生姜紅茶は何の効果があるのか?

生姜紅茶

生姜を取る飲み方で定番なのが生姜紅茶です。生姜で体を温める効果を出すには、生姜に熱を通さなけばなりません。そのため、紅茶での取り方が一番楽だったりします。

 

しかし、なぜ紅茶が一般的なんだろうと思われたり、生姜紅茶には何の効果があるのか気になりますよね。

 

そこで今回は、生姜紅茶は何の効果があるのかと、生姜紅茶の作り方についてご紹介します。

 

 
スポンサーリンク



 

 

生姜紅茶は何の効果はあるのか?

 

 

生姜紅茶の効果

 

生姜紅茶は、じつは医師が進めているほどおすすめの飲み物です。

 

紅茶には利尿効果があります。

 

身体に水が溜まりすぎると、身体を冷やしてしまいます。しかし生姜紅茶は、余分な水分を外に排出してくれて血流をよくしてくれます。そのため、代謝がよくなり冷え性など改善できたり、免疫力があがったりします。

 

また、紅茶に含まれるテフラビンという物質が、ウイルスの増殖を抑えてくれる働きがあるなど抗菌作用があります。

 

紅茶はそれだけではなく、紅茶に含まれるテアニンが、アロマテラピーのようなリラックス効果を発揮してくれます。

 

紅茶生姜には代謝をよくして、リラックス効果が期待できる飲み物なのです。

 

生姜の冷え性などの効能については⇒生姜が冷え性に効果的な理由の記事をご覧ください。

 

 

生姜紅茶の作り方

 

生姜紅茶の作り方は簡単です。

 

 

①紅茶の中に生姜をいれます。

 

・すりおろし生姜

・すりおろし生姜の汁

・乾燥生姜

・ジンジャーシロップ

 

どれか1つを入れてみてください。

 

 

②甘さが欲しければ、砂糖や蜂蜜を入れてください。

 

ジンジャーシロップは甘いので、糖分を入れる必要はありません。

 

温かさをさらにアップさせるには、シナモンをひとふりするのがおすすめです。

 

 

すりおろし生姜や乾燥生姜が苦手な方は、ジンジャーシロップを入れると飲みやすくなります。

 

おすすめのジンジャーシロップをご紹介中です↓

⇒ジンジャーシロップの効果とおすすめ商品

 

 

 

生姜紅茶の効果のある摂取量

 

生姜は1日10gが目安とされています。

 

そのため、生姜紅茶は1日2杯あたりがおすすめです。各5ℊずつ入れてみて下さい。

 

逆に、過剰摂取しすぎると、利尿効果が発揮されすぎてしまい、トイレなどや眠れない症状になってしまいます。効果がなくなってしまいます。

 

また、紅茶にはカフェインが多く含まれています。カフェインは取りすぎると血流を悪くするので、生姜紅茶の取りすぎは厳禁です。

 

 

生姜紅茶の効果的な飲み方

 

体を温めたい場合はホットの飲み方。逆に風邪の引き初めや悪寒がした場合は身体を冷やすアイスの飲み方をしてみてください。

 

ぜひ、興味がある方は生姜紅茶を飲んでみてください~

 

☆生姜紅茶を簡単に飲める方法

 

・温効生姜



なまの生姜を独自の製法乾燥させて乾燥生姜にしたことで、温め成分ショウガオールが375倍に増えた乾燥生姜を使用されているサンワ食品からでている「温効生姜」を使うと、簡単に生姜紅茶を作れて飲むことができまsう。

砂糖を一切入っていないので、カロリーはたったの2.3kcal。ローヤルゼリー・コラーゲンを配合し、からだの調子を整えることができる手軽に乾燥生姜を取ることができる飲み物です。

 

紅茶以外にも、牛乳やココア、豆乳など色々なバリエーションで飲むことができます。

ぜひ、おためしあれ!
 

関連記事

 

⇒生姜と乾燥生姜の保存方法

⇒乾燥生姜の作り方 電子レンジで簡単につくれます

 

 

冷え性にはノンカフェインのルイボスティーがおすすめです。生姜紅茶が飲めない方はぜひ↓

⇒ルイボスティーの効能は冷え性にも良い

 
スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ