ココナッツオイルの効能は髪のケアに良い

髪の毛

ココナッツオイルの効能は肌や健康に良いとされていますが、じつは髪にもよいのはご存知でしょうか。

 

肌トラブルと同じように、髪のケアも気になりますよね。パサついた髪や年齢を増すと白髪や抜け毛・・・そんなお悩みの方も多いはずです。

 

そこで今回は、ココナッツオイルの効能はなぜ髪のケアに良いのかと、髪の毛のケア方法についてご紹介します。

 

ココナッツオイルが自分に合っているか確認をしたい場合は、パッチテストをしてみると良いです。⇒パッチテストのやり方

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ココナッツオイルの効能 なぜ髪に良いのか

 

ココナッツオイルの効能として、髪の毛に良い理由をご紹介します。

 

 

保湿効果

 

以前、⇒ココナッツオイルの効能は肌にも良いにて、肌の保湿のことをかきました。

 

肌と同じで、髪にも保湿をすることで髪の毛の質を保つことができます。

 

ココナッツオイルには、水分を皮膚に長くとどめておく効果があります。そのため、髪の保湿効果となるのです。また、頭皮の乾燥も防ぐ効能もあるそうです。

 

 

頭皮を守る

 

身体の中には、活性酸素が原因で体や細胞をサビらせて老化をさせてしまいます。

 

活性酸素は、肌だけでなく、頭皮にもダメージを与えてしまいます。できるだけこの活性酸素を抑制しなければなりません。これが原因で抜け毛や白髪となってしまうのです。

 

活性酸素の詳細については⇒水素水とは?にてご紹介中です。

 

しかし、ココナッツオイルに多く含まれているビタミンEには、強い抗酸化作用があります。これは、頭皮の衰えの原因でもある活性酸素を除去してくれることができます。そのため、頭皮のケア予防になります。

 

 

 

ココナッツオイルマッサージ

 

ココナッツオイルは食べてもよいですが、マッサージにも最適です。

 

週に1回程度がおすすめです。

 

使い方としては、ココナッツオイルを、頭皮や髪の毛マッサージをしながらすりこませて下さい。

 

量は、油なので少量から試してみてください。

 

まれに、副作用のような症状がおこる場合があるので、気になる方は⇒ココナッツオイルの効能 副作用はあるのをご覧ください。行う場合は、パッチテストなどをした方が無難です。

 

なじませたら、20~30分ほど放置しておきます。(時間はあくまで目安です)蒸しタオルなどで頭を巻くと、より効果にはよいそうです。

 

その後、ココナッツオイルは付けた状態で、シャンプーとコンディショナーをしてみてください。

 

頭皮に詰まった汚れが取れ、保湿効果が見れるかも。

 

 

 

ココナッツのヘアーオイル

 

ココナッツオイルは、ヘアーオイルにも使用することがでます。適時でOK。

 

使い方は、ドライヤーをした後、乾いた髪にココナッツオイルをなじませます。ヘアーセットな気分で。(ココナッツオイル⇒ドライヤーでも大丈夫です。)

 

こちらは、ほんの少量がよいです。ココナッツオイルは油なので、つけすぎるとベタっとして気持ち悪いです。

 

特に、ココナッツオイルを髪の傷んだところに塗りこむと、抜け毛などの防止になります。

 

 

ココナッツオイルの髪への効能 まとめ

 

ココナッツオイルは、髪の保湿に効能を発揮してくれると思います。

 

食べても良し塗っても良しとわりと万能です。

 

 

髪には良いとはいえ、直接ココナッツオイルをつけるのは嫌だなという方は、ココナッツオイル入りのシャンプーなどもおすすめです。

 

頭皮クレンジングで臭いケア【the MILLS】エイジングケアシャンプー公式サイトはコチラ

ぜひ、髪の毛にお悩みの方はココナッツオイルを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事

 

⇒ココナッツオイルの効能は凄い

⇒ココナッツオイル おすすめ商品

⇒ココナッツオイルの効能 うがいの意外な効果とは

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ