チアシードの食べ方 お菓子でダイエット

チョコ

チアシードの食べ方はヨーグルトなどが定番です。わりと食事やデザートなイメージですよね。しかし、このチアシードが入ったお菓子も売っていたりします。ダイエットとはいえ、ずっとヨーグルトなどでも飽きてしまいますよね。

 

今回紹介するお菓子はチョコレート

 

そこで今回は、手軽で楽しくをテーマに、チアシード入りお菓子のチョコレートとチョコレートダイエット(と食べ方)についてご紹介します。

 

お菓子でダイエット?

 

 

スポンサーリンク

 

 

ダイエットにチョコレート

 

今回ご紹介するお菓子は、チアシード入りのチョコレートです。ダイエット目指しているのに、チョコレートとかふざけるなといわれそうですが、紹介するチョコレートは、他のチョコレートとは違います。

 

じつは世間にはチョコレートダイエットというものが存在します。確かに、チョコレートは糖分やコレステロールが多い食べ物ではあるので疑問に思いますよね。

 

しかし、チョコレートには、血糖値を上げる作用があり、上昇すると満腹中枢という所が刺激され、自然と食欲を抑制してくれるそうです。

 

そのため、食事量も少し減量することができます。それに加え食物繊維の豊富なチアシードも含めれば、最高のダイエットお菓子となるでしょう。

 

 

カカオに含まれるポリフェノールが凄い

 

チョコレートの原料であるカカオに含まれるポリフェノールには、活性酸素を抑制する抗酸化物質があり、動脈硬化などを抑制する作用などに効果があるといわれています。

(チアシードにも同様に、活性酸素を除去する効果がみられます。)

 

また、悪玉コレステロールを減少させ、血行も促進⇒血液がサラサラ⇒代謝もよくなります。

 

リラックス効果もあるので、ダイエットをしていて我慢している人でも無理なく実践することができます。

 

 

 

チョコレートの種類

 

チョコレートは、市販で売られている普通のチョコレートではなく、高カカオといわれている高カカオチョコレートがチョコレートダイエットには必要とされています。

 

カカオ含有量70%以上が好ましいです。

 

 

チョコレートの食べ方

 

1日の摂取量は、板チョコ半分ぐらいの50g

 

これを朝・昼・晩の3回に分けて食べてください。

 

過剰摂取や、誘惑に負けて摂取量より多くとってしまうと逆効果です。

 

また、チョコレートだけではなく、他の食事からもきちんと栄養を取るようにして下さい。

 

食事は、いつもより少し食べる量を減らして食べるとダイエットには良いです。(極端に減らすのはタブーですよ)

 

 

おすすめチアシードチョコレート

 

今回紹介するチアシード入りチョコレートは

チアチョコリッチというダイエットチョコレートです。

⇒yahooショッピングはこちら
⇒楽天販売店はこちら

⇒アマゾンはこちら

 

高級クーベルチョコレートに、カカオ含有量71%を使用しています。

 

そこに、スーパーフードのチアシードと、栄養の高い玄米パフも追加されサクサクの触感がたまらないそうです。割と人気商品のようです。

 

 

チアチョコの口コミ

 

口どけはなめらかだけれど、味が微妙という声もあります。チョコレート好きには評判もよかったりまちまちですね。

 

ただし、玄米とチアシードが入っているためか、空腹感は感じなくなったり、少しずつ減っているという方はもちらほらいらっしゃるそうです。お腹が減ったときの間食に食べている方もいるのですが、間食の食べ方は良いなと思います。

 

何よりも、お菓子を我慢せずに食べれるところが良いみたいです。逆にチアチョコを食べて太ったという声は全く未定なので、ダイエットをされている方には良いかもしれません。

 

作るのもよいのですが、なかなか板チョコで70%含有量の入ったチョコレートが売っていなかったりするので、市販の方がお手軽かなと思います。

 

ぜひ、お菓子我慢したくないという方で興味がある方はお試しあれ~です。

 

お菓子ではありませんが、チアシードドリンクもおすすめです。

⇒チアシードドリンクを市販でゲットしよう

 
スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ