プラセンタ注射に効果はあるのか?


考える

プラセンタは肌や健康によいとされています。プラセンタの摂取方法としては、サプリや原液の他に注射があります。

 

注射となると、結構怖いものがありますよね。実際にこのプラセンタ注射には効果があるのだろうかと感じます。

 

そこで、プラセンタ注射について調べてみました。今回は、プラセンタ注射には効果があるのかどうか調べたことについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク




 

 

プラセンタ注射には種類がある

 

プラセンタは体の活力を与えてあり、美肌など成分には効果があるとされています。

 

摂取方法は、プラセンタ原液やサプリメントなどが主です。他の方法として、プラセンタでは注射で直接体内に入れる方法があります。

 

そのなかでも、医療用のプラセンタ注射には種類として2種類あるそうです。

 

メルスモン

 

更年期障害、乳汁分泌不全などのホルモン治療に使われる注射。

 

塩酸をしようした加水分解法。この加水分解法は、有効成分が分解されてしまうとか。

 

 

ラエンネック

 

 

肝機能障害改善などの治療に使われる注射。

 

分子分画方法を使用。この方法は、有効成分を分解せずにプラセンタエキスを抽出できるそうです。

 

美容効果に関しては、どちらもさほど変わらないようです。

 

 

 

 

プラセンタ注射の特徴

 

プラセンタを直接体内に入れるので、すぐにプラセンタが身体に吸収され、成分が数日は残るようです。

 

週に1、2度の注射を約2mlするのが目安。注射部分は、皮膚や筋肉内のようです。お尻やお腹にも注射をしてもらえるようです。

 

また、1回での即効性はなく、効果を感じるまでには、ある程度の摂取が必要のようです。

 

疲れや筋肉痛、更年期障害、生理不順、肝機能障害などなどに期待ができるという声もあるそうです。

 

プラセンタは本来胎盤から抽出したエキスであるため、安全性には考慮されています。

 

感染症などといったことはないそうです。

 

ただし、今までに事例がなかっただけで、100%が安心であるとはされていません。

 

 

プラセンタ注射をした人の口コミ

 

 

プラセンタ注射を打った人によると、お肌の調子が良くなったり、体調がよくなったという口コミをみかけました。

 

他にも、肌の乾燥が改善されたりという口コミも。

 

肌や疲れ改善の人、なかには、肩こりに良かったという方も口コミもありました。

 

※プラセンタ注射の効果は個人差があります。

 

 

プラセンタ注射 保険適用?

 

 

35歳以上で保険が適用になります。

 

ただし、プラセンタ注射は保険が適用されるかは病院や症状によって異なるそうです。

 

更年期障害や、肝硬変などの病気などに対して、プラセンタ注射は保険適用が適用される場合が多いそうです。

 

しかし、シワやシミなどの改善での美容の効果での場合は、保険適用は難しそうな感じです。

 

 

 

プラセンタ注射が打てるのは何科?

 

 

プラセンタ注射が打てる病院は、美容外科や皮膚科、内科、心療内科、産婦人科など。

 

美容外科に比べると、皮膚科や内科の方が安く注射を打てるところがあるそうです。

 

 

 

プラセンタ注射を打つと献血ができなくなる

 

 

どうやら、1度でもプラセンタ注射をすると、献血を控えなくてはならないそうです。(厚生労働省通達)

 

献血をしなければならない場面に出くわしたときには怖いですね。

 

 

プランセンタ注射まとめ

 

 

プラセンタ注射は、注射なので打つときは痛いそうです。(注射がうまい人に当たれば別ですが)

 

注射が怖い方や、心療する病院がない場合は、サプリや原液がおすすめです。

 

 

おすすめプラセンタ原液・サプリ

 

プラセンタ原液

⇒リマーユ プラセンタ原液

⇒フルコラ プラセンタ原液

 

プラセンタサプリ

⇒フルコラ プラセンタつぶ5000

 

プラセンタを摂取する場合は、副作用の記事もぜひご覧ください。⇒プラセンタによる副作用

 

スポンサーリンク




    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ