マヌカハニーに副作用はある?


ハニー

マヌカハニーは抗菌作用が高い蜂蜜なので食べてみたい方も多いと思います。しかし、食べる前にマヌカハニーには副作用があるのか疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、マヌカハニーには副作用があるのかについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク




 

 

マヌカハニーに副作用はある?

 

マヌカハニーは食品なので、基本副作用の心配は少ないそうです。

 

ただし、マヌカハニーに含まれる栄養素やハチ関連のアレルギーなどを持っていた場合は、なんらかしらの症状出る人はいるそうです。

 

症状としては、かゆみ、湿疹などの反応です。また、蜂に刺されてショックを起こした方も控えなければならないそうです。

 

副作用のような症状に関しての事例は皮膚炎以外にも、肝障害などの健康被害もあるそうです。

 

アレルギー反応など上記のような症状が出てしまった場合は、直ちにマヌカハニーの摂取をやめて、医師の相談に従ってください。

 

また、慣れない人がマヌカハニーを食べると、ピリピリとした感覚になる人がいるそうです。しかし、その感覚は副作用でもなんでもなく、身体の健康上には問題はないそうです。

 

 

マヌカハニーの抗菌力

 

マヌカハニーは、消毒液の約6倍もの抗菌力があるとされています。

 

そこまでの抗菌力があると、逆に身体にダメージを与え、副作用のような症状がでそうな気がしますよね。

 

しかし、マヌカハニーを食べても特に影響はないそうです。

 

ピロリ菌など、有害となる菌の繁殖を抑えたり、整腸作用を良くしてくれるそうです。腸内環境が良くなれば、自然と免疫力などがアップします。

 

 

 

子供がマヌカハニーを食べるときの注意

 

マヌカハニーに限らないことなのですが、マヌカハニー含めた蜂蜜を抵抗力がない1歳児未満の乳児には与えないでください。(厚労省より)

 

はちみつにはボツリヌス菌という菌が含まれてて、赤ちゃんが食べてしまうとボツリヌス中毒を起こしてしまう場合があるからです。

 

乳幼児は食べることができませんが、少し成長した子供が食べると風邪予防になりそうですよね。

 

 

 

妊婦中や授乳中の人がマヌカハニーを食べるときの注意

 

1歳に授乳中のお母さんや妊娠中の方が食べてもよいそうです。風邪予防に食べてる方も多いようです。

 

しかし、授乳中、妊娠中を食べたときの安全性のデータは少ないそうです。

 

そのため、妊娠、授乳中の方が食べるのは控える方が良さそうな感じです。そのあたりはなんとも言えないところです。。

 

食べる場合は少な目に食べたりして、過剰摂取は控えるようにしましょう。

 

 

 

上記以外のマヌカハニーを食べるのに注意

 

・マヌカハニーは糖分が高いため、糖尿病や糖分制限をされている方は控えてください。

 

・喘息患者(悪化する場合があるため)

 

 

マヌカハニーの副作用 まとめ

 

マヌカハニーは、副作用ではありませんがアレルギー反応のような症状が現れる方もいらっしゃいます。

 

そのため、心配な方は、マヌカハニーを食べる時は少量から体に慣れされる食べ方をおすすめします。

 

1日の摂取目安がティースプーン1~3杯とすれば、1日1杯またはそれ以下から食べ、アレルギー反応がないかを確認しながら食べてみましょう。

 

マヌカハニーの選び方・おすすめ商品はこちらから⇒マヌカハニーの選び方 MGOとUMFをチェックする(MGOは抗菌力)

マヌカハニーの効能についてはこちら⇒マヌカハニーの効能とは?

マヌカハニーのを食べてみよう⇒マヌカハニーの食べ方

 
スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ