チアシードは授乳中に食べても大丈夫なのか

チアシード2

チアシードは栄養が豊富なため、産後に食べたいという方も多いはずです。

 

しかし、授乳中である授乳期間は、チアシードを食べても良いのかと思われる方が多いと思います。

 

そこで今回は、チアシードは授乳中でも食べても大丈夫なのかについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

チアシードは授乳中に食べてよいのか?

 

産後の授乳中に、チアシードは食べても良いのかと、チアシードを食べたい方と思われるはずです。

 

結論から書くと、授乳中はチアシードを食べても大丈夫です。

 

やはり心配なのは、お母さんの母乳がチアシードを食べたことにより、赤ちゃんになんらかの影響を与えるかもしれないことだと思います。。

 

しかし、チアシードは母乳に影響するような成分は入っていないので、赤ちゃんに影響はありません。

 

ただし、授乳中の食べるには注意することがあります。

 

 

授乳中のチアシード摂取で注意すること

 

チアシードを食べるときに注意してほしいのが、全ての授乳中のお母さんがチアシードを食べられるとは限らないことです。

 

チアシードの妊娠中での記事でも書いたのですが、個人差がありますが、チアシードはまれに体質が合わない人もいます。

 

食物関連で心配な方は、授乳中はチアシードは食べない方が良いです。

 

妊娠中のチアシード記事はこちら⇒チアシードは妊娠中に食べても大丈夫なのか

 

商品によっては授乳中は使用できないチアシードもあるようなので、使用上の注意をきちんと読むようにしてみてください。

 

心配であれば、メーカーなどに問い合わせてみるのも手だと思います。

 

また、チアシードを栄養素補給としてとる場合は良いのですが、ダイエット目的でチアシードを取りたい場合は控えた方が良いかもしれません。

 

カロリーが割と高いので、チアシード痩せない場合、ストレスになってしまう場合があるからです。

 

また、バランスよく栄養を取ってほしいためです。

 

あくまでも、補助食品的な考えで摂取してみましょう。

 

 

授乳中のチアシードの摂取量

 

普通の人の摂取量は1日大さじ1なのですが、授乳中は小さじ1あたりりが無難だと思います。

 

過剰摂取は絶対にしないでください。

 

 

チアシードは産後の栄養補給

 

チアシードは、産後のお母さんに必要なミネラルなどの不足している栄養素を補給することができます。

 

チアシードは、大さじ1杯を水に浸すだけなので、簡単に栄養摂取をすることができます。

 

また、便秘などにもチアシードは効果的なので、ヨーグルトなどに混ぜて食べるよいです。

 

授乳中の便秘でお悩みのお母さんたちは、チアシードで便秘改善をされてる方も多いそうです。

 

 

赤ちゃんにチアシードを食べさせる場合

 

赤ちゃんや子供にチアシードを与える場合の方法については、こちらの記事にてご紹介中です。

⇒チアシードの食べ方 子供の摂取量と効果

 

授乳中の方が食べる場合は、オーガニックのチアシードがおすすめです。

⇒チアシードのおすすめ商品

 

赤ちゃんなどや妊婦さんがアトピーや肌荒れが酷い場合はルイボスティーや栄養補給に酵素ドリンクがおすすめです。

⇒ルイボスティーの効果 アトピーに良い

⇒ルイボスティーの効能 お風呂に入れてみる

酵素ドリンクは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫

妊娠中に便秘 ヨーグルトで解消されない理由

 

関連記事

⇒チアシードの食べ方 保存方法

⇒チアシードの食べ方 酵素ドリンク

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ