ルイボスティーの保存期間と保存方法

ルイボスティー飲み方

ルイボスティーを作るのに、1回ごとに作るのは面倒くさい方もいらっしゃると思います。そこで便利なのがルイボスティーの作り置きです。

 

そこで、今回はルイボスティーの保存期間や保存方法についてご紹介します。ルイボスティーの茶葉の保存方法も合わせてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

ルイボスティーの淹れ方

 

ルイボスティーの淹れ方についてはこちらの記事にてご紹介中です。⇒ルイボスティーの飲み方(淹れ方)

 

 

ルイボスティーの保存期間と保存方法

 

ルイボスティーは、常温と冷蔵庫で入れた保存方法の違いにより保存期間が違います。

 

常温⇒約2日~3日保存が可能
冷蔵庫⇒約5~6日保存が可能

 

冷蔵庫で保存しておけば、気軽にルイボスティーが飲めることができて便利です。

 

 

ルイボスティーの茶葉とティーバックの保存方法

 

 

ルイボスティーの茶葉を保存する場合は、缶や瓶などに入れておき、空気の入らないようにしておくのが大切です。

 

缶や瓶がない場合は、最終手段としてジッパーを使ってみてください。(空気に触れてしまうと、酸化して質が下がる場合があるため)

 

また、冷蔵庫に茶葉を入れてしまうと、品質が悪くなってしまうので、常温で大丈夫です。

 

ただし、直射日光は避け、夏場は涼しいところに置いておきましょう。高温多湿なところも控えてください。

ルイボスティーは、茶葉のままで売っているものはあまりなく、ティーバックで販売されているものが多いです。

 

ティーバックを入れるときは、開けたら、上記で書いた缶や瓶など密閉できるものに入れてみて下さい。

 

また、1包ずつ小分けになっていない場合は、作り置きが便利です。

 

 

ルイボスティーの賞味期限

 

 

メーカーによってルイボスティーの賞味期限は、開封前だと製造日から約2年とされています。

 

(メーカーによって多少賞味期限は変わります)開封後は質が下がってしまうので、賞味期限内に飲むようにしてください。

 

 

ルイボスティー賞味期限がきれたもの

 

飲むのを忘れてしまったルイボスティーがあると思います。

 

さすがに賞味期限が切れたルイボスティーを飲むのは控えてください。

 

ただし、せっかく買ったのに捨ててしまうのはもったいないですよね。
賞味期限が切れてしまったルイボスティーは、ぜひお風呂にいれてみましょう。

 

肌荒れやアトピーなどにおすすめの入浴剤のようなものになります。

 

⇒ルイボスティーの効能 お風呂に入れてみる

この方法は、賞味期限のルイボスティーだけではなく、飲み終わったティーバックでも使えることができます。

 

ぜひ、興味のある方は実践してみて下さいね。

 

⇒ルイボスティーの商品比較ランキング

⇒ルイボスティーの効果と効能とは?

 

煮だしできるルイボスティーは便利です。

エルバランシアのルイボスティーが美味しかった

 

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ