ブロッコリースプラウトの栄養効果と摂取量

スプラウト

ブロッコリースプラウトというものをご存知でしょうか。ブロッコリーには栄養が豊富な摂取することできる野菜です。

 

しかし、ブロッコリースプラウト(スプラウト=新芽)には、驚くべき栄養成分の量と効果があります。

 

外見はカイワレ大根のような感じでイメージです。

 

じつは、栄養価が豊富なためにモデルやアスリートなども食べているそうです。隠れた健康や美の食品ですね。

 

そこで、今回はブロッコリースプラウトの栄養と効果や効能、食べるに摂取量ついてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ブロッコリースプラウトとは?

 

疑問

 

前述でも紹介したのですが、ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです。

 

言い方がかっこいいので、あたかもブロッコリーとは別の関連かと思いますが、新芽です。スプラウトは野菜の新芽の意味もあります。

 

(もやしなどもスプラウトです)

 

最近ではCMでも見かけるエンドウの若菜である豆苗にも似ていますが、外見はまさにカイワレ大根です。

 

ちなみに、ブロッコリーの新芽なので、成長すればブロッコリーになります。

 

 

ブロッコリースプラウトの栄養

 

栄養

 

ブロッコリーには、近年注目されている栄養素があります。

 

それが、スルフォラファンといわれるファイトケミカルのことです。名前が思わず噛んでしまいそうですよね^^;

 

スルフォラファンであるファイトケミカルには、植物が外的(害虫や菌、紫外線等)から実を守るための物質です。

 

抗酸化作用を上げてくれたりします。

 

また、人間が摂取することで抗酸化作用(解毒)だけではなく、肝機能も高めてくれます。

 

別にブロッコリーでもよいのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、新芽にはこのスルフォラファンが特に豊富に含まれています。

 

ちなみに、スルフォラファンの量はブロッコリーの10~20倍ほどもあります。

 

また、抗酸化作用の持続性が3日も続きます。

 

そのため、毎日ブロッコリースプラウトを摂取しなくても良いのです。

 

スルフォラファンのファイントケミカルは、人間に必要な5大栄養素に加え、6大栄養素となりつつある食物繊維の次の7大栄養素ともよばれているそうです。

 

他にもブロッコリースプラウトには、ビタミン、ベータカロテン、ミネラル、食物繊維も栄養が豊富に含まれています。

 

 

ブロッコリースプラウトの効果

 

 

ブロッコリースプラウトに多く含まれているスルフォラファンが多くの効果や効能を発揮してくれます。

 

 

肝臓(肝機能)に良い効能

 

 

飲み会

 

肝臓は、なんらかしらの症状が起きても分かりにくい臓器です。

 

そのため、肝臓が傷ついてもわかりません。

 

気づいた時にはすでに遅しという状態もあるほどです。肝臓を傷つけるのは、お酒の飲みすぎが当てはまります。

 

しかし、お酒を飲まない人でも、肉や脂の多いお菓子や甘いもの摂取、ストレス、たばこなど生活習慣が悪くても肝臓が悪くなりやすいです。

 

代謝の衰えも肝臓の衰えの原因になります。

 

代謝が低下し、肝機能が低下することにより、脂肪肝や高血糖の原因ともされています。

 

ブロッコリースプラウトに含まれているスフォラファンには、高い抗酸化作用による解毒作用でγーGTPとALTを下げることができます。

 

そのため肝機能の改善に良いとされています。数値については、健康診断で確認してみて下さい。

 

 

γーGTPとは?

 

解毒作用を行う肝臓や腎臓で作られる酵素のこと。

 

アルコールの飲みすぎや肥満になると、γーGTPがたくさんつくられます。そのため、血液に漏れてしまい、数値があがってしま
います。

 

数値が50以上あると、肝機能に異常の疑いがあるといわれています。

 

 

ALTとは?

 

アミノ酸とエネルギー代謝に関する肝臓にある酵素のこと。

 

なんらかの影響で異常が起きると、肝細胞が破壊されて血液に漏れます。(γーGTPと同じです。)

 

数値が30以上あると、肝細胞が障害を受けてしまっていることになります。

 

そのため、この肝臓にある酵素を減らす必要があります。スルフォラファンを摂取することで、肝機能の改善効果が期待できるのです。

 

 

二日酔いに良い効果

 

疲れる1

 

ウコンが二日酔いに良いといわれていますよね。(二日といえばウコンなので。。)

 

ウコンには、クルクミンという肝臓を解毒する作用があるのですが、そのクルクミンよりも25倍もの肝臓の解毒作用があるのがスルフォラファンなのです。

 

そのため、二日酔いの朝食や昼食に食べるとよいとされています。また、おつまみにもおすすめです。

 

 

デトックス効果

 

ダイエット成功

 

肝機能は食べ物を分解して、解毒する効果があります。そのため、デトックス効果が高まるとされています。

 

 

アンチエイジング効果

 

肌の調子が良い

 

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンには、抗酸化作用がとても強いです。そのため、肌のしみやしわなどの原因である活性酸素を除去してくれます。

 

活性酸素に関して詳しくはこちらの記事にてご紹介中です。⇒水素水とは

 

また、抗酸化作用の持続性が長いです。そのため、他の野菜よりも良いとされています。

 

 

ガン予防効果

 

ガッツ

 

1日50gを摂取することで、活性酸素を除去し、発がん性物質を抑制することもできるそうです。

 

他にも脱毛やピロリ菌増加などにもよいとされています。

 

 

ブロッコリースプラウトの摂取量

 

食べる

 

ブロッコリースプラウトには、抗酸化作用の持続性が3日とされています。そのため、毎日摂取する必要がありません。

 

1週間に1パック以上の摂取量で大丈夫です。3日に1度、1パックの量を食べれば大丈夫です。

 

身体にも良くて、とてもリーズナブルです。

 

 

ブロッコリースプラウトはどこで手に入れられる?

 

チェック

 

ブロッコリースプラウトは、スーパーなどに売っています。

 

ある場所はカイワレ大根が売っているあたりで、量も同じぐらいです。お値段は、1パック約100円とちょっとです。

 

たまに、1人分が50円ぐらいの小さなブロッコリースプラウトも売られるようになりました。

 

最近はCMでも見るようになりましたね。少し高いのだと、150円以上するブロッコリースプラウトも売られています。

 

たまに、置いていないスーパーもあるそうです。

 

 

ブロッコリースプラウトの味

 

種類によって変わりますが、味にクセはあまりないです。とても食べやすいです。

 

食べ方はこちら⇒ブロッコリースプラウトの食べ方

 

ブロッコリースプラウトの栽培方法

 

ブロッコリースプラウトが売ってない場合は栽培することもできます。

 

種をまいて一週間ほどで作れます。とても簡単です。

 

詳しくはこちらの記事にてご紹介中です。⇒ブロッコリースプラウトを種から育てる栽培方法

 

 

ブロッコリースプラウトの栄養 まとめ

 

ブロッコリースプラウトの栄養はブロッコリーよりも凄いです。ブロッコリーを食べるよりもお財布にやさしいですよね。

 

特に、肝機能にお悩みの方はおすすめです。抗酸化の持続性が長い食品って見かけませんよね。

 

ぜひ、興味のある方は、ブロッコリースプラウトを摂取してみて下さいね。

 

ブロッコリースプラウトの食べ過ぎについて⇒ブロッコリースプラウトの食べ過ぎによる副作用

 

関連記事

⇒ブロッコリースプラウトは抗酸化作用が強い

⇒バイキングで紹介されたユーグレナとは

 

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ