みんなの家庭の医学 悪玉を減らす水溶性食物繊維

不健康な心臓

2016年2月9日に放送されたみんなの家庭の医学では、心筋梗塞を未然に防ぐ内容が紹介されていました。

 

心臓の動脈硬化を防ぐのが水溶性食物繊維の摂取とウォーキングです。光プラークを改善するには、悪玉を減らすか、善玉を増やす方法を紹介しています。

 

今回は、みんなの家庭の医学で紹介された心筋梗塞を未然に防ぐ(光プラークを予防する)悪玉を減らす食物繊維の食事とウォーキングなどの番組まとめをご紹介します。

ぜひ、みんなの家庭の医学を見逃してしまった方はご参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク




 

 

みんなの家庭の医学 心筋梗塞を未然に防ぐ番組まとめ

 

心筋梗塞は冬に増える

 

心筋梗塞のリスクは冬に増えるそうです。心筋梗塞は12~2月に死亡率が増えていて約4万人も及ぶそうです。

 

心筋梗塞のなったとき、身体はどうなるのか

 

長い年月をかけて心臓の冠動脈にコレステロールが溜まるそうです。

 

このコレステロールはプラークというもの塊ができてしまいます。このプラークが何らかの原因でブラークが破裂する。

 

寒いと血管は収縮して、血流アップがあっぷするそうでうす。すると、血圧が上昇して血流がプラークに刺激を与えるすると、ブラークが破裂して心筋梗塞や狭心症を起こしてしまうそうです。

 

 

プラークを破裂させず心筋梗塞はどのような人に起こる?

 

プラークが破裂する心筋梗塞のリスクを予測できるそうです。

 

心筋梗塞になる人には、冠動脈と他の壁と比べると光プラークがあるそうです

 

将来、破滅するプラークと破裂しないプラークがあり、光プラークがあると、心筋梗塞や狭心症になるリスクが高まるそうです。

 

将来、破裂しやすい光るプラークは、血管の壁に入り込んだコレステロール⇒破裂しやすい状態を起こしてしまうようです。

 

放っておくと数年以内に心筋梗塞の発症リスクが高まる

 

しかし、誰でもコレステロールが血管がたまりますよねという状況になりますよね。

 

 

光プラークを持っている人と持っていない人の違い

 

医者

 

コレステロール値が高いと判断された人で、コレステロール200に対して大きく超えている人で実験した結果、コレステロール過多でも光プラークが全ての人にあるというわけではありませんでした。

 

そのため、総コレステロール値がだけではないということがわかります。

 

コレステロールの他に、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの値も見る必要があるそうです。

 

 

悪玉/善玉コレステロール値とは?

 

健康診断の結果をみると、総コレステロール値の他に、HDLコレステロール値とLDLコレステロール値というものがあります。

 

じつはこの二つがポイント。

 

HDLコレステロール値

LDLコレステロール値

 

コレステロールには、善玉と悪玉のコレステロールがあり、HDLが善玉コレステロール、LDLが悪玉コレステロールの値となります。

 

悪玉コレステロールは一見悪そうに見えますが必要な分であれば、細胞膜の成分やホルモンの材料⇒肝臓で作られて全身に運ばれるそうです。

 

悪玉コレステロールは、細胞を修復するのに必要なのです。しかし、必要以上に増えると、血液に悪玉が取り残される⇒悪玉が傷口からプラークになってしまいます。

 

逆に、増えすぎた悪玉の掃除訳が善玉コレステロールの役目です。余分な悪玉コレステロールを回収し、肝臓へと戻します。

 

悪玉が多くても、善玉が多いとプラークはできないのですが、悪玉が善玉より多いとプラークが作られてしまいます。

 

そのため、悪玉と善玉のバランスが大切ということになります。

 

 

悪玉/善玉比でコレステロール値を出してみる

 

 

悪玉÷善玉=コレステロール値という計算方法になります。

 

悪玉100:善玉60とすれば、悪玉/善玉=100/60=1.7

 

この比率が、2.5以上だと光プラークができている可能性があるそうです。

 

プラークが光った人みんなの家庭の医学に出ていた人は、悪玉181/善玉56=3.2

 

光らない人は、2.1~2.3で2.5を下回っていました。

 

悪玉/善玉の比率が多いと、心筋梗塞や狭心症になりやすくなります。

 

しかし、悪玉/善玉比を知ることで心筋梗塞のリスクを改善できる。

 

※ただし、これだけが高いだけでなく、血圧が高い、血糖値が高いなどもあるそうです。

 

 

高くなってしまった悪玉/善玉比のコレステロール値を下げる方法

 

善玉菌

 

プラークができて、善玉コレステロールが増えた場合、プラークの中の悪玉を善玉が入り込んで回収することができます。善玉を増やすとプラークが無くなるので、善玉を増やせる。

 

つまり悪玉/善玉比改善を下げるには、悪玉コレステロールを下げる方法と、善玉コレステロールを増やす必要があるのです。

 

 

悪玉コレステロールを下げる方法

 

水溶性の食物繊維を摂取すること

 

水溶性の食物繊維を摂取:水に溶けやすい食物繊維

 

にんじんの根菜類・きのこ・海藻類・ねばねば食品にふくまれています。

 

腸内でジェル化⇒悪玉を包み排出してくれるそうです。

 

 

善玉を増やす方法

 

善玉コレステロールを上げるにはウォーキングがよいとそうです。

 

ウォーキングの歩数は8000~1万が目安。

 

善玉を増やすホルモンが活性化するそうです。

 

 

心臓に光プラークがある人は悪玉を減らす

 

善玉コレステロールを増やすには時間がかかるそうです。

 

そのため、心臓に光プラークがある人は、悪玉を減らす水溶性の署御供物繊維を取ることが必要。

 

8g以上の水溶性物繊維を納豆で食べるなら納豆8ℊ=5パックが必要のようです。

 

ウォーキング8000歩以上あるくのももちろん大切です。

 

 

水溶性の食物繊維を取るレシピ

 

栄養

 

順天堂大学の高橋先生の管理栄養学高橋先生が、毎日野菜をたくさん食べれる水溶性の食物繊維を豊富にとるアイデア料理を考案。

 

悪玉コレステロールを減らすレシピとなります。

 

 

・ばくだんおにぎり(梅干0.14gとゴマ大さじ200.36g海苔8枚5枚1g)

ごはんに梅干を入れて、ゴマをたくさん入れる⇒海苔をまく

 

・海苔とアボカドのサラダ(悪玉を減らすオレイン酸も入っているアボカド半分1.2g、海苔)

・アボカドとスモークサーモンをワサビマヨネーズで混ぜる⇒海苔をかける

・にんじんとわかめのみそしる(にんじん、わかめ)

・オクラのせ冷奴(オクラ)

 

 

・えのきたけとひじきのモダン焼き(えのき、ひじき、粉寒天)

 

作り方

 

①小麦粉を防塁に入れてt(0.6g:50g)

 

粉寒天(裏ワザ食品:約8割が水溶性)

粉寒天は、スープやごはんに入れると、効率よく摂取することができるそうです。スプーン1杯で1ℊの食物繊維が取れます。

 

③えのき、ひじきをくわえ、中華麺と一緒に焼く。

 

・押し麦とオクラの味噌汁(おくら)

 

 

 

・にんにくの芽と牛肉のオイスター炒め

・かんぴょうとにんじんおきんぴら

・わかめとなめこの味噌汁

 

ご飯には粉寒天を入れて炊き上げる

 

 

水溶性食物繊維を食べてウォーキングした結果

 

光プラークがあった人が食事+ウォーキングを10日すると、悪玉が減っりました。しかし、今のところは善玉は変化が見られなかったようです。

 

しかし、悪玉が減ったことで、善玉悪玉比率は10日で-0.2現象しています。

 

光プラークがありそうな方は、上記の方法をして、心筋梗塞を防いじゃいましょう。

 

水溶性の食物繊維を摂取するには、以前放送された奥園レシピもおすすめです。

⇒みんなの家庭の医学で紹介 奥園流(鉄分)常備レシピ

 

みんなの家庭の医学過去の放送まとめ記事

みんなの家庭の医学 舌を鍛えるスルメトレーニング

みんなの家庭の医学 善玉菌を増やして腸内フローラを綺麗にする方法

みんなの家庭の医学 心臓を若返らせる心不全予防

みんなの家庭の医学  認知症予防 アロマの配合量

みんなの家庭の医学で紹介 奥園流 心臓を若くする鉄分レシピ

みんなの家庭の医学 ウォーキングで10の病を予防する歩数

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ