チアシードが気持ち悪い場合の食べ方


悩み

チアシードはスーパーフードと言われるほど、美容や健康に嬉しい栄養素が含まれています。食べ方などもテレビで話題になっていますよね。

 

しかし、テレビでチアシードを実際に食べようとすると、チアシードの見た目などが気持ち悪いと思われる方が多いようです。

 

たしかに、見た目がカエルの卵のようで、気持ち悪かったりしますよね。普通はそう感じます。

 

ただし、外見は悪くても、チアシードを摂取したいという気持ちはありますよね。

 

じつは、そんなチアシードを気持ち悪いと思われる方でも、気持ち悪さを感じさせない食べ方があります。

 

そこで今回は、チアシードが気持ち悪い方でも食べれる方法についてご紹介したいと思います。

 

また、あのドロっとした感触が嫌いな方にもおすすめな食べ方もお届けします。

 

チアシードが気持ち悪いということがなくなると思います。チアシードを食べて美容や健康を目指してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

チアシードが気持ち悪い場合の食べ方 1

 

ホワイトチアシードを選んでの食べ方があります。

 

チアシードには2種類あって、黒い種のブラックチアシードと、白い種のホワイトチアシードがあります。

 

世間一般的に紹介されているチアシードは、ブラックチアシードの分類に含まれています。

 

ブラックチアシードは、水に浸すと黒くカエルの卵のような外見になりますが、ホワイトチアシードは種が白いため、外見の気持ち悪さは少し軽減できると思います。

 

ヨーグルトなどに混ぜての食べ合わせがおすすめです。(チアシードは無味・無臭です。)

 

また、ホワイトチアシードの方が栄養化や膨張率が高いです。⇒ホワイトチアシードの効果

 

ただし、普通のチアシードと比べるとホワイトチアシードは値段が少し高いです。

 

 

 

チアシードが気持ち悪い場合の食べ方 2

 

 

スムージーや焼き菓子などに混ぜて食べる食べ方です。

 

チアシードが入っているかわからないものに混ぜてしまうえば、よくわからなくなってしまいます。

 

スムージーは、ドロっとしていてチアシードもよくわかならかったりします。⇒チアシードの食べ方 スムージー

 

また、焼き菓子などに混ぜてしまえば、ホワイトチアシードだと外見がよくわからない状態になります。

 

 

 

チアシードが気持ち悪い場合の食べ方 3

 

市販のチアシードドリンクで飲む食べ方があります

 

市販で売っているチアシードは、中身が見れないので気持ち悪さを感じられず飲むことができます。

 

味も美味しいのが出て飲みやすいです。今はコンビニやスーパーなどでも買えます。

 

⇒フルッタフルッタのピタヤチアシード

⇒チアシードドリンクを市販でゲットしよう

 

 

さて、外見はともかく、あのチアシードのドロっとした感じやプチプチの感触が嫌な場合の食べ方についてもご紹介します。

 

 

 

チアシードの外見も触感も気持ち悪い場合の食べ方

 

 

チアシードのデザートやお菓子に混ぜてある食べ方があります。主に2つです。市販のものとなります。

 

 

チアシード入りのお菓子

 

チアチョコリッチというお菓子があります。チョコレートパフにチアシードが入っています。

 

外見はチョコと玄米パフなので、外見やドロっとした感じ、プチプチの触感も感じなくて済むので食べやすいです。

 

また、チョコレートダイエットができるなど、ダイエットや間食のおともに嬉しいアイテムです。

 

⇒チアシードの食べ方 お菓子でダイエット?

 

 

 

チアシード入りのデザート

 

チアシード入りの粉末に、牛乳や豆乳を混ぜて食べるデザートです。(味は3種類)

 

サルバチアダイエットといい、感覚的にはフルーチェのような感じです。

 

つぶつぶ系のいちごやキウイなどの味です。チアシードのぷちぷちが果物の粒のような触感なので、果実の粒だと思えば少しは気にならないと思います。

 

また、こちらは1食分がこのサルバチアダイエットに置き換えができる優れもの。ダイエットにおすすめ。お試しができます。

 

※サルバチアとは、ホワイトチアシードの別名です。

 

⇒チアシードの美味しい食べ方でダイエット

 

※もしかしたら、触感が気になってしまう場合もありますので注意。

 

 

チアシードの種すらも見たくない食べ方

 

チアシードの外見やドロッとした触感だけでなく、種すらも見えない食べ方です。どちらかと言えば飲み方。

 

チアシード入りのサプリメントとなります。

 

チアシードに嬉しい栄養素のみならず、チアシードから摂取できない栄養をも補給できるので便利です。

 

わざわざ水に浸して毎日食べるのが面倒くさいという方にもおすすめです。

 

⇒チアシードの食べ方 お手軽に摂取

 

 

 

チアシードが気持ち悪い場合の食べ方をご紹介させて頂きました。

 

チアシードの効能は凄いです。特に便秘やダイエットに悩んでいる方にはおすすめの食材です。

 

スーパーフード食べないなんてもったいないです。

 

興味があれば、上記の気持ち悪い場合の食べ方を参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

——————–

スポンサーリンク

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ