ココナッツオイルの使い方 肌ケアをしてみよう

肌

ココナッツオイルの使い方は、食べるだけではなく肌や髪のケアにも使うことができます。じつは、直接肌に塗る使い方でも大丈夫なのです。ぜひ、ココナッツオイルで肌のケアをしてみませんか?

 

今回は、ココナッツオイルの使い方として肌のケア方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ココナッツオイルは肌に良い。

 

ココナッツオイルは保湿効果や乾燥予防などの肌に嬉しい効能が見れたりします⇒ココナッツオイルの効能は肌にも良い

 

また、肌だけではなく、身体の中からきれいにしてくれるため美容にとてもよいオイルです。

 

この体によい中鎖脂肪酸は分子が小さいため、肌に浸透し馴染みやすくなる特性があります。

 

ココナッツオイルは油とはいえ、浸透率が良いので、べたつかず伸びるので、わりかし使い勝手が良いです。

 

 

 

ココナッツオイルの肌ケアをする前の注意

 

ココナッツオイルを肌に塗るときは、添加物や化学物質が含まれておらず、脱臭、脱色されていないヴァージンココナッツオイルを使用するのがおすすめです。⇒ココナッツオイルおすすめ商品

 

また、ココナッツオイルは合わないと副作用のような症状がでてしまう場合もあります。⇒ココナッツオイルの効能 副作用はあるの?

 

使用前はパッチテストなどをしてみてください。合わなかったらすぐにやめて下さいね。⇒パッチテストのやり方

 

 

ココナッツオイルの肌ケアの使い方

 

ココナッツオイルの肌ケアの使い方をご紹介します。

 

 

気になるところに塗る使い方

 

少量のココナッツオイルを、気になるところに塗っていきます。特に、乾燥しているところなど、顔のマッサージをするように浸透させてみて下さい。

 

 

洗顔後のスキンケアの使い方

 

朝の洗顔後に、ココナッツオイルを乳液替わりとなります。

 

ココナッツオイルを少量顔に塗ります。その後、化粧水をつけます。

 

ココナッツオイルには皮脂に近い成分なので、化粧水の浸透がよくなります。

 

 

メイク落としの使い方

 

ココナッツオイルを適度な量を顔に馴染ませて、温かいタオルでふき取るだけ。

 

 

サンオイルとしての使い方

 

ココナッツオイルは、紫外線カットカットしてくれるので、紫外線予防にも良いそうです。

 

気になるところに、少量つけてみてください。

 

ただし、全ての紫外線をカットしてくれるわけではないのでご注意を。

 

 

ココナッツオイルの石鹸での使い方

 

ココナッツオイルを肌に塗るのは嫌だという方は、肌に優しいココナッツオイル入りの石鹸もおすすめです。⇒さくらの森のココラルム 今なら全額返金保証つき

ココナッツオイルは食べるだけでなく、肌にも良いですので、ぜひ興味がある方はチャレンジしてみて下さい。

 

ココナッツオイルの肌ケアのスクラブでの使い方

 

ココナッツオイルと砂糖を使った肌や足のケアができるマッサージ方法をご紹介しています。

⇒ココナッツオイルと砂糖で美脚や肌のマッサージ方法

 

 

ぜひ、ココナッツオイルを使って肌に潤いを与えてみませんか?

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ