトを食べると、便秘改善など効果が出るのに3日あたりでわかるそうです。

 

万が一25日以内に食べても合わない場合は、全額返金保証制度もついています。

 

そのため、実際に損することなく試すことができます。

 

妊娠中でどのくらい食べればいいかわからない場合は、専門のサポートもメールや電話で聞くこともできるので、安心してトライすることができます。

 

妊娠中の人がカイテキオリゴをヨーグルトなどに混ぜた食べ方をして、スルリと出たり便秘に苦しむことなく産むことができている人も多いようです。

 

妊娠中に便秘だと、赤ちゃんを産むのが大変なので、

興味がある方は一度だけでも試してみることをおすすめします。

 

 

≫カイテキオリゴの詳細はこちら

 

 
スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ