ルイボスティーの効能は妊娠中に最適

プラセンタ用

ルイボスティーはノンカフェインのため、妊娠中の妊婦さんにも人気です。ただし、ルイボスティーにはノンカフェインだけではなく、妊娠中の方に嬉しい効能があります。

 

妊娠中だと、食べ物や飲み物はとても気をつかいますよね。

 

そんな中、ルイボスティーは気軽で安全に飲めます。その上、美容効果もなどうれしい効能が期待でき、飲んで損はありません。

 

そこで今回は、ルイボスティーの効能として、なぜ妊娠中の妊婦さんに最適なのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

 

 

ルイボスティーの効能は凄い

 

ルイボスティーはノンカフェインでノンカロリーです。

 

そのため、カフェインなどを気にされる方でも手軽に飲むことができるお茶です。

 

ルイボスティーの様々な効能は⇒ルイボスティーの効果と効能とは?の記事にてご紹介中です。

 

ルイボスティーは、特に妊活中や妊娠中の妊婦さんにとても効能が良いといわれています。

 

 

ルイボスティーの効能はなぜ妊娠中に最適?

 

次に、ルイボスティーの効能が妊娠中の妊婦さんになぜ良いかを3つご紹介します。

 

カフェインが入っていない

 

妊娠中にカフェインを摂取しすぎると、流産、早産、低出生体重児の原因にもなるといわれています。

 

なぜかというと、母体が摂取したカフェインが、胎盤を使い、が赤ちゃんの胎児にも送られてしまうからです。カフェインが胎児にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

 

そのことから、生まれた赤ちゃんの発達障害などの原因にもつながってしまうのです。

 

そのほかにも、母体がカフェインをとりすぎるとこで血流が悪くなり、逆に胎児に栄養素や酸素が送られなくなってしまうなどのリスクがあります。カフェインの摂取は結構怖いですよね。

 

ノンカフェインのルイボスティーがおすすめなのです。

 

また、ルイボスティーには、妊娠中の情緒不安定な気分を安定してくれる作用もあるそうです。

 

 

 

ミネラルや酵素が豊富

 

 

ルイボスティーにはミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄、カルシウムなど)のバランスがよく入っているためで、母体に必要な栄養素を飲むだけで摂取することができます。

 

 

 

免疫力向上

 

身体の抗酸化作用をしてくれる特殊な酵素が含まれています。妊娠中は免疫力が低下しがちですが、抗酸化作用により、免疫力を高める効能もあります。

 

抗酸化作用にはアンチエイジング効果も期待できるので、飲むだけで肌や健康維持を期待することができます。

 

肌荒れにもルイボスティーは効能が期待できるので、美容管理がしにくい妊娠中の期間には特に最適です。

 

抗酸化作用や酵素に関しては、下記の記事にてご紹介中です。

⇒水素水とは?

⇒酵素とは?

 

 

 

ルイボスティーの効能まとめ

 

ルイボスティーは普段飲んでいるお茶とは違いますが、飲むことで他のお茶とは全く違う効能が期待できます。

 

また、飲むだけで体の栄養素が補給できるので手軽で便利です。ぜひ、興味がある方は、妊娠中の妊婦さんは飲んでみてはいかがでしょうか?

 

できれば、妊娠中でルイボスティーを飲むならば、オーガニックがおすすめ。

 

⇒ルイボスティーの商品比較ランキング

 

 

ルイボスティーの他に良い食べ物

 

妊娠中の母体で必要で重要な栄養素に「葉酸」があります。

ルイボスティーには葉酸が含まれていませんが、この葉酸が不足しても母体には悪影響を及ぼしてしまいます。

普通の人でも、必要な葉酸を1日に半分しか摂取できていません。

詳しいことは、動脈硬化の中の記事の中に掲載していますので、ぜひご参考にしていただけると幸いです。⇒みんなの家庭の医学 海苔で葉酸をとろう

海苔での摂取は全ての栄養分を取るのは難しいので、葉酸サプリなどもご紹介中です。

 

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ