みかんの皮のお風呂の効果とは

みかん

みかんはそのままで食べても美味しいですが、皮にも美容に嬉しい成分が含まれています。

 

特に、皮はお風呂に入れるのが効果的です。

 

本来、野菜や果物には中身よりも皮に栄養があるといわれています。そのため、皮を捨てるのはもったいなかったりします。

 

そこで今回は、みかんの皮のお風呂の効果についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク




 

 

みかんの皮お風呂の効果とは

 

 

保温効果

 

みかんの皮には、リモネンという成分があります。

 

このリモネンには、血行促進効果や、肌の表面に膜を作ることで保温作用があります。

 

保温効果は、入浴から40~50分ほど持続効果があります。

 

そのため、湯冷めを防いだりすることができます。

 

身体がポカポカするので、寝つきが悪い方にもみかんの皮お風呂はおすすめです。

 

 

 

肌荒れ改善効果

 

みかんには、肌荒れやニキビなどを改善するのに必要なビタミンA、ビタミンCやクエン酸が豊富です。

 

また、皮に含まれているヘスピリジンには、アレルギーやアトピーなどを改善する効果もあるとされています。

 

そのため、肌にはとてもよい美肌効果も期待できます。

 

 

 

体臭予防効果

 

 

クエン酸には、体臭を消す効果があるとされています。

 

 

 

リラックス効果

 

みかんのほのかな柑橘の香りが、リラックスや精神的ストレス解消などの効果を高めてくれます。

 

特に、アロマが好きな女性には天然アロマテラピーになります。

 

 

みかんの皮お風呂 お湯になぜ入れる?

 

みかんの皮に含まれているペクチンやリモネン、クエン酸はお湯に入れることで、成分が染み出すからです。

 

そのため、みかんの皮お風呂がおすすめなのです。

 

みかんの皮をお風呂に入れることで、みかんの皮が天然の美容に嬉しい入浴剤となります。

 

これは、みかんの中身だけ食べて、皮を捨てるのはもったいないですよね。

 

また、みかんの皮はお風呂以外にもお掃除にも使うことができます。

 

ぜひ、興味がある方は、みかんの皮を再利用してみて下さい♪

 

 

関連記事

⇒みかんの皮お風呂の作り方

⇒みかんの皮で掃除をする方法

⇒乾燥肌や冷え性におすすめの入浴剤

⇒ルイボスティーをお風呂に入れてみる

 

 

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ