バイキングで紹介されたこめ油について


オイル

2015年12月8日のフジテレビ系列「バイキング」にてこめ油が紹介されていました。12月になり寒くなると、血管が収縮しやすく、脳梗塞や動脈硬化の原因とされています。じつは、米油はそのリスクを下げることができます。

今回は、バイキングで放送されたこめ油の内容と補足についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

バイキングで紹介こめ油

 

今話題のエゴマ油、アマニ油などの成分は脳によいとされています。また、米油は血管によいとされています。

 

12月は、寒くなり気温が下がることによって、血管が詰まったり収縮します。そのことから、動脈硬化や心筋梗塞を招いてしまいます。

 

そのため、血管を対策する必要があるのです。そのため、血管を強くしてくれる米油が身体には良いとされています。

 

 

こめ油とは

 

米油とは、米ぬかから抽出した油です。

 

米油小さじ2(10g)に対して、玄米が700gも必要となります。

 

玄米には栄養がたくさん入っていますが、米油にすることにより栄養をふんだんに摂取することがきます。

 

また、ぬかの臭みもなくさらっとした油です。

 

 

こめ油の成分

 

こめ油の目玉成分はガンマオリザノールとビタミンEが含まれていることです。

 

米油のビタミンEは、スーパービタミンともいわれ、強い抗酸化力があります。

 

そのため、血管に溜まる老廃物や脂肪を抑制してくれます。

 

抗酸化能力が強いということは、血管を予防するだけではなく、アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

ガンマオリザノールには、血液中(腸内など)のコレステロールを下げる作用などがあります。

 

 

こめ油の食べ方

 

バイキングでは、天ぷらと白身魚のフリッターを紹介していました。

 

米油は熱につよいので、天ぷらなどに使って良いそうです。

 

米油は、3~4回使い回しができるため、通常の油よりもコスパとなります。

 

普段の調理に使っている油を米油として使っても良いです。

 

白身魚のフリッターは、タンパク質が豊富な白身魚と合わせるのが良いそうです。

 

 

こめ油の摂取量

 

米油の量は、基本どのくらいでも良いです。

 

バイキングでは、1日の目安摂取量は10~15gと説明されていました。

 

 

こめ油の効果を引き出す食材

 

バイキングでは、こめ油とレモンの組み合わせが良いと紹介。

 

ビタミンEは、ビタミンCと合わせて摂取することにより、ビタミンEの効果が1.5倍になるそうです。

 

 

こめ油の保存方法

 

光に触れない暗所、湿度が低いところに置いて保存しておくと良いそうです。

 

シンクの下などが良いと思います。

 

こめ油に関しては、以前テレビ朝日のみんなの家庭の医学でも紹介されました。

どちらかといえば、こちらの方が具体的です。米油の使い方や、効果の引き出す別の方法、成分の詳しい説明、番組で紹介された米油など、内容の記事となっています⇒⇒みんなの家庭の医学で紹介 山形県の米油(こめ油)とは?

 

米といえば、米の発酵した成分を使った化粧水もおすすめです。

⇒コーセーの米肌化粧水

 

 

スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ