豆乳の効果的な飲み方はレンジで温めるとよい

豆乳

豆乳は女性にとって美容など嬉しい栄養がが含まれています。

 

豆乳を飲むときに、効果的な飲み方があります。それは、レンジで温めるとより豆乳の効果がアップします。

 

そこで、今回は豆乳の効果的や飲み方についてご紹介します。

 

今話題の甘酒豆乳の記事はコチラから

 

 

スポンサーリンク



豆乳の効果的な飲み方はレンジで温める

 

電子レンジ

 

豆乳の大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモン似た働きをしてくれたりします。美容や月経、更年期などには良いとされています。

 

また、サポニンという成分が脂肪の抑制をしてくれることから、ダイエット効果も期待できます。

 

そんな豆乳ですが、効果的な豆乳の飲み方はレンジなどで温めることです。レンジの方が鍋で煮るよりも手っ取り早くて便利です。

 

レンジなどで豆乳を温めることにより、イソフラボンなどの栄養素が吸収しやすくなるからです。

 

温めると栄養価が落ちるかもしれないと思われますが、豆乳は温めてもイソフラボンなどの栄養分は落ちません。

 

ただし、熱に弱いビタミン類は減ってしまう可能性がありますので、ビタミン関係は他の食材で補給しましょう。

 

豆乳のメインはイソフラボンなので、美容やダイエットの影響はありません。

 

もちろん、飲むのは冷たい豆乳でも大丈夫です。

 

ただし、冷たい場合で飲む場合、冷え性の方は夜に飲むのはできるだけ控えてください。白い色の飲み物は体を冷やす効果があるからです。

 

豆乳はじつは、身体を冷やしてしまう飲み物なのです。

 

 

 

温めた豆乳の美味しい飲み方

 

チェック

 

レンジで温めた豆乳の中に、はちみつを入れるととても美味しくなります。

 

この場合は、無調整豆乳がおすすめ。(調整豆乳はもともと甘いので)

 

温めすぎると膜ができてしまうので、レンジでは1分ぐらい温めれば大丈夫だと思います。鍋の場合は、沸騰させないようにしてください。

 

豆乳の摂取量目安は1日1~2杯程度にしておきましょう。イソフラボンの過剰摂取は身体に毒です。

 

大豆のイソフラボン過剰摂取した場合の詳しい記事はこちら

 

関連記事:黒豆の効能 大豆に副作用はあるのか?

 

 

豆乳余談

 

豆乳を並べて温めると、豆乳の上にタンパク質が固まり、膜ができます。これが、高級料亭などで出る湯葉です。

 

湯葉には豆乳の成分がぎっしりと含まれており、栄養価が非常に高いです。

 

鍋などで弱火で温めて、沸騰させないようにすればうまく作ることができます。レンジだと作るのは少し難しいです。

 

なので、なにこの膜捨てちゃおうなんて思わず、栄養価が高い食べ物なので、でできるだけ食べてしまう方が、美容や健康には良いです。

 

豆乳関連記事

⇒ムダ毛を薄くするには豆乳が良い理由

⇒豆乳石鹸どろあわわ 口コミ本音で評価

⇒豆乳の効果 女性の注目ポイントはここ

⇒豆乳の効果 男性の注目ポイントはここ

⇒豆乳の効果は無調整と調整で違いがある?

⇒しみこむ豆乳効果で美容や健康を目指す

 

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ