バイキング(フジテレビ)で紹介されたバジルシードについて


cropped-1.jpg

2015年12月2日にフジテレビ系列の「バイキング」にて、バジルシードが紹介されました。バジルシードは、チアシードと外見も栄養分は似ています。

そこで今回は、フジテレビのバイキングで放送されたバジルシードの内容についてご紹介します。

 

外見はチアシードとそっくりです。しかし、あるものがバジルシードは凄かったりします。

 

バイキングで放送された内容とプラス補足でご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

バジルシードとは?

 

バジルシードとは、タイやカンボジアが原産国のシソ科(バジル)の種のことです。

 

 

バジルシードは食物繊維が豊富

 

バジルシードの特徴は、なんといっても膨張率

 

チアシードに比べると、水に浸すと30倍も膨らみます。そのため、水に浸すと出る食物繊維もチアシードより3倍になります。

 

また、バジルシード4gだけで、レタス1個分の食物繊維があります。

 

 

バジルシードは低カロリー

 

高カロリーなチアシードに比べると、バジルシードはとても低カロリーです。

 

チアシード10gで50カロリーに対して、バジルシードは10gに対して10カロリーなのです。

 

 

バジルシードの食べ方

 

食前の30分前にバジルシードを摂取するのが良いそうです。バジルシードを小さじ1杯に対し、コップ1杯の水を入れて食べてください。

 

必ず、水に15分ほど浸して食べると良いです。

 

 

バイキングプロデューサーがダイエット

 

バイキングの番組プロデューサーが、3食バジルシードを食べてダイエットしたそうです。

 

1週間試した結果、、マイナス3.1kg、体脂肪2%減少。

 

食べ方としては、水、ヨーグルト、バジルシードドリンクなどです。納豆と食べたり、ヨーグルトと食べるとさらに効果があります。

 

お酒と一緒にバジルシードは飲まないでください。

 

個人的に、3食は食べすぎだな~と思います。低カロリーとはいえ、過剰摂取は控えて下さい。

 

 

バジルシードに効果が良いのは・・・

 

バジルシードを摂取量は1日9~10gが目安とされています。

 

個人的に、バジルシードはダイエットというよりかは、食物繊維が豊富なので便秘にお悩みの方が良いと思います。

 

 

バジルシードの成分とダイエットの関係

 

少し、バジルシードの成分の話になります。

 

チアシードではオメガ3(α-リノレン酸)がダイエットに良いとされています。オメガ3は体内に蓄積される脂肪などの分解や代謝をよくしてくれる役割です。

 

バジルシードにもオメガ3が含まれてはいるのですが、チアシードと比べると成分が明確にされていないそうです。そのため、低カロリーではありますが、ダイエット向きなのかは少々疑問が残るところではあります。

 

また、ダイエットに関してはチアシードの方が体重に関しては、良い結果がでています。(個人差はあります。)

芸能人のチアシード実践記録はこちらの記事から⇒チアシードの効果 斉藤こずえさんがダイエットに挑戦

 

しかし、食物繊維の量がとても多いので、便秘にはおすすめです。チアシードと比べるとよりグロテスクな外見になります。もうリアルカエルの卵。見た目が苦手な方は、ホワイトチアシードの方がおすすめです。

 

 

バジルシードやドリンク関しては、こちらの記事にてご紹介中です。⇒チアシードとバジルシードの違い

 

 

 

スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ