プラセンタを取るのと乳がんとの関係性?


悩み

インターネット上で、プラセンタを摂取すると乳がんなどのリスクが高まったり、悪化するという情報を見かけました。

 

最近では、某女性タレントや某梨園の奥様が乳がんになったりと、乳がんに敏感な方が多いと思います。若くてもなってしまうのは驚きですよね、

 

プラセンタで乳がんになりやすいと聞いたら使うのに抵抗してしまいますよね。

 

しかし、実際にプラセンタと乳癌の因果関係はどうなのか?

 

ここでは、プラセンタを摂取すると乳がんになりやすいのか調べてみました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

乳がんになりやすい人

 

プラセンタと乳がんの関係の前に、乳がんがなぜなるのかについてご紹介します。じつは、乳がんは実際はこれといった原因は解明されていないようです。

 

しかし、乳がんになりやすい要因は女性ホルモンに関係します

 

女性ホルモンであるエストロゲンが、過剰に分泌することなどの「女性ホルモンの乱れ」から乳がんのリスクが高まると考えられているそうです。

 

また、エストロゲンが長く排出する可能性があるの人は、妊娠をしてない生理が続いている方が特に当てはまるそうです。

 

そのほかにも、乳がんのリスクが高い人

 

・初潮が早い

・閉経が遅い

・出産をしていない

・高齢出産

 

などが当てはまるようです。

 

 

ただし、これ以外にも乳がんのリスクがあがる要因もは下記の通りになります。

 

・ストレス

・肥満

・食生活の乱れ

・アルコール

・喫煙

・環境のホルモンの影響

・遺伝

 

上記に当てはまる人が全て乳がんになるというわけではありませんが、ホルモンバランスを乱す可能性が高くなり、乳がんのリスクは高まるということになります。

 

お子さんがいても、食生活や生活環境が乱れなどしていればホルモンバランスも崩れてしまいます。

 

また、遺伝もあるため一概になりにくい人は特定しにくい面があるそうです。ホルモンのバランスがいかに大切かということになります。

 

もしかしたら、乳がんになってしまった元芸能人の方々も、知らぬ間に強いストレスがかかっていたのかもしれませんね。

 

働きすぎの人や食生活が乱れている人なども気を付けた方が良いかもしれません。

 

乳がんはガンでもリンパ節などが近いため、転移がしやすいので乳がん検診を気になる方はしてみると良いと思います。

 

 

乳がん検診ができる病院が探せる

 

乳がん検診を探す際に、地元ではどこがあるんだろう?と思われる方も多いと思います。

 

また、初めての人などは問診など検査の流れも気になる方もいらっしゃると思います。

 

下記のサイト(人間ドックのこころとからだやメポカラダドック)で、地元の病院・クリニックが検索で来たり、乳がん検診のやり方が詳しく書いてあります。

 

サイトによって調べられる病院やクリニックが違う場合もあるので、片方になければもう片方のサイトで探してみて下さい。

 

人間ドックのこころとからだのサイトは、写真や図解が付いているので丁寧でわかりやすいです。どの検診を受ければよいかなどのチェックもできます。

 

興味がある方は利用してみて下さいね。

 

人間ドックのこころとからだ

乳がん検診ができる病院を探してみる?

 

メポカラダドック

乳がん検診ができる病院を探してみる?

 

さて、話をプラセンタに戻しましょう。

 

 

プラセンタを取ると乳がんになりやすい?

 

 

プラセンタで乳がんに関して調べてみると、

 

・プラセンタで乳がんを悪化する可能性がある

・プラセンタのようなホルモンが乳がんを悪化させる可能性があるのは否定できない

・プラセンタを飲んで乳がんが発見された

 

などなど。

 

 

こんな情報見つけてしまったら、プラセンタを摂取するのが不安になりますよね`´;

 

しかし、プラセンタは薬や成分のように思われますが胎盤の中に含まれる因子です。

 

そのため、人間の身体の中に持っている成分が自分の身体を痛めつけるような行為はあまり考えられないのではないかと思います。

 

上記の乳がんのリスクがある人に当てはまっていた場合、一概にプラセンタが乳がんを触発しているということは考えにくいと思います。

 

 

プラセンタと乳がんの関係

 

 

プラセンタには、女性ホルモンを整える作用があります。ちなみに、プラセンタはホルモン剤ではありません。

 

そのため逆にプラセンタは、ホルモンバランスの乱れを整えてくれるので、乳がんは考えにくいものだと思います。

 

癌との因果関係として、プラセンタにはガンの原因である活性酸素の除去もしてくれる効果があるとされているそうです。

 

活性酸素とは、ストレスや食生活など生活の乱れから誰でも発生する酸素です。

 

激しいスポーツなどでも活性酸素は発生します。この活性酸素が増えてしまうと、細胞を攻撃して体中を錆びさせてしまうということになります。

 

活性酸素とは、身体の細胞を攻撃して弱くしてしまうことです。しわやたるみも活性酸素が原因とされています。

 

しかし、プラセンタはこの活性酸素を除去してくれるので乳がんのみならず、癌予防になるということになります。

 

ただし、それでも乳がんが心配という方はそこまで意味はないと思いますが、プラセンタサプリやプラセンタ注射などはしない方が良いのではないでしょうか。

 

 

プラセンタと乳がんのまとめ

 

プラセンタを摂取したらからと言って乳がんになるということはあまり考えられないと思います。

 

逆にプラセンタを摂取して元気になったという方が多いです。

 

プラセンタというよりも、日ごろの食生活や生活習慣の方が悪い、ストレスが溜まりすぎている方、忙しくて休む暇がないという人の方が乳がんのリスクが高まるのではないのかな・・・なんて思います。

 

万が一乳がんになってしまった場合でも、そのほかの原因が考えらると思います。プラセンタよりも、日ごろの生活に気を付けてみてください。

 

また、乳がんとまでは書きませんが、プラセンタの過剰摂取は悪い影響を与えてしまいます。

 

これはプラセンタだけではないので、良いからと言って取りすぎは厳禁です。

 

あくまでもプラセンタは美容や健康の補助的なものとして、使用上の注意を守って摂取してみてくださいね。

 

飲むのが心配な場合は、プラセンタ原液がおすすめです。

 

こちらは美容向けとなっています。乾燥肌やシワなどが気になる方はおすすめです。塗るだけなので簡単です。

 

フラコラ プラセンタエキス原液はこちら

リマーユ プラセラ原液はこちら

ライスフォース口コミ 

エステで使用の透輝の滴はこちら

プラセンタで美肌・エイジングケアを目指す

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ