豆乳の効果は朝と夜いつ飲むのが良い? 

時間

豆乳を飲むときに、効果がある時間に飲みたいですよね。しかし、豆乳の効果を発揮することができるには、いつ飲むのが良いのかと思われる方も多いはずです。朝か昼、それとも夜?

 

そこで今回は、豆乳の効果を発揮させるためにはいつ飲むのが良いのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

 

 

豆乳の効果が期待できる時間帯

 

豆乳の効果がでる時間はいつ飲むのがよいのか?

 

基本的には、いつ飲むのかといったタイミングはなかったりします。そのため、特に豆乳の効果を発揮とかそうことは関係なく、栄養を取りたいという方は好きな時間に飲んで大丈夫です。

 

それでは、朝や夜に豆乳を飲むと何の効果に特に良いのかをご紹介します。

 

 

豆乳の飲む時間 朝

hizasi

豆乳には、排便効果があるので整腸作用を整えたい方には朝飲むのが効果的です。特に目覚めた時にすぐ飲むと腸を刺激してくれるので、より効果を発揮が期待できます。

 

便通に悩んでいる方は、便秘改善に良いチアシードやオリゴ糖を少し加える飲み方がおすすめです。

 

関連記事:

チアシードの食べ方 豆乳

⇒腸内フローラに良い?コンブチャクレンズとは?

 

また、豆乳にはには満腹中枢が刺激してくれるので、朝食が食べれない朝などにおすすめです。

 

 

豆乳の飲む時間 夜

 

夜

 

上記でも書いたのですが、ダイエットをされたい方におすすめの飲む時間帯は夜です。

 

夜はどうしてもお腹が減ると間食しがちです。それを防いでくれます。豆乳には脂肪を分解してくれるため、寝てる間でも脂肪がたまりません。

 

また、お肌や男性などは髪の毛などの効果を発揮させたい場合は、栄養が取りやすい夜に飲むのが良いです。

 

寝る前に飲むのが良いですが、冬は体を冷やす原因ともなります。白い飲み物は体を冷やしやすい飲み物となります。冷え性などは朝や昼などにホットで飲むことを推奨します。

 

どうしても夜に飲みたい場合は、ホット豆乳の中に、身体を温める生姜などをいれて飲んでみましょう。

 

参考記事:生姜が冷え性に効果的な理由

 

 

豆乳を飲むタイミング

 

他にも、豆乳にはおすすめの飲むタイミングがあります。

 

・食事をする30分前

・お腹がすいたとき

 

これは、大豆の成分が満腹中枢を刺激して、空腹を軽減するからです。

 

 

豆乳を月経(生理)の時の飲むタイミング

 

生理中の時に豆乳を飲んでしまうと、女性ホルモンの関係で生理周期が変わってしまう場合があるらしいので、飲むのは生理後に飲んだ方が良いとされているのだそうです。

 

 

豆乳の効果がでるにはいつ飲む まとめ

 

豆乳の効果は基本はいつ飲んでも大丈夫です。

 

ダイエットには朝が良いとされていますが、朝はエネルギーや栄養素を欲しているので、ダイエット的には夜がおすすめです。

 

どちらかといえば、朝は整腸作用を整えて排便効果に活かしてしまいましょう。ダイエット効果が期待できます。

 

豆乳の量は1日1~2杯程度、多くて3杯程度にした方が無難かなと思います。

 

関連記事

⇒豆乳石鹸どろあわわ 口コミ本音で評価

⇒ムダ毛を薄くするには豆乳が良い理由

⇒豆乳の効果 女性の注目ポイントはここ

⇒豆乳の効果 男性の注目ポイント

⇒しみこむ豆乳効果で美容や健康を目指す

⇒ヨーグルトパックのデメリットは効果がない?

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ