ブロッコリースプラウトは抗酸化作用が強い

スプラウト

ブロッコリースプラウトは、アンチエイジングやがん予防となる抗酸化作用がとても強い食品です。じつは、ブロッコリースプラウトの抗酸化作用には特徴があります。

そこで今回は、ブロッコリースプラウトの抗酸化作用についてご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

 

ブロッコリースプラウトに含まれる抗酸化作用とは?

 

抗酸化作用とは、身体のサビの原因とされている活性酸素を除去することを言います。

 

活性酸素は、細胞を攻撃して体の錆らせてしまいます。細胞が弱まるということは、病気や皮膚の老化などの原因となってしまいます。ちなみに、このサビは酸化という表現を使います。

 

活性酸素は紫外線、スポーツ、過剰なストレスなども発生してしまう酸素です。そのため、身体のサビを予防する酸化を予防しなければなりません。

 

そのため、抗酸化作用のある食べ物などを摂取することで、酸化を抑えることができます。

 

ブロッコリースプラウトには、抗酸化作用であるスルフォラファンという成分が含まれています。

 

抗酸化作用がある食品はたくさんありますが、なぜブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンが、特に抗酸化作用が強いといわれています。

 

 

ブロッコリースプラウトの抗酸化作用の強い理由

 

ブロッコリースプラウトには、成長したブロッコリーよりもスルフォラファンが多く含まれています。

 

ブロッコリースプラウトの抗酸化作用は、持続性があるということが特徴です。3日も持続することです。生で良く噛んで食べれば、特に良いとされています。

 

また、ブロッコリーに比べると抗酸化作用は、10~20倍ものあります。

 

抗酸化作用が強いということは、病気になりにくくなる(がん予防)にもなりますし、アンチエイジングにもなります。

 

抗酸化とは似ていますが解毒作用もあるので、デトックス効果、発がん性リスクの予防としても有効です。

 

スルフォラファンは肝機能にもよいとされているので、お酒を飲まれたり肝機能が弱い方には特に食べることをおすすめしています。

 

抗酸化作用によるブロッコリースプラウトの効能は他にもあります。詳しくはこちらの記事にてご紹介中です。⇒ブロッコリースプラウトの栄養効果と量について

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ