たけしのみんなの家庭の医学 アロマの配合量

先生

2015年2月25日たけしのみんなの家庭の医学で、アロマオイルによる認知症予防内容が放送されました。

 

そんな中、みんなの家庭の医学で紹介されたアロマの配合したニオイが良いそうです。

 

今回は、たけしのみんなの家庭の医学で紹介された認知症とアロマの関係と配合量、認知症予防に開発された若返りアロマオイルの通販方法についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク




 

 

たけしのみんなの家庭の医学 アロマオイルと認知症の関係

 

 

認知症はこれといった薬などがないため予防するのはとても大変です。

 

そのため認知症を防ぐ方法としては、、認知症予防などに良い食べ物など生活習慣を見直す程度でした。

 

他にも様々な認知症予防がありますが、その中でもたけしのみんなの過程の医学では、「アロマオイル」を使い嗅覚を利用して認知症を予防する内容が取り上げらていました。

 

さて、アロマオイルはリラックスするのに良いとされますが、認知症とアロマは何故良いのか?

 

 

人の嗅覚と認知症の関係

 

 

人の嗅覚には、海馬という記憶をつかさどる部分と直結しているそうです。

 

認知症が進行すると、嗅覚の神経(嗅神経)にダメージが当たってしまうそうです。

 

そのため、嗅覚と脳は直結していることから、徐々に記憶に必要な海馬に影響を与えてしまうそうです。

 

そこで、なぜアロマが必要なのか。

 

アロマは嗅覚の神経を刺激するからです。嗅覚には再生能力が高いとされ、嗅覚を刺激することで認知症の改善を促そうとするということなのだそうです。

 

つまり、適切な香りを嗅い嗅覚の神経(嗅神経)を刺激⇒嗅覚とつながっている記憶に大切な海馬を刺激して活性化させるとうことです。

 

このことで、認知症の予防や改善に繋げるそうです。

 

脳の細胞の機能を停止する中核症状というものがあります。

 

これらに対してもアロマオイル治療に効果があるとされた話があるそうです。

 

アロマでもある匂いを嗅ぐと良いそうです。1つだけではなく、配合したものが良いそうです。

 

 

アロマの使う時間帯とアロマの配合

 

 

使用するアロマは、植物性由来の天然あるアロマオイルが良いそうです。(化学物質の香りではない方が良いそうです)

 

紹介している各2種類を配合したアロマとなります。

 

昼のアロマオイルの配合

 

昼には活性系アロマオイル

 

 

・ローズマリー・・2滴

・レモン・・・1滴

 

配合比率2:1

 

 

午前中に2時間以上嗅ぐと高い効果がさらに期待できるそうです。

ローズマリーには集中力が高まり、レモンには高揚効果があるそうです。

 

神経を活性化アロマです。

 

おすすめの芳香器

 

・アロマネックス

・10ミニッツアロマライト

・カオルスティック

 

 

夜のアロマオイルの配合

 

 

夜には鎮静化系のアロマオイル

 

 

・ラベンダー・・2滴

・オレンジ・・1滴

 

 

配合比率2:1

 

就寝1時間前から2時間以上嗅ぐと高い効果が期待できるそうです。

ラベンダーには安眠効果があり、オレンジにはリラックス効果があるそうです。

 

 

神経細胞を鎮静化させるアロマです。

 

おすすめの芳香器

 

・アロマミストディフューザ

・アロマランプ

・アロマストーン

 

 

芳香器でも、アロマオイル用のペンダントが簡単なのだそうです。

 

40代から50代でも認知症の予防効果はあるそうです。

 

 

アロマの使い方

 

アロマペンダントなど、芳香器に配合したアロマオイルをしみ込ませて、上記の時間を各昼と夜行います。

 

 

アロマを嗅ぐときの注意

 

 

アロマオイルは鼻に近づきさせると、脳が嗅覚神経と直結に繋がっているだけでなく痛みの神経にもつながっているようでです。

 

そのため、不快感や頭痛がでる場合もあるそうです。

 

また、不快感や異変が起きた場合はすぐにやめた方が良いそうです。

 

 

脳の若返りのブレンドアロマオイルを通販方法ができる

 

 

最近ではアロマの需要も高まりデパートや雑貨店などでアロマが売られるようになりました。

 

その中でも、みんなの家庭の医学で注目された、香りの成分と配合量の昼と夜用のオーガニックのアロマが通販で発売されていて、お店で探すよりも簡単に注文をすることができます。

 

単品でアロマを買うよりも、アロマペンダントなども付いてくるので、断然コスパが良いです。

 

昼用/夜用ブレンドアロマはこちら

aroma

おすすめはオーガニックアロマを使った彩生舎から発売されている「昼用・夜用のブレンドアロマセット」です。

 

昼、夜ともに10ml使用するそうです。1滴約0.05mlなので、お徳用各10mlは、約200滴分です。

 

量はこのくらい↓

 

毎日3滴使ってこの量でも、2ヵ月以上の使用ができるのだそうです。1日約87円でうっかりを予防をすることができます。

 

40~60代の方に使われていて、母の日や父の日のプレゼントとしても話題になっているそうです。

 

最近うっかり・・・が多い方は、アロマで鼻から脳へと刺激した方がいいかもしれませんね。

 

認知症対策に様々な方法を試しても無理だったり、面倒くさい場合、アロマは嗅ぐだけなので、難しいことをしなくても良いので便利です。

 

認知症予防をされたい方は香りで脳を刺激してみて下さいね。

 

今だけ、アロマペンダントがついてくるそうですよ。今すぐ欲しい方は、このお得なチャンスをお見逃しなく!

 

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セットの詳細はコチラから

 

たけしのみんなの家庭の医学 認知症とアロマの配合量 まとめ

 

認知症と嗅覚の神経が関わっているため、アロマが良いという内容でした。

 

高齢化社会において年々認知症の人が増えています。

 

認知症は突発的になるものではなく、10~20年の長い歳月をかけて進行していきます。

 

最近では若年性認知症などもあるように、早い年齢からの対策が必要になってくるのではないかと思います。

 

アロマを嗅ぐだけなので、誰でもできます。また、リラックスにも良いですよね。

 

これを機会にアロマを試して認知症予防をしてみませんか?

 

 

みんなの家庭の医学過去の放送

みんなの家庭の医学 悪玉を減らす水溶性食物繊維

みんなの家庭の医学 舌を鍛えるスルメトレーニング

みんなの家庭の医学 善玉菌を増やして腸内フローラを綺麗にする方法

みんなの家庭の医学 心臓を若返らせる心不全予防

みんなの家庭の医学で紹介 奥園流 心臓を若くする鉄分レシピ

みんなの家庭の医学 ウォーキングで10の病を予防する歩数

 

家庭の医学で紹介された

↓↓配合量済みのアロマはこちらから↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ