チアシード納豆の食べ方とおすすめの付け合せ


納豆

チアシードには、無味無臭なので、何の食材にでもあいます。

 

そこで最近注目しているのが、チアシードと納豆の食べ方の組み合わせです。納豆は、毎日食べた方が言われた方がよいといわれている大豆を使った発酵食品。

 

栄養価の高いチアシードと組み合わせることで、最強の食べ方が簡単にできます。

 

そこで今回は、チアシード納豆の食べ方をご紹介します。

 

チアシード納豆を食べるだけではなく、おすすめの付け合せご紹介します。
スポンサーリンク



 

 

チアシード納豆の食べ方とおすすめの付け合せ

 

 

チアシード納豆の作り方

 

 

▼材料

 

チアシード・・・大さじ1

納豆・・・1パック

 

 

▽作り方

 

①チアシードを水に15分間ぐらい浸しておく

 

浸しておく水は普段より気持ち少な目で。

⇒チアシードの食べ方 水の量は?

 

②浸したチアシードを納豆に混ぜる。(タレやからしなどはお好みで)

 

③チアシード納豆の完成

 

作り方はとても簡単です。あとは食べるのみ!

 

 

納豆におすすめの付け合せ

 

作り方とは、上記のとおりで大丈夫です。プラス納豆に合わせると美味しくなります。

 

 

納豆のパワーをさらに向上する付け合せ

 

・タマゴ

・玉ねぎ

・しらす

 

タマゴはタンパク質、玉ねぎは血液をさらさら効果、が期待できます。

 

 

美肌に嬉しい付け合せ

 

・アボカド

 

不飽和脂肪酸のため、コレステロールはありません。

 

ビタミンなど取れて嬉しいフルーツです。(木になるものは果実の分類です)

 

 

全てにおいて最強の付け合せ

 

・キムチ

 

キムチ納豆には、活性酸素を除去してれたり、免疫力が向上する物質が大幅にアップ。

 

血液がサラサラになるため、健康、美肌、生活習慣病など様々な効能があります。

 

 

1~2種類のお好みの付け合せの食べ方をチョイスしてみてくださいね。

 

個人的おすすめなのは、納豆+チアシード+キムチ!

 

 

納豆は凄い

 

発酵食品は、普通の食材よりもさらに栄養の効能があがるといわれています。納豆には、主にタンパク質など栄養分が豊富です。

 

また、納豆には肌の保湿、保水力は抜群。

 

肌トラブル(ニキビや肌荒れ、乾燥など)に悩まされている方は、チアシードと一緒のに食べ方をすると、とアンチエイジング効果も期待できます。

 

 

チアシードの効能は凄い

 

納豆に合わせるチアシードの力も凄いです。ぜひ、ご参考にしてください。

 

 

⇒チアシードの効果 中性脂肪を減らそう

⇒チアシードの効果で血圧を下げよう

⇒チアシードの効果でコレステロールを下げよう

⇒チアシードの効果は美容にも良い

 

スポンサーリンク



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ