ブロッコリースプラウトの食べ過ぎよる副作用


スプラウト

ブロッコリースプラウトは、身体に嬉しい栄養素が含まれています。

 

しかし、よい食品だからといって食べ過ぎはよくありません。

 

そこで今回は、ブロッコリースプラウトの食べ過ぎによる副作用があるのかについてご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

ブロッコリースプラウトの摂取量とは?

 

食べる

 

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンの抗酸化作用が3日持続します。

 

普通の食品であれば、毎日食べるのが定番ですよね。

 

しかし、ブロッコリースプラウトに関しては、そのため、毎日摂取する必要はありません。

 

3日に1度、1パックの頻度で大丈夫です。

 

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンの1日の摂取量目安は30㎎(ブロッコリースプラウト1.5パック、ブロッコリー1株分未満)となっています。

 

 

ブロッコリースプラウトの食べすぎで副作用が出る?

 

疑問

 

ブロッコリースプラウトは野菜なので、副作用はありません。(副作用があるのは薬です)

 

多少ブロッコリースプラウトを取りすぎても、野菜なので大丈夫です。ただし、過剰に食べ過ぎると、身体には毒になってしまう場合もあります。

 

できるだけ1日の摂取量を守るようにしてください。

 

ただし、ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンのサプリメントなどを過剰摂取すると、身体に負担がかかってしまいます。

 

そのため過剰摂取した場合は、副作用のような症状がでる場合もあるかもしれません。

 

しかし、スルフォラファン入りのサプリメントは植物性のものであるため、比較的安心とされています。

 

副作用が出たという口コミなどは、今のところ見たことがありません。

 

また、使用上の注意と飲む量をきちんと把握しておくことが大切です。

 

医者

 

ただし、血圧を下げる薬など、何らかの薬を服用されている方がスルフォラファンのサプリメントを同時に服用する場合は、サプリメントを使う前に医師の相談してください。

 

ブロッコリースプラウトは肝機能に良いとされているので、食べ過ぎなければ良い味方となると思います。

 

ブロッコリースプラウトの効能と摂取量については下記の記事にてご紹介中です。

⇒ブロッコリースプラウトの栄養効果と量について

 

 

ぜひ、興味がある方はブロッコリースプラウトを食べてみて下さいね。

 

 

ブロッコリースプラウトが食べるのが面倒な場合

 

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンは魅力だけど、ブロッコリースプラウトとか野菜食べる機会なかなかないなという人もいるはず。

 

そういう人は、ケチャップやトマト缶などのカゴメから発売されているスルフォラファンのサプリメントが便利です。

 

・カゴメスルフォラファンサプリメント

 

1日に必要なスルフォラファンの量3粒で(30㎎)を目安に摂取できて、飲み忘れがないのでお手軽です。職場でも飲めます。

 

忙しくてブロッコリースプラウトが買えない・食べれない人や、健康診断が気になる方、働き盛りのハードな毎日のお供に飲むのも良いかもしれませんね。

 

カゴメのスルフォラファンサプリ詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ